カスタム プログラムでの InfoPath の使用について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織でデータの収集用にカスタム Microsoft Windows プログラムまたはカスタム Web フォームを開発している場合、そのカスタム プログラムで InfoPath コントロールを使用すると、Microsoft Office InfoPath Editor の機能を統合できます。

ここでは、InfoPath と InfoPath Forms Services に付属するいずれかのコントロールを使用して、カスタム プログラムまたはカスタム Web フォームを拡張および強化する方法についての概要を示します。

注: カスタム プログラムで Web フォームを InfoPath のコントロールを使用する、Microsoft コンポーネント オブジェクト モデル (COM)、Microsoft .NET framework の使用に慣れておく必要があるまたはカスタム プログラムで ASP .NET を制御します。

この記事の内容

概要

InfoPath コントロール

概要

InfoPath を使用すると、Web サービスおよびデータベースへの接続を条件付き書式、 データの入力規則、およびデータなどの機能を使用して、一貫性のあるおよび再利用可能なデータを収集する組織のヘルプをフォーム テンプレートを作成します。ユーザーは、Web サーバー InfoPath Forms Servicesを使用している場合、自分のコンピューターまたは Web ブラウザーで、フォーム テンプレートに基づくフォームにコピーできます。

カスタマイズしたソリューションを必要とするビジネス要件がある場合は、カスタム プログラムまたはカスタム Web フォームで InfoPath コントロールを使用すると、これらの機能を利用できます。たとえば、次のような場合です。

  • 会社で自社のデータベースと連携するカスタム Windows プログラムを開発しました。データベースのデータ収集を行うユーザー インターフェイスを最初から作成する代わりに、データ収集インターフェイスとして InfoPath コントロールを使用すると、開発にかかる時間を節約できます。カスタム プログラムでは、InfoPath Editor のデータ収集機能をすべて利用でき、独自のインターフェイスを開発する必要がないというメリットもあります。

  • 特定の形式の設計図を受け取って表示できる Web フォームを必要とするビジネス要件があります。ユーザーは、建築許可を申請するためにこのような設計図を提出する必要があります。このビジネス要件を満たすために、開発チームでは、これらの設計図を Web フォームを通じて受け取り、Web ブラウザに表示するカスタム プログラムを作成しました。ユーザーから提出された設計図を保存するために、この Web プログラムを SQL Server データベースに接続する必要があります。カスタム Web フォームを InfoPath コントロールで拡張すると、InfoPath による SQL Server データベースのネイティブ サポートを利用でき、会社の既存の Web フォームと連携する新しいカスタム プログラムを開発しないで済みます。

  • 会社で使用している外部データ ソースは、現時点では InfoPath でも他のデータ収集プログラムでもサポートされていません。会社ではこの外部データ ソースにデータを格納しているため、開発チームは、この外部データ ソースと通信するカスタム Windows プログラムを作成しました。このカスタム プログラムに InfoPath コントロールを追加すると、InfoPath のすべての機能を持つ豊富なユーザー インターフェイスを追加できます。

InfoPath がコントロールにカプセル化されたことにより、InfoPath Editor の機能をカスタム Windows プログラムやカスタム Web フォームに追加できるようになりました。

ページの先頭へ

InfoPath コントロール

InfoPath コントロールは、カスタム Windows プログラムまたはカスタム Web フォームに InfoPath Editor の機能を公開するコンパイル済みダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイルです。InfoPath および InfoPath Forms Services には、InfoPath コントロールの 3 種類のバージョンが付属しています。使用するコントロールは、カスタム プログラムで使われているテクノロジと、そのプログラムが InfoPath のあるコンピュータで使用されるのか、またはブラウザを通じて Web フォームとして使用されるのかによって変わります。

COM を使用するカスタム Windows プログラム    COM を使用するカスタム Windows アプリケーションでは、InfoPath に付属の Ipeditor.dll ファイルを使用します。このコントロールを使用するには、InfoPathEditorObject クラスのインスタンスを作成します。このクラスは、カスタム プログラムに Ipeditor.dll ファイルへの参照を追加することで使用可能になります。InfoPath に付属のファイルを使用するので、このカスタム プログラムを使用するユーザーのコンピュータにも InfoPath がインストールされている必要があります。

.NET framework を使用するカスタム Windows プログラム   .NET framework を使用するカスタム Windows プログラムで InfoPath に組み込まれる Microsoft.Office.InfoPath.FormControl アセンブリを使用します。MSDN の記事、カスタム Windows フォーム アプリケーションで InfoPath 2007 のフォーム編集環境をホストしている] には、このアセンブリを使用してその他の情報と例のコードがあります。InfoPath の使用を同梱されているファイルを使用しているために、ユーザーが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath でカスタム プログラムを使用する必要があります。

カスタム Web フォーム   カスタム Web フォームでInfoPath Forms Servicesに組み込まれる XmlFormView ASP.NET コントロールを使用します。MSDN の記事、「カスタム Web フォームで InfoPath 2007 のフォーム編集環境をホストしている、には、このコントロールを使用してその他情報と例コードがあります。このコントロールは、 InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーを使用してユーザー設定の Web フォームをレンダリングするため、ユーザーにはカスタム Web フォームを使用する Web ブラウザーのみ必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×