カスタマイズしたページをサイト定義にリセットする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 を使用すると、チーム サイトやドキュメント ワークスペース テンプレートなどのサイト テンプレートから洗練された外観のサイトをすばやく作成できます。その場合、テンプレートに含まれているページを 1 つ選択し、それをユーザー自身の目的に合わせてさらにカスタマイズできます。たとえば、多くの Web デザイナは、自身の組織やチームのロゴ、連絡先の名前、カスタム Web パーツなどで自身のホーム ページ (default.aspx) をカスタマイズします。

ただし、カスタマイズを削除し、サイト定義に戻すことが必要となることもあります。たとえば、次の場合にはサイト定義に戻すことができます。

  • カスタマイズが予想どおりのできでない。たとえば、カスタマイズの外観は望みどおりであっても、マスタ ページの重要な機能が誤って削除されたとします。

  • サイトは Windows SharePoint Services 3.0 または Microsoft Office SharePoint Server 2007 にアップグレードされており、サブサイトへのタブ付のリンク、ごみ箱、ユーザーが存在するページをより簡単に識別するための階層リンク、強化された検索などの新しい機能を利用するために、新しいサイト定義にリセットするとします。

このトピックでは、カスタマイズされているページを識別する方法、およびカスタマイズされたページをサイト定義にリセットする方法を示します。Windows SharePoint Services 3.0 サイトおよび Office SharePoint Server 2007 サイトのどちらのサイト定義にもページをリセットできます。

このトピックの内容

サイト定義とは何ですか。

カスタマイズされたページを特定します。

既定のマスター ページをサイト定義にリセットします。

ページをサイト定義にリセットします。

サイト定義とは

サイト定義とは、Web サーバー上に存在し、特殊な種類の SharePoint サイトを定義するファイルから成るグループです。[新規作成] ダイアログ ボックスの [Web サイト] タブに表示される各 SharePoint テンプレートは、サイト定義に基づいています。たとえば、あるサイト定義はチーム サイト、空のサイト、およびドキュメント ワークスペース テンプレートを定義し、別のサイト定義は一般的な会議ワークスペース、空の会議ワークスペース、意志決定の会議ワークスペース、イベントの会議ワークスペース、複数ページの会議ワークスペース テンプレートを定義しています。

カスタマイズされたページをサイト定義にリセットするときには、そのページに対するすべての変更内容を破棄し、サイト定義での元の定義にそれらを戻します。ただし、Web パーツに対して行ったカスタマイズは、サイト定義ページ上に存在する Web パーツ領域にそれらの Web パーツが存在する限り、失われることはありません。サイト定義ページに追加した Web パーツ領域およびその内部の Web パーツは、ページをリセットすると破棄されます。

たとえば、既定のホーム ページ (default.aspx) など、サイト定義ページ上の Web パーツ領域 (ユーザーが追加したものではなく、既定の領域) にコンテンツ エディタ Web パーツを挿入し、その Web パーツにカスタム コンテンツやテキストを入力できます。そのページをサイト定義にリセットすると、その他のすべての変更内容が破棄されますが、コンテンツ エディタ Web パーツは領域内に表示され続け、ユーザーが入力したカスタム コンテンツも含まれたままとなります。

[サイト定義にリセット] コマンドは、サイト内のどのページでも使用できません。ページが、既存のページをカスタマイズすることによって作成されたものではなく、空のページから作成されたか、または別のプログラムで作成されてサイトにインポートされたものである場合、そのページはサイト定義との関連性がなく、そのためサイト定義にリセットすることはできません。たとえば、チーム サイト テンプレートには、default.master、DispForm.aspx や EditForm.aspx などのリスト フォーム、および共有ドキュメント ライブラリ内のドキュメントに対するテンプレートである Microsoft Office Word 文書が含まれています。これらのページは、サイト定義に含まれているためいずれもリセットできますが、default.master から作成された新しいページ、新しい空の ASPX ページ、ユーザーが作成したカスタム リスト フォームはリセットできません。

注: カスタマイズされたページをサイト定義にリセットすると、ページは元の状態に戻ります。ただし、ドキュメント ライブラリ内に存在するページを使用している場合には、もう 1 つの方法があります。たとえば、マスタ ページは、ドキュメント ライブラリであるマスタ ページ ギャラリー内に存在し、ドキュメント ライブラリ内のファイルにはバージョン管理を使用できます。マスタ ページを変更するときにマスタ ページ ギャラリーに対してバージョン管理機能をオンにしていると、サイト定義にリセットして初めからやり直す代わりに、以前のバージョンにロール バックできます。バージョン管理の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

カスタマイズされたページを識別する

ます、サイト内でカスタマイズされたページを識別します。そのためには、Office SharePoint Designer 2007 でサイトを開き、次の図に示すように、[ページはカスタマイズされています] アイコンがファイル名の横に表示されたページをフォルダ リスト内で探します。

[ページはカスタマイズされています] アイコンが表示されたファイル名

また、Office SharePoint Designer 2007 でレポートを実行して、サイト内のカスタマイズされたすべてのページを一覧で表示することもできます。

