カタログの作成について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

事前にデザインされたカタログ文書から開始する

Microsoft Publisher を使用してカタログを作成するには、次の2つの方法があります。

少数のアイテムを一覧表示するカタログを作成する場合は、Publisher の事前にデザインされたカタログ文書の1つを選択して、カタログを開始することをお勧めします。([新しい文書] 作業ウィンドウで、[印刷用の文書] をクリックし、[カタログ] をクリックして、目的のデザインをクリックします。)

事前にデザインされたカタログ文書内のプレースホルダーテキストとグラフィックを、独自のテキストとグラフィックで置き換えることができます。ページレイアウト、フォントパターン、配色パターンを変更して、カタログの外観をカスタマイズすることもできます。

差し込み印刷ウィザードを使用して、カタログ用に結合されたページを作成する

多くのアイテムを表示する大規模なカタログを作成し、スプレッドシート、テーブル、データベース、または別のデータファイルでこれらのアイテムのレコードを保持する場合は、カタログの差し込みを使用して、これらのレコードを文書に差し込むことで、カタログページを作成できます。

カタログの差し込みを使用すると、データソースの複数のレコードを1つの文書に結合できます。カタログデータの差し込みを使用して、カタログ、ディレクトリ、フォトアルバムなど、ページごとに1つ以上のアイテムを表示する文書のページを作成できます。文書にテキストと画像の両方を差し込むことができます。

差し込み印刷を使用して結合されたページを作成するには、新規、白紙、1ページの文書から開始します。この文書は、カタログの差し込み印刷テンプレートになります。差し込み印刷テンプレートで、最終的な文書のページで差し込みデータのレイアウトを設計します。差し込み印刷フィールドは、データソースの情報のプレースホルダーとして差し込み印刷テンプレートの差し込み印刷領域に挿入します。差し込み印刷を完了すると、データソースの情報によってこれらの差し込み印刷フィールドが設定され、差し込み印刷のページで、データソースのすべてのレコードを表示できるようになるまでの間に、カタログ結合領域が繰り返されます。

差し込み印刷を完了すると、結合されたページを既存の文書の末尾に追加したり、差し込み印刷したページを新しい文書として保存したりすることができます。その後、他の publisher 文書と同じように、これらのページを編集できます。データソースの情報を更新するたびに、差し込み印刷テンプレートを保存して、今後もう一度使用して、追加の差し込み印刷ページを作成することができます。

上記の2つの方法を組み合わせて使用して、カタログを作成することもできます。

事前にデザインされたカタログ文書で差し込み印刷ウィザードを使用する

差し込み印刷ウィザードを使用してカタログのコンテンツを作成する場合は、事前にデザインされたカタログ文書から表紙を使用することをお勧めします。これを簡単に行うことができます。

まず、目的の事前にデザインされたカタログ文書を選択して、カタログの表紙と裏表紙を作成します。カタログの最初と最後のページのみを削除し、文書を保存して閉じます。

差し込み印刷テンプレートを作成するときは、カタログの表紙と同じページサイズとページビュー (見開き2ページ) で設定してください。これを行うには、[ページ設定] ダイアログボックス ([ファイル] メニューの [ページ設定] コマンド) の [文書の種類] で [小冊子] を選択します。

差し込み印刷を完了したら、[既存の文書に追加] オプションをクリックし、保存したカタログ表紙文書を選択します。publisher では、差し込み印刷ページが表紙文書の末尾に追加されます。ページを並べ替えるか、裏表紙のページを文書の末尾に移動するには、ページの並べ替えのページをクリックし、目的の場所にドラッグします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×