オートフィルターを使ってデータにフィルターを適用する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

オート フィルター機能を使用して、検索、表示、または値を非表示にするなどのデータの 1 つまたは複数の列にします。シークするデータを検索するか、リストからに基づいての選択肢をフィルター処理することができます。データをフィルター処理するときに、1 つまたは複数の列の値がフィルター処理の検索条件に一致しない場合、行全体が表示されません。

オート フィルターを適用する次の手順に従います。

  1. フィルターを適用するデータを選択します。

  2. [データ]、[フィルター] の順にクリックします。

  3. 列見出しの矢印 フィルターの矢印 をクリックし、特定の値または検索を選択するかを決定します。

    [フィルター] ボタン

  4. 特定の値を選択: (すべて選択)をオフにすべてのチェック ボックスをオフにして、表示する特定の値] ボックスを確認します。

    一覧で項目を選択してフィルターを適用する

  5. 値の検索: 検索ボックスのテキストの入力を求める数値。

    検索によるフィルターの適用

  6. [OK] をクリックしてフィルターを適用します。

ヒント: データに事前に定義された、またはカスタム フィルターを適用する場合は、範囲またはテーブルのデータのフィルター処理を参照してください。

検索対象の拡大に関するヒント

データを検索するときに、任意の 1 文字または「*」一連の文字を表すを表すため「?」を使用できます。

たとえばにすべてのバイクに関連するアイテムを検索するには、次のように入力します。"* バイク"検索ボックスにします。フィルターが表示のすべての単語を含むアイテム「自転車」-バイク、バイク、マウンテン バイクのツアーなどです。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×