オートコレクト項目を追加または変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オートコレクト機能を使用して、スペルミスの単語や大文字と小文字の間違いを自動的に検出して修正したり、商標記号やその他の記号を簡単に入力したりすることができます。たとえば、「teh」と入力し、続けてスペースを入力すると、オートコレクトによって "the" に置換されます。「(c)」と入力すると、著作権記号 "©" が挿入されます。組み込みのオートコレクト項目に必要な修正項目が含まれていない場合は、項目を追加することができます。

スペル チェックと文章校正の詳細については、スペル チェックと文章校正の詳細を参照してください。

注: ハイパーリンクに含まれる文字列は、自動的には修正されません。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[ PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [PowerPoint のスペル チェック] で、[スペル チェックの結果を表示しない] チェック ボックスをオンまたはオフにして、[OK] をクリックします。

    注: [スペル チェックの結果を表示しない] チェック ボックスをオンにするには、[入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスもオンにする必要があります。

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [オートコレクトのオプション] で、[オートコレクトのオプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

  4. [修正文字列] ボックスに、よく間違って入力してしまう単語や文字列を入力します。たとえば、「usualy」と入力します。

  5. [修正後の文字列] ボックスに、単語の正しいスペルを入力します。たとえば、「usually」と入力します。

  6. [追加] をクリックします。

スペルを間違って入力した単語には赤い波線が表示され、スペルが正しくないことが示されます。

  1. 波線の下線が付いた単語を右クリックします。

    注: 赤い波線が下に表示されない場合は、スペルミスまたは入力ミスの単語、 Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックして、 PowerPoint のオプション] をクリックして、文章校正] をクリックし、[ PowerPoint でスペル チェック] の [入力時にスペル チェック] チェック ボックスをオンします。

  2. ショートカット メニューで、次のうち必要な操作を行います。

    • ショートカット メニューの一覧に正しい単語が表示されている場合は、間違って入力した単語の代わりに入力する単語をクリックします。

    • ショートカット メニューの一覧に正しい単語が表示されない場合は、[スペル チェックと文章校正] をクリックし、[オートコレクト] をクリックすると、単語は自動的に修正されます。

    • 修正したい単語が自動的に修正されない場合、その単語は組み込みの辞書に登録されていません。組み込みの辞書に単語を追加するには、[辞書に追加] をクリックします。

      PowerPoint では、スペルミスまたは入力ミスの単語の修正をオプションの一覧を示します。 単語の正しいスペルをクリックする

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [オートコレクトのオプション] で、[オートコレクトのオプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

  4. [修正後の文字列] ボックスの一覧で、変更する項目をクリックします。

  5. [修正後の文字列] ボックスに、新しい項目を入力し、[置換] をクリックします。

項目の名前を変更するには、元の項目を削除して、名前を変更した新しい項目を追加する必要があります。

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [オートコレクトのオプション] で、[オートコレクトのオプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

  4. [修正文字列] ボックスの一覧で、名前を変更する項目をクリックし、[削除] をクリックします。

  5. [修正文字列] ボックスに新しい名前を入力し、[追加] をクリックします。

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [オートコレクトのオプション] で、[オートコレクトのオプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

  4. [例外処理] をクリックし、次のうち必要な操作を行います。

    • オートコレクトによって特定の略語に続けて入力した単語の先頭文字が大文字に変更されないようにするには、[先頭の大文字] タブをクリックし、[次に続く単語の先頭を大文字にしない] ボックスにピリオドを含めて略語を入力します。

    • オートコレクトで大文字と小文字が混在する単語を修正しないようにするには、[大文字と小文字] タブをクリックし、[大文字と小文字の混在を修正しない] ボックスに修正しない単語を入力します。

  5. [追加] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×