オートコンプリート リストに、名前または電子メール アドレスが記憶されない

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オートコンプリート リストは、名前や電子メール アドレスの入力を開始するとその候補を表示する機能です。送信した電子メール メッセージに含まれる名前やアドレスの中から、入力中のテキストと一致する可能性のある候補が表示されます。

オートコンプリート リスト

入力した名前および電子メール アドレスがオートコンプリート リストに保存されない場合は、次の操作を行います。

Microsoft Exchange Server アカウント

  1. Exchange キャッシュ モードなしで動作するように、Outlook の準備を整えます。

    1. [ファイル] タブをクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    2. [アカウント設定] をクリックします。

    3. Microsoft Exchange Server アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

    4. [Exchange キャッシュ モードを使用する] チェック ボックスをオフにし、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

    5. [アカウント設定] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。

  2. Outlook を終了します。

  3. %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Outlookフォルダーを開きます。

    • 開始] をクリックし、[検索のプログラムとファイル、または検索の開始] ボックスに%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Outlookを入力します。コピーして、Windows エクスプ ローラーのアドレス バーに場所を貼り付けることができますもします。

  4. RoamCache フォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックし、フォルダー名を「old_RoamCache」に変更します。

  5. Outlook を起動します。

  6. Exchange キャッシュ モードを有効にします。

    1. [ファイル] タブをクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    2. [アカウント設定] をクリックします。

    3. Microsoft Exchange Server アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

    4. [Exchange キャッシュ モードを使用する] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

    5. [アカウント設定] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。

  7. Outlook を終了して、再起動します。

メッセージを送信するたびに、[宛先] ボックス、[CC] ボックス、または [BCC] ボックスに入力されている名前または電子メール アドレスが記憶されるようになります。それらの名前とアドレスは、次回メッセージを作成するときの候補として使用されます。

ページの先頭へ

他のすべての電子メール アカウント

  1. Outlook を終了します。

  2. %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Outlookフォルダーを開きます。

    • 開始] をクリックし、[検索のプログラムとファイル、または検索の開始] ボックスに%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Outlookを入力します。コピーして、Windows エクスプ ローラーのアドレス バーに場所を貼り付けることができますもします。

  3. RoamCache フォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックし、フォルダー名を「old_RoamCache」に変更します。

  4. Outlook を起動します。

メッセージを送信するたびに、[宛先] ボックス、[CC] ボックス、または [BCC] ボックスに入力されている名前または電子メール アドレスが記憶されるようになります。それらの名前とアドレスは、次回メッセージを作成するときの候補として使用されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×