オートシェイプの書式設定

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[オートシェイプの書式設定] ダイアログ ボックスで、色、パターン、アウトライン、サイズ、およびその他のオプションを変更できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

図形の塗りつぶしと輪郭 (色と線) を変更します。

[塗りつぶし] を選びます

輪郭の色とスタイルを変更します。

矢印図形に固有のオプション

サイズを変更します。

レイアウトを変更します。

[図] オプションを変更します。

テキスト ボックスのオプションを変更します。

代替テキストを追加します。

図形の塗りつぶしと輪郭 (色と線) を変更します。

純色で、図形の塗りつぶし] を目的の色をクリックします。複数の色の背景を追加するには、[塗りつぶし効果をクリックします。

[塗りつぶし] を選びます

   図形をページの背景と同じ色に塗りつぶしなし] をクリックして、必要な色をクリックするか、ユーザー設定の色を作成するのには、その他の色] をクリックします。

[塗りつぶし効果   別の 1 つの網掛け、テクスチャ、パターン、または画像からブレンドするグラデーションを選択します。

  • グラデーション一連の網掛けまたは色を追加する [グラデーション] タブをクリックします。

    • [] では、 1 つの色2 つの色、またはあらかじめ設定されたをクリックし、[色] または [表示される一覧から必要なあらかじめ設定された色の組み合わせ] をクリックします。

    • [透明度には、グラデーションの各端の透明度を設定する] のスライダーを移動します。

    • 網かけの設定のスタイル] の下には、フローにグラデーションを目的の方向をクリックします。

    • [バリエーション、網かけの設定のスタイルのバージョン] をクリックします。[サンプル] ボックスで示していますを参照してください。

    • 図形を回転する場合は、図形にグラデーションの方向を保持するには、[図形の回転] チェック ボックスを選択します。

  • テクスチャ   テクスチャをクリックするか、独自の画像のいずれかを選択するその他のテクスチャをクリックします。

  • パターン   パターンを使用する] をクリックします。前面の一覧で、パターンを使用する色をクリックします。[背景] リストで、背景色をクリックします。[サンプル] ボックスで、色のプレビューを表示できます。

  •    [図の選択] をクリックして、[挿入] をクリックし、目的の図を参照します。

  • 図の縦横比を固定する] チェック ボックスをオン図は、図形のサイズを変更するときに、縦横比を維持するためにします。

    • 図形を回転する場合は、図形、図の印刷の向きを保持するには、図形を回転する] チェック ボックスを選択します。

透過性   図形を表示する場合はスライダーを使用してまたは透明度を設定するパーセンテージを入力します。

輪郭の色とスタイルを変更します。

線の色   [] で [] の一覧] をクリックし、目的の色] をクリックします。

線を破線   図形の枠線を破線を使用するのには、実線/点線] ボックスの一覧をクリックし、[線の種類] をクリックします。

線のスタイル   [スタイル] 一覧をクリックし、[線のスタイル、目的の線の太さ] をクリックします。

重量   選択したスタイルの線の幅を調整するには、[太さ] ボックスに新しい値を入力します。

矢印図形に固有のオプション

自分のオートシェイプが矢印である場合は、矢印の最初のスタイルと終了のスタイルを設定できます。によっては、選択したスタイル、先頭と末尾の矢印のサイズを変更することもできます。

ページの先頭へ

サイズを変更する

サイズのオプションを設定する [サイズ] タブをクリックします。測定値を設定するには、ドキュメントのページ余白のパーセンテージとしてまたは (絶対) 値を特定を設定できます。

[サイズ] タブに、図形の回転と拡大/縮小を設定することもできます。

高さと幅   高さの領域で、次の操作を行います。

  • 絶対参照] をクリックし、サイズを入力します。

  • 相対参照] をクリックし、パーセンテージを入力します。次に、基準となるリストには、[ページ] をクリックしてまたはオートシェイプのサイズを基準には、余白をクリックします。

回転します。   回転角度] ボックスで、[オートシェイプを時計回りに回転する角度を入力します。たとえば、90 度を入力する回転図形を右回りに 90 にします。

拡大/縮小   一定の割合で高さまたは幅を変更します。同時に両方を変更するには、[縦横比を固定する] チェック ボックスを選択します。変更を元のサイズを基に、元のサイズに合わせる] チェック ボックスを選択します。[元のサイズに合わせる] チェック ボックスを使用できない場合は、[リセット] をクリックします。