  1. Office SharePoint Designer 2007 で、レポートを実行する Web サイトを開きます。

  2. [サイト] メニューの [レポート] をポイントし、[共有コンテンツ] をポイントします。次に、[カスタマイズされたページ] をクリックします。

    一覧で表示されたサイト内のすべてのページと共にレポートが開き、そのページに対してコンテンツがカスタマイズされているかどうかが [ユーザー設定] 列に表示されます。

  3. カスタマイズされているページのみを表示するには、[ユーザー設定] 列の右側の下矢印をクリックしてから、[はい] をクリックします。

    これでレポートには、カスタマイズされているページのみが表示されるようになります。

ページの先頭へ

既定のマスタ ページをサイト定義にリセットする

SharePoint サイトを作成する場合、サイトのページの多くは、既定のマスタ ページの構造、機能、フォント、および書式設定を利用します。たとえば、Windows SharePoint Services 3.0 チーム サイトでは、既定のマスタ ページは default.master という名前です。既定のマスタ ページがカスタマイズされており、そのマスタ ページをリセットしてサイト定義を使用する場合には、ここで手順に従う必要があります。カスタマイズされた既定のマスタ ページに適用されたページは、コピーではなくファイルのリセット バージョンに適用されます。

注: カスタマイズされたページをサイト定義にリセットすると、ページは元の状態に戻ります。ただし、マスタ ページを使用している場合には、もう 1 つの方法があります。マスタ ページは、ドキュメント ライブラリであるマスタ ページ ギャラリー内に存在し、ドキュメント ライブラリ内のリストおよびファイルのアイテムにはバージョン管理を使用できます。マスタ ページを変更するときにマスタ ページ ギャラリーに対してバージョン管理機能をオンにしていると、サイト定義にリセットして初めからやり直す代わりに、以前のバージョンにロール バックできます。バージョン管理の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  1. Office SharePoint Designer 2007 で、カスタマイズされたマスタ ページが存在する Web サイトを開きます。

  2. [default.master] など、リセットするマスタ ページを右クリックし、ショートカット メニューの [サイト定義にリセット] をクリックします。

    注: 既定では、[フォルダ一覧] で、マスタ ページは、サイトの [_catalogs] フォルダ内の [マスタ ページ] フォルダに格納されています。

    マスタ ページのコンテンツが上書きされ、現在のバックアップ コピーが作成されることを通知する警告メッセージが表示されます。

  3. [はい] をクリックします。

    次の図に示すように、カスタマイズされたマスタ ページのコピーは、リセットされたマスタ ページが存在するディレクトリと同じディレクトリにファイル名_copy(1) という名前で格納されます。ここで、ファイル名は元のファイル名です。

    カスタマイズされたマスタ ページのバックアップ コピーを示すフォルダ一覧

    注: default.master ページはサイト定義にリセットされているため、[ページはカスタマイズされています] アイコンで識別できなくなります。

ページの先頭へ

ページをサイト定義にリセットする

SharePoint テンプレートから生成されたページをカスタマイズした場合、そのページはサイト定義にリセットできます。

  1. Office SharePoint Designer 2007 で、カスタマイズされたページが存在する Web サイトを開きます。

  2. サイト定義にリセットするページを右クリックし、ショートカット メニューの [サイト定義にリセット] をクリックします。

    注: リセット コマンドは、サイト内のどのページでも使用できません。ページが、既存のページをカスタマイズすることによって作成されたものではなく、空のページから作成されたか、または別のプログラムで作成されてサイトにインポートされたものである場合、そのページはサイト定義との関連性がありません。したがって、そのページをサイト定義にリセットすることはできません。たとえば、チーム サイト テンプレートには、default.master、DispForm.aspx や EditForm.aspx などのリスト フォーム、および共有ドキュメント ライブラリ内のドキュメントに対するテンプレートである Office Word 文書が含まれています。これらのページは、サイト定義に含まれているためいずれもリセットできますが、default.master から作成された新しいページ、新しい空の ASPX ページ、ユーザーが作成したカスタム リスト フォームはリセットできません。

    ページのコンテンツが上書きされ、現在のバックアップ コピーが作成されることを通知する警告メッセージが表示されます。

  3. [はい] をクリックします。

    カスタマイズされたページのコピーは、リセットされたページが存在するディレクトリと同じディレクトリにファイル名_copy(1) という名前で格納されます。ここで、ファイル名は元のファイル名です。

    ヒント: Windows SharePoint Services 3.0 でブラウザ ユーザー インターフェイスを使用してページをサイト定義にリセットした場合、カスタマイズされたページのバックアップは作成されません。ただし、Office SharePoint Designer 2007 でページをリセットした場合は、バックアップ コピーが作成されます。バックアップ コピーは、Web パーツ領域など、ページに追加したカスタマイズされたコンテンツ、およびページに追加したそれらの Web パーツ領域内の Web パーツを含むため有用です。維持するコンテンツは、新しくリセットされたページにバックアップ コピーからコピー アンド ペーストできます。

  4. カスタマイズされたページが、サイト定義に含まれていない Web パーツ領域を持つ場合、それらの付加的な Web パーツ領域およびそれらの内部にある Web パーツは、ページがリセットされたときに削除されます。リセットされたページに、必要なすべての Web パーツが含まれているかを確認してください。含まれていない Web パーツは、カスタマイズされたページのバックアップ コピーを開き、リセットされたページにその Web パーツをコピー アンド ペーストすることによって、新しくリセットされたページに追加できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×