オーディオ ノートやビデオ ノートを作成する

講義、質疑応答、インタビューなど、すばやくメモを取れないときは、OneNote を使ってオーディオ ノートまたはビデオ ノートを作成できます。

注: オーディオ ノートまたはビデオ ノートを作成するには、マイクと Web カメラが装備されたコンピューターが必要です。どちらのデバイスも、Windows コントロール パネルで設定する必要があります。

  1. 録音/録画を配置する OneNote のページ上の位置をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 音声のみの録音を作成するには、[挿入]、[オーディオの録音] を選びます。

    • オプションの音声付きでビデオの録画を作成するには、[挿入]、[ビデオの録画] をクリックします。

      OneNote 2016 の [挿入] メニューの [オーディオの録音] ボタンと [ビデオの録画] ボタンのスクリーンショット

    OneNote でページ上にメディア アイコンが追加されるとすぐにレコーディングが開始されます。

  2. 録音/録画を終了するには、[オーディオおよびビデオ] タブで [一時停止] または [停止] を押します。

  3. 録音/録画を再生するには、ページ上のメディア アイコンをクリックし、[再生] をクリックします。

録音/録画中に取ったノートは、OneNote で作成したオーディオおよびビデオにリンクされるため、ノートを検索して、オーディオ録音またはビデオ録画の特定の部分を見つけることができます。

注: [オーディオおよびビデオ] タブの [再生部分を表示] を選んだ場合は、録音/録画中にページで取ったノートにカーソルが自動的に配置されます。たとえば、インタビューを録音し、クリップの 2 分目でノートを取った場合、クリップを再生して 2 分目に達するたびにそのノート部分にジャンプします。これは、記録されたイベントとそのイベント中の特定の時点で抱いた反応、考えやアイデア間の前後関係を覚えておくのに大変役立ちます。

OneNote で作成したオーディオ録音やビデオ録画は、録音/録画時に作成したノートに直接リンクされます。これにより、ノートを検索して、特定の録音/録画に関連付けられているキーワードまたは特定の文字列を見つけることができます。たとえば、出席している会議で発表者が複雑な作業の手順を説明している場合、プレゼンテーションを録音/録画し、録音/録画のトピックとしてノートに「作業プロセス」と入力することができます。録音/録画を再生するたびに、OneNote に作成した付属のノートが表示されます。

OneNote でオーディオまたはビデオ クリップを録音/録画するには、Microsoft DirectX 9.0a 以降、または Microsoft Windows Media Player 9 以降が必要です。

  1. ページ上で録音/録画を配置する場所 (たとえば、コメントを追加する段落または写真の横) をクリックします。

  2. [標準] ツールバーで、[レコード] ボタンの横にある矢印をクリックし、[オーディオのみを録音する] または [ビデオの​​録画] をクリックします。

    ページにタイム スタンプが配置されます。

  3. オーディオ ノートまたはビデオ ノートの録音/録画を開始します。

  4. 録音/録画を終了するには、[オーディオ録音およびビデオ録画] ツールバーの [停止] ボタンの画像 をクリックします。

注: 

  • [オーディオのみを録音する] を選んだ場合、サウンド クリップが .wma ファイルとして記録されます。[ビデオの録画] を選んだ場合、マイクがコンピューターに接続されているか、カメラに組み込まれていると、オーディオとビデオが .wmv ファイル内で結合されます。OneNote でビデオ録画が作成されると、ノート内のビデオ部分からオーディオ部分を分離することはできません。

  • OneNote が実行されていない場合でも、オーディオ録音を開始することができます。そのためには、Windows タスク バーの右端にある OneNote アイコンを右クリックし、[録音の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

オーディオ録音またはビデオ録画を他のユーザーと共有する

相手のコンピューターに OneNote がインストールされていない場合でも、オーディオ録音やビデオ録画をそれらのユーザーと共有できます。

オーディオ ファイルおよびビデオ ファイルを電子メール メッセージで送信する

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの一覧で [電子メール] をクリックします。

  3. [埋め込みファイルを別のファイルとして電子メール メッセージに添付する] オプションを選択し、[OK] をクリックします。

  4. 送信する音声ファイルまたはビデオ ファイルが含まれているページのタブをクリックします。

  5. [ファイル] メニューの [ページの送信先] をポイントし、[メールの宛先 (添付ファイル)] をクリックします。

  6. メール フォームに必要事項を入力し、[送信] をクリックします。

注: 

  • 電子メール メッセージの中で、.wma ファイルまたは .wmv ファイルを OneNote ファイルと同じ場所に保存するように受信者に指示します。そうすることで受信者はページから音声またはビデオを再生できるようになります。

  • .wma ファイルまたは .wmv ファイルを送信するだけで、音声録音またはビデオ録画を送信することもできます。

オーディオ ファイルおよびビデオ ファイルが含まれているページを発行する

  1. 発行するページの [ページ] タブをクリックします。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、.one ファイルと .wma ファイルまたは .wmv ファイルを発行する共有の場所に移動します。

  4. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [OneNote セクション] をクリックします。

  5. [保存] をクリックします。

共有のオーディオ録音または共有のビデオ録画を視聴する場合、受信者は次の操作を行う必要があります。

  • 受信者のコンピューターに Microsoft Windows Media Player 9 以降がインストールされている必要があります。Microsoft Windows オペレーティング システムではメディア プレーヤーがインストールされています。Microsoft Web サイトからダウンロードできます。

  • OneNote ページと Windows Media Player ファイル (オーディオ用の .wma ファイルまたはビデオ用の .wmv ファイル) を同じ場所に保存します。

ページの先頭へ

関連項目

オーディオ録音またはビデオ録画を再生する

オーディオ録音またはビデオ録画の設定を変更する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×