検索フォルダーを作成または削除する

カスタム検索フォルダーを作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Outlook 2013 の定義済みの条件を使用して検索フォルダーをすばやく設定できます。目的の項目が見つからない場合は、独自のカスタム検索フォルダーを作成することができます。

カスタム検索フォルダーを作成する

  1. [メール] で [フォルダー] をクリックします。

  2. [新規] グループで、[新しい検索フォルダー] をクリックします。検索フォルダーを作成するキーボード ショートカットは、Ctrl + Shift + P キーです。

  3. [検索フォルダーを選択してください] ボックスの一覧で、[カスタム検索フォルダーを作成する] をクリックします。

  4. [検索フォルダーのカスタマイズ] で、[選択] をクリックします。

  5. カスタム検索フォルダーの名前を入力します。

  6. [条件] をクリックして、必要なオプションを選択します。

    • [メッセージ] タブには、送信者、キーワード、受信者などのメッセージの内容またはプロパティの条件が含まれています。

    • [詳細設定] タブには、重要度、フラグ、添付ファイル、分類などの他のメッセージの条件が含まれています。

    • [詳細設定] タブでは、詳細な検索条件を作成できます。

      1. [検索条件の設定] で、[フィールド] をクリックし、必要な条件の種類をクリックして、一覧から特定の条件をクリックします。

      2. 次に、[条件] ボックスと [] ボックスで、必要なオプションをクリックして、[リストに追加] をクリックします。

      3. この検索フォルダーに追加する条件ごとに操作を繰り返し、[OK] をクリックします。

  7. [参照] をクリックして、検索するフォルダーを選択します。

さらに詳しく

ビデオ: クイック検索を使って、メッセージやテキストを検索する

検索フォルダーを作成する

検索フォルダーは、条件を満たすメールを継続的に検索します。

設定は簡単です。[検索フォルダー] を右クリックして [新しい検索フォルダー] をクリックします。

そして、事前に定義された条件を選びます。

必要な条件が見つからない場合は、自分で作成できます。

一番下までスクロールし、[カスタム検索フォルダーを作成する] をクリックします。 そして [選択] をクリックします。

受信メールを継続的にふるいにかけて、支払いに関連するサポート メールのみを表示するフォルダーを作ってみましょう。

[名前] には「サポート: 支払い」と入力します。 そして [参照] をクリックします。

ここで、検索範囲を指定します。 既定では、メールボックス全体が選ばれています。

[受信トレイ] だけをオンにして、検索対象を受信トレイのアイテムのみに絞ります。 メールボックスはオフにします。

[サブフォルダーも検索する] がオンになっていることを確認して、受信トレイのサブフォルダーも検索対象にします。 [OK] をクリックします。

次に、[条件] をクリックします。 事前に定義されたオプションでは、条件を 1 種類しか選べませんが、

ここでは、[メッセージ]、[詳細設定]、[高度な検索] の各タブを使って複数の条件を設定できます。

[メッセージ] タブから始めましょう。

まず、「支払い」という文字を検索したいので、ここに入力します。

お客様には、支払いに関するメールかどうかがわかるように、件名には「支払い」と入力してほしいとお知らせしています。

そこで、ここでは検索対象を件名のみに限定します。

次に [宛先] をクリックします。 アドレス帳にある「サポート チーム」を選び、[宛先] をクリックします。 [OK] をクリックします。

これで、条件がさらに絞り込まれ、サポート チーム グループを介して受信したメールのみが対象になります。

条件を調整するその他の方法を見ていきましょう。 [詳細設定] タブに移動します。

ここでは、分類項目やフラグありのアイテムのみなど、検索条件をさらに絞り込めます。

今回は [優先度/重要度] をオンにして、[標準] が選ばれていることを確認します。

こうすることで、重要度が高または低のメールは検出されません。

[OK] をクリックします。

これで、[サポート: 支払い] を選ぶと、受信トレイにあるサポート チーム宛てのメールのうち、

件名に「支払い」と入力され、重要度が標準のメールのみが表示されます。

次に、検索フォルダーを他にも作成して、メールを細かくグループ分けしてみましょう。

手順はこれまでと同じです。

[検索フォルダー] を右クリックして、[新しい検索フォルダー] をクリックします。 [カスタム検索フォルダーを作成する] を選んで [選択] をクリックします。 名前を入力します。

[参照] をクリックして、検索対象を受信トレイとそのサブフォルダーに絞ります。

次に、[条件] をクリックします。 「新規顧客」という文字列を検索するようにします。 文字列を二重引用符で囲んで、

完全に一致するものが検出されるようにします。

[件名] が選ばれていることを確認します。 [宛先] をクリックして、「サポート チーム」を選び、[宛先] 行に追加します。

[詳細設定] タブで [優先度/重要度] をオンにし、[標準] にします。 [OK] をクリックします。

これで新しい検索フォルダーが作成され、新規顧客に関連するサポート メールを確認できます。

このように、検索フォルダーを必要なだけ追加して、サポート メールの管理に役立たせることができます。

カスタム検索フォルダーを使えば、本当に役に立つ検索フォルダーを設定できますが、

さらに細かく設定した、もっと役立つ検索フォルダーが必要な場合は、このコースの次のビデオ

「カスタム検索フォルダーで高度な検索条件を使う」をご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×