オンライン分析処理 (OLAP) の概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

オンライン分析処理 (OLAP) は、大規模なビジネス データベースを構成し、ビジネス インテリジェンスをサポートするための技術です。OLAP データベースは 1 つ以上のキューブに分割され、各キューブはデータを取得、解析する方法に合わせてキューブ管理者によって構成および設計されるため、必要なピボットテーブルやピボットグラフのレポートを簡単に作成して使用できます。

この記事の内容

ビジネス インテリジェンスとは何ですか。

オンライン分析処理 (OLAP) とは何ですか。

Excel の OLAP 機能

OLAP データ ソースにアクセスする必要があるソフトウェア コンポーネント

OLAP データと OLAP 以外のソース データの機能の相違点

ビジネス インテリジェンスとは

ビジネス アナリストは通常、ビジネスの全体像を把握し、集計データに基づいてより大局的な傾向を捉え、こうした傾向をさまざまな数値によって分析する必要があります。ビジネス インテリジェンスとは、OLAP データベースからデータを抽出し、情報に基づいたビジネス上の決定を行い、行動を起こすための基になる情報に関するデータを分析する過程のことです。たとえば、OLAP とビジネス インテリジェンスによって、次のようなビジネス データに関する質問に答えることができます。

  • 2006 年と 2007 年とで全製品の総売上を比較するとどのようになっていますか。

  • 現在の収益性は過去 5 年間の同時期と比較するとどのようになっていますか。

  • 35 歳以上の顧客の昨年の出費はどうでしたか。また、長期的にその傾向はどのように変化しましたか。

  • 2 つの特定の国/地域での今月の製品販売数は、昨年の同じ月に比べてどうでしたか。

  • 顧客を年齢層別に見ると、製品カテゴリごとの収益性 (収益率と売上総額) の内訳はどのようになっていますか。

  • 最上位と最下位の販売員、代理店、メーカー、クライアント、パートナー、顧客を知りたいのですが。

ページの先頭へ

オンライン分析処理 (OLAP) とは

オンライン分析処理 (OLAP) データベースを使用すると、ビジネス インテリジェンスのクエリ処理を簡単に行うことができます。OLAP は、トランザクション処理ではなく、クエリ処理やレポート作成用に最適化されたデータベースの技術です。OLAP データベースの集計元データは、通常データ ウェアハウスに保存されるオンライン トランザクション処理 (OLTP) データベースです。OLAP データは、この履歴データから抽出され、高度な分析を可能にする構造にまとめられます。OLAP データは階層構造にもなっており、テーブルではなくキューブに格納されます。OLAP は、多次元構造によってデータにすばやくアクセスし分析する高度な技術です。この構造によって、ピボットテーブルやピボットグラフのレポートで、国や地域全体の総売上などの概要を表示したり、売上が特に高かったり低かったりする販売拠点の詳細を表示することもできます。

OLAP データベースは、データの取得速度を向上させるために設計されています。集計値の計算は Excel ではなく OLAP サーバーが行うので、レポートを作成または変更するときに Excel に送るデータが少なくて済みます。この方法では、従来のデータベースでデータを編成した場合に比べて大量の集計元データを操作できます。従来のデータベースでは、Excel がすべての個別レコードを取得して、集計値を計算します。

OLAP データベースには次の 2 種類の基本的なデータ型があります。1 つはメジャーで、十分な情報に基づいてビジネス上の決定を行うために使用される、数量と平均を表す数値データです。もう 1 つはディメンションで、メジャーを整理するためのカテゴリを表します。OLAP データベースでは、データ分析用に使い慣れた同一のカテゴリを使用して、多数の詳細レベル別にデータを整理することができます。

次のセクションでは、各コンポーネントの詳細について説明します。

キューブ    メジャー レベルと各を分析するディメンションの階層を集計するデータ構造体。キューブは、時刻、地域、および製品の線] などの複数のディメンションを売上または在庫数などの集計データを結合します。キューブは辺が等しいを必ずしもがあるないため「キューブ」など、数学のではできません。ただし、複雑な概念の傾向をメタファいること。

メジャー    キューブのファクト テーブルの列に基づくし、通常は数値型の値であるキューブに含まれる値の集合。メジャーは、前処理、集計、および分析キューブの中心となる値です。一般的な例には、販売、利益、収益、およびコストが含まれます。

メンバー    1 つ以上のデータを表す階層内のアイテム。メンバーは、一意でないもできます。たとえば、2007 と 2008 は時間ディメンションの年レベルで一意のメンバーを表し、1 月ができるため、ある時間ディメンションの月を 1 つ以上の 1 年を超えるデータが含まれている場合、月レベルで一意でないメンバーを表します。

計算メンバー    値が実行時に計算式を使用して、ディメンションのメンバー。[計算されるメンバーの値は、その他のメンバーの値から派生することがあります。たとえば、計算されるメンバー、利益は、メンバー、コスト、販売、メンバーの値からの値を減算して確認できます。

