オートコレクトを使用してみよう

オートコレクトを使用してみよう

  1. 記書きを入力しよう

  2. 日付を挿入しよう

  3. 文字の配置を変更しよう

記書きを入力しよう

記書きの「記」に対応する結語「以上」を、自動で入力することができます。

  1. 「記」と入力します。

    「記」と入力

  2. Enter キーを押します。

  3. 「記」に対応する結語として、「以上」が入力されました。

    「以上」が入力される

    結語が入力されると、「記」は中央揃え、結語は右揃えに自動的に設定されます。

  4. 記書きを入力します。

    記書きを入力

ページの先頭

日付を挿入しよう

手紙の作成日として、宛名の上に今日の日付を挿入しましょう。

  1. 宛名の上に行を追加します。宛名の先頭をクリックして、Enter キーを押します。

    宛名の上に行を追加

  2. 追加した行をクリックし、[挿入] タブの [テキスト][日付と時刻] をクリックします。

    [日付と時刻] をクリック

  3. [日付と時刻] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [表示形式] ボックスから日付の表示形式を選択して [OK] ボタンをクリックします。

    [日付と時刻] ダイアログ ボックス

    ヒント: 日付の表示形式

    ドクター 

    [言語の選択] ボックス、[カレンダーの種類] ボックスから、表示形式を変更することができます。

    各ボックスで選択した表示の種類に応じて、[表示形式] ボックスの表示が変わります。

  4. 日付が挿入されました。

    日付が挿入される

ページの先頭

文字の配置を変更しよう

文字の配置を変更して、見やすい手紙にしましょう。

日付と作成者を右揃え、タイトルを中央揃えに変更します。

  1. 日付を右揃えにします。日付を入力した行をクリックします。

    日付を入力した行をクリック

  2. [ホーム] タブの [段落][文字列を右に揃える] ボタン ([文字列を右に揃える] ボタン) をクリックします。

    [文字列を右に揃える] ボタンをクリック

  3. 日付が右揃えになりました。

    日付が右揃えになる

  4. 同じように、作成者も右揃えにしてみましょう。

  5. 次に、タイトルを中央揃えにします。タイトルを入力した行をクリックします。

    タイトルを入力した行をクリック

  6. [ホーム] タブの [段落][中央揃え] ボタン ([中央揃え] ボタン) をクリックします。

    [中央揃え] ボタンをクリック

  7. タイトルが中央揃えになりました。

    タイトルが中央揃えになる

    ヒント: その他の配置

    ドクター 

    [文字列を左に揃える] ボタン ([文字列を左に揃える] ボタン) をクリックすると、文字の配置が左揃えになります。

    [両端揃え] ボタン ([両端揃え] ボタン) をクリックすると、ページの左側、右側に揃うように文字が配置されます。

  8. 8. 文書を保存します。

    復習: 文書を保存しよう

    ドクター 

    この文書を保存しておけば、続きから学習することができます。文書の保存方法は、「文書を保存してみよう、開いてみよう」を参照してください。

ページの先頭

<<前へ | 123

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×