オンライン アーカイブの概要

Microsoft Exchange Server 2010 アカウントは、Exchange 管理者が個人用アーカイブを使用してセットアップできます。これは、プライマリ Exchange メールボックスに加えて使用する特別な Exchange メールボックスです。Microsoft Outlook 2010 では、個人用アーカイブはプライマリ Exchange メールボックス フォルダーの下にあるナビゲーション ウィンドウに表示されます。

注:  この機能に関する Microsoft Outlook および Microsoft Exchange Server のライセンス要件があります。詳細については、「License requirements for Personal Archive and retention policies (個人用アーカイブとアイテム保持ポリシーに関するライセンス要件)」を参照してください。

ファイルが保存されているコンピューターからのみアクセス可能な Outlook データ ファイル (.pst) とは異なり、個人用アーカイブ内のアイテムには、使用している任意のコンピューターの Outlook から、または Outlook Web App (OWA) からアクセスできます。

以前に Outlook データ ファイル (.pst) にメッセージをアーカイブしている場合は、そのアーカイブを開き、そのファイルから個人用アーカイブにメッセージを移動できます。このようにすると、Outlook Web App (OWA) を使用して、または Outlook 2010 を使用する他のコンピューターから、すべてのメッセージにオンラインでアクセスできるようになります。

ページの先頭へ

個人用アーカイブの利点

Exchange アカウントのメッセージも、アーカイブ ポリシーを使用して個人用アーカイブに自動的に移動できるので、メールボックスのサイズが小さくなります。また、個人用アーカイブの電子メール メッセージにもアイテム保持ポリシーが適用されるので、法令や組織の保持ルールへの準拠が保証されます。

  • Exchange Server アカウントのサイズが小さくなる   個人用アーカイブ内のアイテムは、Exchange メールボックス サイズのクォータでカウントされません。Exchange 管理者は、ユーザーのプライマリ Exchange メールボックスと個人用アーカイブの両方について、記憶域サイズの制限を通知できます。

  • アーカイブ ポリシーで自動的にアイテムが移動される    Exchange Server アカウントの特定のメッセージ、スレッド、またはフォルダーにアーカイブ ポリシーを適用できます。たとえば、メッセージにアーカイブ ポリシーのタグを付け、一定時間が経過した後に自動的に個人用アーカイブに移動されるようにすることができます。これらのポリシーは組織によって異なります。

  • 日常的なアイテムとアーカイブされているアイテムすべてにすぐにアクセスできる   プライマリ Exchange メールボックスと個人用アーカイブの両方が、Exchange を実行しているサーバーに保存されます。したがって、Outlook 2010 を使用している任意のコンピューターから、そのユーザーのすべてのアイテムにアクセスできます。また、Outlook Web App でもすべてのアイテムにアクセスできます。Outlook データ ファイル (.pst) を使用した以前のアーカイブ ソリューションでは、ファイルを保存したコンピューターだけにアクセスが制限され、Outlook Web Access (OWA) では Outlook データ ファイル (.pst) を使用できませんでした。

  • すべてのメッセージに対して検索を使用できる   Outlook 2010 または OWA では、メッセージが Exchange メールボックスと個人用アーカイブのどちらに保存されているかに関係なく、検索を使用してメッセージを見つけることができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×