ディメンション    ユーザーが理解し、データ分析のベースとして使用するキューブのレベルの 1 つまたは複数のページの構成の階層のセットです。たとえば、地理ディメンションでは、国/地域、都道府県、市区町村レベルを指定することができます。または、時間ディメンションを年、四半期、月、および日のレベルの階層を含めることがあります。ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートでは、各階層を展開したり折りたたんだりして下位または上位レベルのフィールド セットになります。

階層    各メンバーが 1 つの親のメンバーとゼロには、次のようなディメンションのメンバーを整理する階層または子メンバー。子の現在のメンバーに直接関連する階層を下位レベルのメンバーであります。たとえば、四半期、月、および日のレベルを含む時間階層の 1 月では、第 1 四半期の子にはします。親とは、現在のメンバーに直接関連する階層の上位レベルのメンバーです。親の値はすべての子の値を連結します。たとえば、四半期、月、および日のレベルを含む時間階層を第 1 四半期は 1 月の親します。

レベル    、階層構造内には、時間階層での年、四半期、月、および日レベルなどの詳細のレベルにデータを整理することができます。

ページの先頭へ

Excel の OLAP 機能

取得 OLAP データ    場合は、その他の外部データ ソースと同じようには、OLAP データ ソースに接続することができます。2000、および Microsoft SQL Server Analysis Services バージョン 2005 では、Microsoft OLAP サーバー製品は、Microsoft SQL Server OLAP Services バージョン 7.0 では、Microsoft SQL Server Analysis Services のバージョンで作成されたデータベースを使用することができます。Excel は、サード パーティの OLAP 製品 OLAP の OLE DB と互換性があるとも操作できます。

ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートとしてのみまたはピボット テーブル レポートが変換されたワークシート関数を外部データ範囲ではなく、OLAP データを表示することができます。OLAP ピボット テーブル レポートとピボット グラフ レポートを保存するには、レポート テンプレートのおよび OLAP クエリの OLAP データベースに接続するのには、Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) を作成することができます。ODC ファイルを開くと、Excel のレイアウトに進む準備ができたら、空白のピボット テーブル レポートが表示されます。

オフラインで使用するキューブ ファイルを作成します。    オフライン キューブ ファイル (キューブ) は、OLAP サーバー データベースからのデータのサブセットを作成できます。ネットワークに接続していない場合は、OLAP データを操作するには、オフライン キューブ ファイルを使用します。キューブよりも、大量のピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートでデータを操作して、データの検索をすばやく行うことができます。キューブ ファイルをOLAP プロバイダー] など、Microsoft SQL Analysis Services サーバー バージョン 2005 では、この機能をサポートしているを使用している場合にのみ作成できます。

サーバーのアクション    サーバー アクションは、OLAP キューブ管理者は、キューブのメンバーを使用しているサーバー上の定義または、キューブに詳細を表示する、またはブラウザーなどの別のアプリケーションを起動するをクエリにパラメーターとして測定できるオプションが便利な機能です。Excel の詳細に URL、レポート、行セット、ドリルスルー、および展開をサポートしていますが、独自のステートメント、およびデータセットをサポートしていません。

Kpi    KPI は、"主要業績評価指標"の状態を追跡することができるサーバーで定義されている特別な計算されるメジャー (が現在の値を満たして特定 number?) と傾向 (値は何です time? 経由で)。これらが表示されたら、サーバーでは、新しい Excel アイコンを上または下 (停止簡易アイコン) などのステータス レベルまたはかどうか、値がトレンド分析上または下へ (など、方向の矢印のアイコン) を示す設定に似ています関連のアイコンを送信できます。

サーバーの書式    キューブの管理者は、書式、フォントの書式設定、および企業の標準的なビジネス ルールとして指定することがある条件付き書式ルールの色とメジャーと計算メンバーを作成できます。たとえば、利益のサーバーの形式の値が 30,000 未満の場合の値が 30,000 以上で赤の場合は、緑のセルの色、フォント スタイルは値が 30,000 未満である場合は、太字より大きい場合は、通常の通貨の表示形式を可能性があります。30,000 にします。詳細については、レイアウトと形式のピボット テーブル レポートのデザインを参照してください。

Office の言語を表示します。    キューブの管理者は、別の言語でのピボット テーブルの情報を表示する必要があるユーザーは、サーバーのデータとエラーの翻訳を定義できます。この機能はファイル接続プロパティとして定義され、ユーザーのコンピューターの国/地域の設定が表示言語に対応する必要があります。