注: リセット] をクリックすると、文書に挿入したときと同じサイズができない場合、元のサイズに図形が移動します。

ページの先頭へ

レイアウトを変更する

折り返しのスタイル   [描画オブジェクトの周囲のテキストの折り返し方法を指定するオプションをクリックします。

  • 行内   テキストの行内にオプションは、図形は、テキストと同じようにオートシェイプ、文書内をクリックする場所を配置します。図形を確保するために、行の高さが調整されます。オートシェイプには、周囲のテキストの相対的な位置が維持されます。

  • 四角形   [四角] では、テキストの折り返しを四角形を作成します。

  • 厳密です   [外周] オプションでは、[オートシェイプの端に近いのテキストを折り返します。

    注: 正方形や四角形のオートシェイプがある場合、[四角] ようこのになります。

  • テキストの背後に   テキストの背後にあるオプションは、オートシェイプ上にテキストを使用します。

  • テキストの前に   [前面]オプションでは、テキストの上にフローティング オートシェイプことができます。

水平方向の配置   ページ上のオートシェイプを配置するオプションをクリックします。オートシェイプにさらにテキストを追加する場合でも、ページに対する相対的なには、この位置が保持されます。

高度な   図形の配置とテキストの折り返しのオプションをより正確にアクセスする詳細設定] をクリックします。たとえば、[テキストと一緒にオブジェクトを移動するアンカーがある場合でも、上にあるその他のテキストを追加するテキスト、画像を保持する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

[図] オプションを変更します。

図を含むオートシェイプを入力する場合は、[オートシェイプの書式設定] ダイアログ ボックスの [] タブで変更を行うと、その画像を調整します。

イメージ コントロール   [] リストで、自動グレースケール(ブラックとホワイトのグラデーション)、白黒(グラデーションなし)] または[ウォッシュ アウト]をクリックします。スライダーを使用して、図の明るさとコントラストを調整することができます。

圧縮します。   圧縮を印刷または Web/画面の画像の解像度を変更する] をクリックします。削除図のトリミング部分をさらに、ファイルに画像を追加するサイズを小さくする確認することもできます。

再設定します。   図を元の色に戻るにはリセットをクリックします。

ページの先頭へ

テキスト ボックスのオプションを変更します。

図形にテキストを追加するには、図形を右クリックし、[テキストの追加] をクリックします。テキストを追加した後には、[オートシェイプの書式設定] ダイアログ ボックスの [テキスト ボックス] タブでオプションを使用して図形の内側にテキストの表示方法を変更できます。

内部の余白   テキストと左、右、上、およびテキスト ボックスの下端の間の距離を設定します。

注: によっては、オートシェイプ、テキスト ボックスの端がオートシェイプの右端に対応していません。

垂直方向の配置   上部、中央、またはテキスト ボックスの一番下にテキストの位置を設定するためのオプションをクリックします。

オートシェイプ内のテキストを折り返す   同じサイズのオートシェイプを保持する [オートシェイプ内のテキストを折り返す] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスをオフにすると、テキスト ボックスが展開され、[幅] ボックスに合わせてオートシェイプのサイズを変更します。

テキストに合わせるには、[オートシェイプのサイズを変更します。   オートシェイプの高さを変更するには、[テキストに合わせるには、[オートシェイプのサイズを変更する] チェック ボックスを選択します。オートシェイプでは、高さ、テキスト ボックスには、テキストの量によって、長さになります。

引き出し線の書式   オートシェイプが線吹き出しである場合は、[行とその他のオプションの文字数を変更するのには、引き出し線の書式] をクリックします。

レイアウト枠に変換します。   コメントや脚注または文末脚注、特定のフィールドを含める必要がある場合は、レイアウト枠にオートシェイプを変換することができます。変換するときに、四角形に図形が変更される可能性します。

ページの先頭へ

代替テキストを追加します。

図形にテキストが含まれている場合、そのテキストは自動的に代替テキスト] ボックスに配置されます。図形にテキストが含まれていない場合、または代替テキストを変更する場合は、[代替テキスト] タブをクリックします。

代替テキスト] ボックスで、スクリーン リーダーまたは図の表示がオフのときに表示するテキストを入力します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×