オンライン分析処理 (OLAP) の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel 2010 では多くの改良と新機能ピボット テーブル容易かつ高速に加えるを使用します。
記事を読みまたはOffice 365 を試してください!

オンライン分析処理 (OLAP) は、大規模なビジネス データベースを構成し、ビジネス インテリジェンスをサポートするための技術です。OLAP データベースは 1 つ以上のキューブに分割され、各キューブはデータを取得、解析する方法に合わせてキューブ管理者によって構成および設計されるため、必要なピボットテーブルやピボットグラフのレポートを簡単に作成して使用できます。

内容

ビジネス インテリジェンスとは

オンライン分析処理 (OLAP) とは

Excel の OLAP 機能

OLAP データ ソースへのアクセスに必要なソフトウェア コンポーネント

OLAP とそれ以外のデータベースの集計元データの機能の相違

ビジネス インテリジェンスとは

ビジネス アナリストは通常、ビジネスの全体像を把握し、集計データに基づいてより大局的な傾向を捉え、こうした傾向をさまざまな数値によって分析する必要があります。ビジネス インテリジェンスとは、OLAP データベースからデータを抽出し、情報に基づいたビジネス上の決定を行い、行動を起こすための基になる情報に関するデータを分析する過程のことです。たとえば、OLAP とビジネス インテリジェンスによって、次のようなビジネス データに関する質問に答えることができます。

  • 2006 年と 2007 年とで全製品の総売上を比較するとどのようになっていますか。

  • 現在の収益性は過去 5 年間の同時期と比較するとどのようになっていますか。

  • 35 歳以上の顧客の昨年の出費はどうでしたか。また、長期的にその傾向はどのように変化しましたか。

  • 2 つの特定の国/地域での今月の製品販売数は、昨年の同じ月に比べてどうでしたか。

  • 顧客を年齢層別に見ると、製品カテゴリごとの収益性 (収益率と売上総額) の内訳はどのようになっていますか。

  • 最上位と最下位の販売員、代理店、メーカー、クライアント、パートナー、顧客を知りたいのですが。

ページの先頭へ

オンライン分析処理 (OLAP) とは

オンライン分析処理 (OLAP) データベースを使用すると、ビジネス インテリジェンスのクエリ処理を簡単に行うことができます。OLAP は、トランザクション処理ではなく、クエリ処理やレポート作成用に最適化されたデータベースの技術です。OLAP データベースの集計元データは、通常データ ウェアハウスに保存されるオンライン トランザクション処理 (OLTP) データベースです。OLAP データは、この履歴データから抽出され、高度な分析を可能にする構造にまとめられます。OLAP データは階層構造にもなっており、テーブルではなくキューブに格納されます。OLAP は、多次元構造によってデータにすばやくアクセスし分析する高度な技術です。この構造によって、ピボットテーブルやピボットグラフのレポートで、国や地域全体の総売上などの概要を表示したり、売上が特に高かったり低かったりする販売拠点の詳細を表示することもできます。

OLAP データベースは、データの取得速度を向上させるために設計されています。集計値の計算は Excel ではなく OLAP サーバーが行うので、レポートを作成または変更するときに Excel に送るデータが少なくて済みます。この方法では、従来のデータベースでデータを編成した場合に比べて大量の集計元データを操作できます。従来のデータベースでは、Excel がすべての個別レコードを取得して、集計値を計算します。

OLAP データベースには次の 2 種類の基本的なデータ型があります。1 つはメジャーで、十分な情報に基づいてビジネス上の決定を行うために使用される、数量と平均を表す数値データです。もう 1 つはディメンションで、メジャーを整理するためのカテゴリを表します。OLAP データベースでは、データ分析用に使い慣れた同一のカテゴリを使用して、多数の詳細レベル別にデータを整理することができます。

次のセクションでは、詳細については、各コンポーネントについて説明します。

キューブ    分析に必要なメジャーを各ディメンションのレベルと階層にまとめたデータ構造です。キューブでは、時間、地域、製品ラインなどの複数のディメンションと、売上や在庫数などの集計データが組み合わせられています。キューブには等しい辺があるわけではないので、厳密に数学的な意味での "キューブ (立方体)" ではありませんが、複雑な概念をうまく表現しています。

メジャー キューブのファクト テーブル内の列を基にし、通常は数値で表されるキューブの値セットです。メジャーは、前処理、集計、分析の対象となるキューブの中心となる値です。一般的な例には、売上、利益、収入、コストがあります。

メンバ   1 つ以上のデータの出現を表す階層内のアイテムです。メンバには一意のものも、そうでないものもあります。たとえば、2007 と 2008 は時間ディメンションの年レベルで一意のメンバを表し、1 月は月レベルで一意でないメンバを表します。これは、2 年以上のデータが保存されている場合は、時間ディメンションに 1 月が複数含まれている可能性があるからです。

集計メンバ 実行時に式を使用して集計される値を持つディメンションのメンバです。集計メンバの値は、他のメンバの値から生成される場合もあります。たとえば、収益という集計メンバは、コストというメンバの値を、売上というメンバの値から減算して導き出すことができます。

