カテゴリを作成、変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Project Web Accessのカテゴリには、project へのユーザーとグループのアクセスを管理して、指定された一連のビューを使用してリソース情報が有効にします。

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [カテゴリの管理] をクリックします。

  3. [カテゴリの管理] ページの [新しいカテゴリ] をクリックします。

    既存のカテゴリを修正するには、[分類名] 列のカテゴリの名前をクリックして、この手続きの残りの手順を実行します。

  4. [名前と説明] セクションでは、カテゴリの名前と説明を入力します。

  5. [ユーザーとグループ] セクションでは、そのカテゴリに割り当てるユーザーとグループの名前をクリックして [追加] をクリックします。[すべて追加] をクリックすると、使用可能なユーザーとグループがすべてそのカテゴリに追加されます。

    注: アクセス権は、ユーザーに個別に付与することができますが、できればグループを選択し、そのグループに属するユーザーにまとめて付与することをお勧めします。

  6. [プロジェクト] セクションでは、このカテゴリのユーザーとグループが表示できるプロジェクトを指定します。このカテゴリにアクセスできるユーザーとグループがプロジェクトを表示する方法は、次の 3 つです。

    • すべてのプロジェクト     このカテゴリ内のユーザーとグループがすべてのプロジェクトを表示できるようにする場合は、[Project Server データベースの現在および今後のすべてのプロジェクト] をクリックします。

    • 選択したプロジェクト     このカテゴリのすべてのユーザーとグループが特定のプロジェクトのみを表示できるようにする場合は、[指定するプロジェクトのみ] をクリックします。左側のテーブルの一覧でプロジェクトをクリックして、[追加] をクリックします。これによって、そのプロジェクトは右側の、このカテゴリのユーザーとグループが表示できるプロジェクトのテーブルに移動します。

    • プロジェクトをユーザーと関連付ける     [上のプロジェクト セキュリティ権限を、次で選択した条件を満たすすべてのプロジェクトに適用する] で、カテゴリ内のプロジェクトを表示するために必要なユーザーとそのプロジェクトとの関係を最もよく表現するチェック ボックスをオンにします。

  7. [リソース] セクションでは、このカテゴリのユーザーとグループが情報を表示できるリソースを指定します。このカテゴリにアクセスできるユーザーとグループがリソース情報を表示する方法は、次の 3 つです。

    • すべてのリソース      このカテゴリ内のユーザーとグループがすべてのリソースの情報を表示できるようにする場合は、[Project Server データベースの現在および今後のすべてのリソース] をクリックします。

    • 選択したリソース     このカテゴリのすべてのユーザーとグループが特定のリソースを表示できるようにする場合は、[指定するリソースのみ] をクリックします。左側のテーブルの一覧でリソースをクリックして、[追加] をクリックします。これによって、そのリソースは右側の、このカテゴリのユーザーとグループが表示できるリソースのテーブルに移動します。

    • リソースをカテゴリ内のユーザー、あるいはグループと関連付ける      [上のリソース セキュリティ権限を、次で選択した条件を満たすすべてのリソースに適用する] で、カテゴリ内のリソース情報を表示するために必要なユーザーまたはグループとそのリソースとの関係を最もよく表現するチェック ボックスをオンにします。

  8. [ビュー - カテゴリに追加] セクションでは、ビューの名前の横のチェック ボックスをオンにして、このカテゴリのユーザーとグループが表示できるビューを指定します。

  9. [保存] をクリックします。

Project Web Access でいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×