オーバーフロー領域からテキストを取り出す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

テキスト ボックスまたはオートシェイプにテキストを表示することが含まれている余分なテキストオーバーフローに保存されます。リンクさせてオーバーフローしたテキストを移動し、調整のテキストを別のテキスト ボックスにテキストを自動的に移動して、文書に戻すことができますが、ボックスのテキスト内のテキストの一部、テキスト ボックスを拡大しても、テキストのサイズを変更する、テキスト ボックス内の余白を変更する、または削除します。

オーバーフローのテキストを別のテキスト ボックスに移動します。

  1. 必要に応じて、新しいテキスト ボックスを作成します。

    方法

    1. [オブジェクト] ツールバーで、テキスト ボックス Button image ] をクリックします。

    2. 文書内で、テキストを表示するテキスト ボックスの角の 1 つをクリックし、ボックスが目的のサイズになるまでマウスを斜めにドラッグします。

  2. オーバーフローしているテキスト ボックス内をクリックします。

  3. [テキスト ボックス] ツールバーで、テキスト ボックスのリンクを作成する ボタンの画像 ] をクリックします。

    マウス ポインターをピッチャー テキスト ボックスのリンクに使用するテキスト ボックス リンク ピッチャー。 に変更します。

  4. ストーリーの中で次に来るテキスト ボックスの中をクリックします。

    この操作により、2 番目のボックスが 1 番目のボックスにリンクされ、オーバーフロー領域のテキストがこの 2 番目のボックスに表示されます。

  5. さらにテキスト ボックスをストーリーにリンクする場合は、上記の手順 3. ~ 4. を繰り返します。

テキストを自動的に調整します。

  1. テキスト内の任意の場所をクリックします。

  2. [書式] メニューの [文字サイズの自動調整] をポイントし、次のいずれかの操作を行います。

    • テキストのサイズを縮小してオーバーフロー領域にテキストが入れられないようにするには、[はみ出す場合だけ自動調整する] をクリックします。

    • テキスト ボックスのサイズを変更したとき、テキストがボックスに合わせて縮小または拡大するようにするには、[枠に合わせて自動調整する] をクリックします。

テキスト ボックスまたはオートシェイプを拡大表示こと

  1. 目的のオブジェクトをクリックします。

  2. サイズ変更ポインター move ruler が表示されるまで、ハンドルのいずれかの上にマウス ポインターを置きます。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • オブジェクトの縦横比を変えずに大きさを変更するには、四隅のハンドルをクリックして Shift キーを押しながら手順 4. に進みます。

    • オブジェクトを拡大するには、上、下、または横のハンドルをクリックしてから手順 4. に進みます。

  4. マウス ボタンを押しながら、ハンドルをドラッグしてオブジェクトの大きさを変更します。

テキストのサイズを変更します。

  1. 次のいずれかを実行します。

    • 1 つの単語のテキストのサイズを変更する場合は、その単語内に挿入ポイントを移動します。

    • 複数の単語または文字のテキストのサイズを変更する場合は、必要なテキストを選択します。

  2. 書式設定] ツールバーで、[フォント サイズ] ボックスの Button image でサイズを入力します。

注: [フォント サイズ] ボックスにリストされている以外のフォント サイズを 0.1 ポイントの精度で入力できます。たとえば、9.3 ポイントのフォント サイズを入力することができます。

テキスト ボックスまたはオートシェイプ内の余白を変更します。

  1. テキスト ボックスまたはオートシェイプをマウスの右ボタンでクリックします。

  2. ショートカット メニューの [<オブジェクトの種類>の書式設定] をクリックします。

  3. [テキスト ボックス] タブをクリックします。

  4. [テキスト ボックスの余白] に、左右上下の余白の設定値を入力します。

テキストの一部を削除します。

  1. テキストを選択します。

  2. Del キーを押します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×