ディメンション キューブ内で構成された 1 つ以上のレベルの階層です。ユーザーはこれを把握し、データ分析の基盤にします。たとえば、地域ディメンションには国/地域、都道府県、市などのレベルがあり、時間ディメンションには年、四半期、月、日などのレベルの階層があります。ピボットテーブルやピボットグラフのレポートでは、各階層は、展開したり折りたたんだりして下位または上位のレベルを表示できるフィールド セットになります。

階層 各メンバが 1 つの親メンバと子メンバ (0 個以上) を持つようなディメンションのメンバを構成する論理ツリー構造です。子とは、現在のメンバに直接関連付けられた、階層の次の下位レベルのメンバです。たとえば、四半期、月、日のレベルを含む時間階層で、1 月は第 1 四半期の子になります。親とは、現在のメンバに直接関連付けられた、階層の次の上位レベルのメンバです。親の値は通常、子全体の値の合計になります。たとえば、四半期、月、日のレベルを含む時間階層では、第 1 四半期は 1 月の親になります。

レベル 階層内では、時間階層の年レベル、四半期レベル、月レベル、日レベルなど、上位および下位の詳細レベルにデータを整理できます。

ページの先頭へ

Excel の OLAP 機能

OLAP データの取得    OLAP データ ソースには、他の外部データ ソースと同じ方法で接続できます。OLAP サーバー製品である Microsoft SQL Server OLAP Services バージョン 7.0、Microsoft SQL Server Analysis Services バージョン 2000、および Microsoft SQL Server Analysis Services バージョン 2005 を使って作成したデータベースを Excel で操作できます。また、OLAP の OLE-DB と互換性のある他社の OLAP 製品のデータを Excel で使用することもできます。

ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートとしてのみ、または、ピボット テーブル レポートから変換されたワークシート関数、 外部データ範囲としてではなく、OLAP データを表示できます。レポート テンプレート] で、OLAP ピボット テーブル レポートおよびピボット グラフ レポートを保存することができ、OLAP クエリは、OLAP データベースに接続するのには Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) を作成することができます。ODC ファイルを開くと、レイアウトの準備が空白のピボット テーブル レポートが表示されます。

オフラインで使用するキューブ ファイルを作成します。    OLAP サーバー データベースからデータのサブセットを含むオフライン キューブ ファイル (.cub) を作成できます。ネットワークに接続されていない場合は、OLAP データを操作するには、オフライン キューブ ファイルを使用します。キューブを使用すると、ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポート内のデータの量が多くて処理できる場合は、し、データの取得を高速化します。OLAP プロバイダーなど、Microsoft SQL 分析サービスのサーバー バージョン 2005 では、この機能をサポートするを使用する場合は、キューブ ファイルを作成できます。

サーバー アクション サーバー アクションはオプションですが、OLAP キューブ管理者がサーバー上で定義できる便利な機能です。これによって、キューブのメンバやメジャーをパラメータとしてクエリに取り込み、キューブに詳細を保存したり、ブラウザなどの別のアプリケーションを起動したりできます。Excel では、URL、Report、行セット、ドリル スルー、Expand to Detail などのサーバー アクションがサポートされていますが、Proprietary、Statement、およびデータセットはサポートされていません。詳細については、「ピボットテーブル レポートで OLAP サーバー アクションを実行する」を参照してください。

KPI   KPI は、サーバー上で定義される特別な集計基準です。これによって、ステータス (現在値が特定の数値に一致しているか) および傾向 (時間の経過と共に値がどう変化しているか) などの "主要業績評価指標" を追跡できます。これらのデータが表示されると、サーバーから Excel の新しいアイコン セットに類似する関連アイコンが送信され、上位または下位のステータス レベル (ブレーキ ランプのアイコン) や、値が上下いずれに推移しているか (方向表示の矢印アイコンなど) を示すことができます。

サーバーの書式設定 キューブ管理者がメジャーや集計メンバを作成する際、企業の標準ビジネス ルールとして指定されている色やフォント、条件付き書式などの規則を設定できます。たとえば、利益に関するサーバー書式では、数値形式を通貨に設定し、セルの色は値が 30000 以上の場合は緑色で 30000 未満の場合は赤色、フォント スタイルは値が 30000 未満の場合は太字で 30000 以上の場合は通常に設定できます。詳細については、「ピボットテーブル レポートのレイアウトおよび書式をデザインする」を参照してください。

Office 表示言語 キューブ管理者は、別の言語でピボットテーブルの情報を表示する必要があるユーザーのために、サーバー上のデータやエラーの翻訳を定義できます。この機能はファイル接続プロパティとして定義され、ユーザーのコンピュータの国/地域の設定は表示言語に対応している必要があります。