ページの先頭へ

OLAP データ ソースへのアクセスに必要なソフトウェア コンポーネント

OLAP プロバイダー    For Excel は、OLAP データ ソースを設定するには次の OLAP プロバイダーの 1 つを必要します。

  • Microsoft OLAP プロバイダー    Excel には、2005年 (Microsoft SQL Server OLAP Services 7.0、Microsoft SQL Server OLAP Services バージョン 2000 (8.0)、および Microsoft SQL Server Analysis Services のバージョンで作成されたデータベースにアクセスする必要があるデータ ソース ドライバーとクライアント ソフトウェアが含まれています。9.0)。

  • サード パーティの OLAP プロバイダー    その他の OLAP 製品ドライバーとクライアント ソフトウェアをインストールする必要があります。OLAP データを操作するため、Excel の機能を使用するには、サード パーティ製品する必要があります OLAP 標準の OLE DB に準拠しているし、Microsoft Office の互換性のあます。インストールして、サード パーティ OLAP プロバイダーを使用する方法については、システム管理者または OLAP 製品の仕入先を参照してください。

サーバー データベースとキューブ ファイル    Excel の OLAP クライアント ソフトウェアは、次の 2 つの種類の OLAP データベースへの接続をサポートしています。OLAP サーバー上のデータベースがネットワークで使用できる場合は、直接から集計元データを取得できます。OLAP データまたはキューブ定義ファイルが含まれているオフライン キューブ ファイルを使っている場合は、そのファイルに接続して、ソースのデータを取得します。

データ ソース    データ ソースは、すべての OLAP データベースまたはオフライン キューブ ファイル内のデータにアクセスできます。OLAP データ ソースを作成した後で、レポートの基し、OLAP データまたはピボット テーブル レポートから変換ワークシート関数、ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートの形式で Excel を返すにできます。

Microsoft Query    Microsoft SQL または Microsoft Access などの外部のデータベースからデータを取得するのにクエリを使用することができます。クエリを使用して、キューブ ファイルに接続されている OLAP ピボット テーブルからデータを取得する必要はありません。詳細については、外部データを取得する Microsoft クエリを使用するを参照してください。

ページの先頭へ

OLAP とそれ以外のデータベースの集計元データの機能の相違

ピボット テーブル レポートと OLAP ソース データと他の種類のソース データからピボット グラフ レポートを使用する場合は、いくつかの機能の相違点が表示されます。

データの取得    OLAP サーバーでは、Excel のレポートのレイアウトを変更するたびに新しいデータを返します。他の種類の外部ソース データを一度にすべてのソース データのクエリまたは別のレポート フィルター フィールドのアイテムを表示するときにのみクエリを実行するためのオプションを設定することができます。レポートを更新するその他のいくつかのオプションもがあります。

OLAP データベースの集計元データに基づくレポートでは、レポート フィルタ フィールドの設定は利用できません。また、バックグラウンド クエリも、メモリ最適化設定も使用できません。

注: メモリを最適化する設定も ole DB データ ソースと、セル範囲に基づくピボット テーブル レポートには使用できません。

フィールドの種類   Olap 集計元データ、 ディメンションフィールドは、(系列)] 行、列 (項目)、またはページ フィールドとしてのみ使用できます。メジャー フィールドは、値フィールドとしてのみ使用できます。他の種類のソース データには、すべてのフィールドは、レポートの任意の部分で使用できます。

詳細データへのアクセス    Olap 集計元データでは、サーバーが使用可能な詳細レベルを決定し、集計値を構成する詳細レコードができない場合がありますので、集計値を計算します。サーバーでは、表示できるプロパティ フィールドただし、提供ことがあります。他の種類のソース データのプロパティ フィールドが、データ フィールドの値と、アイテムの詳細を表示するしていないデータがない項目を表示することができます。

OLAP レポート フィルタ フィールドには、[すべて] アイテムがないことがあり、その場合は、[レポート フィルタ ページの表示] コマンドを使用できません。

初期の並べ替え順序    Olap 集計元データでは、最初に表示される項目順序で OLAP サーバーこれらを返します。[並べ替えまたはアイテムを手動で再配置できます。他の種類のソース データには、新しいレポート内のアイテムは最初項目の名前で昇順で並べ替えられた表示されます。

計算    OLAP サーバーでは、値フィールドの集計方法を変更できないように、レポート用に直接集計値を提供します。他の種類のソース データには、値フィールドの集計方法を変更し、同じ値フィールドに複数の集計関数を使用することができます。OLAP 集計元データをレポートに集計フィールドや集計アイテムを作成することはできません。

小計    OLAP 集計元データをレポートで小計の集計の方法を変更することはできません。集計元データの別の種類では、小計の集計関数を変更し、表示したり、行と列のすべてのフィールドの小計を非表示にすることができます。

OLAP データベースの集計元データでは、小計と総計を計算する際に、非表示のアイテムを含めたり、除外したりできます。他の種類の集計元データでは、非表示のレポート フィルタ フィールド アイテムを小計に含めることはできますが、既定では他のフィールド内の非表示のアイテムは除外されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×