ページの先頭へ

OLAP データ ソースへのアクセスに必要なソフトウェア コンポーネント

OLAP プロバイダー    Excel の OLAP データ ソースをセットアップするには、次の OLAP プロバイダーのいずれかが必要です。

  • Microsoft OLAP プロバイダー    Excel には、OLAP Services の Microsoft SQL Server バージョン 7.0、Microsoft SQL Server の OLAP Services バージョン 2000 (8.0)、および Microsoft SQL Server の Analysis Services バージョン 2005 (9.0) で作成されたデータベースにアクセスする必要がある、 データ ソース ドライバーおよびクライアント ・ ソフトウェアが含まれています。

  • サード パーティ OLAP プロバイダ    他の OLAP 製品については、ドライバとクライアント ソフトウェアを別途インストールする必要があります。OLAP データの処理用として Excel の機能を使用するには、OLAP 標準の OLE-DB に準拠し、Office プログラムと互換性のある製品が必要です。サード パーティ OLAP プロバイダのインストールと使用方法の詳細については、システム管理者または該当の OLAP 製品のベンダに問い合わせてください。

サーバー データベースとキューブ ファイル    Excel の OLAP クライアント ソフトウェアには、2 つの種類の OLAP データベースへの接続がサポートされています。OLAP サーバー上のデータベースがネットワーク上で利用可能な場合は、直接からソース データを取得できます。OLAP データまたはキューブ定義ファイルが含まれていますオフライン キューブ ファイルがあれば、そのファイルに接続してソース データを取得します。

データ ソース    データ ソースによって、OLAP データベースまたはオフライン キューブ ファイル内のすべてのデータにアクセスできます。OLAP データ ソースの作成後、これを基にしてレポートを作成し、OLAP データをピボットテーブル レポートかピボットグラフ レポートのいずれか、またはピボットテーブル レポートから変換されたワークシート関数の形式で Excel に返すことができます。

Microsoft Query    Microsoft Query を使用すると、Microsoft SQL、Microsoft Access などの外部データベースからデータを取得できます。キューブ ファイルに接続された OLAP ピボットテーブルからデータを取得するために Query を使用する必要はありません。詳細については、「Microsoft Query を使用して外部データを取り出す」を参照してください。

ページの先頭へ

OLAP とそれ以外のデータベースの集計元データの機能の相違

ピボット テーブル レポートおよびピボット グラフ レポートが OLAP ソース データとその他の種類の元データの両方を使用して作業する場合は、いくつかの機能の相違点が表示されます。

データの取得    OLAP サーバーは、レポートのレイアウトが変更されるたびに新規データを Excel に返します。別の種類の外部集計元データでは、すべての集計元データに対して一度にクエリを実行するか、または異なるレポート フィルタ フィールド アイテムを表示する場合にのみクエリを実行するようにオプションを設定できます。さらに、レポートを更新するオプションが他にいくつかあります。

OLAP データベースの集計元データに基づくレポートでは、レポート フィルタ フィールドの設定は利用できません。また、バックグラウンド クエリも、メモリ最適化設定も使用できません。

注: メモリ最適化設定は、OLEDB データ ソースおよびセル範囲に基づくピボットテーブル レポートでも使用できません。

フィールドの種類   Olap 集計元データ、 ディメンションフィールドは、行 (系列)、列 (分類)、またはページ フィールドとしてのみ使用できます。メジャー フィールドは、値フィールドとしてのみ使用できます。他の種類の元データでは、すべてのフィールドをレポートの任意の部分で使用できます。

詳細データへのアクセス    Olap 集計元データでは、サーバーは使用可能な詳細レベルを決定し、サマリーの値を計算する集計値を構成する詳細レコードが利用できない場合があります。サーバーでは、 プロパティ フィールドを表示することができますを提供可能性があります、ただし、します。プロパティのフィールドを持っていない他の種類の元データと、データ フィールドの値およびアイテムの基になる詳細を表示することができますが、データなしでアイテムを表示することができます。

OLAP レポート フィルタ フィールドには、[すべて] アイテムがないことがあり、その場合は、[レポート フィルタ ページの表示] コマンドを使用できません。

アイテムの並べ替え順    OLAP の集計元データの場合は、最初は OLAP サーバーから返された順にアイテムが表示されます。その後、並べ替えたり、手動で再構成したりして順序を変更できます。他の種類の集計元データでは、新規レポート内のアイテムは最初に、アイテム名の昇順で並べ替えて表示されます。

計算    OLAP サーバーでは、レポート用に直接集計値を出力するため、値フィールドの集計方法は変更できません。他の種類の集計元データでは、値フィールドの集計方法を変更し、同じ値フィールドに対して複数の集計方法を使用できます。OLAP データベースの集計元データを使用したレポートでは、集計フィールドや集計アイテムは作成できません。

小計    OLAP データベースの集計元データが含まれるレポートでは、小計に対する集計の方法を変更できません。他の種類の集計元データでは、小計に対する集計の方法を変更することができ、すべての行フィールドおよび列フィールドの小計の表示/非表示を切り替えることができます。

OLAP データベースの集計元データでは、小計と総計を計算する際に、非表示のアイテムを含めたり、除外したりできます。他の種類の集計元データでは、非表示のレポート フィルタ フィールド アイテムを小計に含めることはできますが、既定では他のフィールド内の非表示のアイテムは除外されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×