オンライン分析処理 (OLAP) の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

オンライン分析処理 (OLAP) は、大規模なビジネスデータベースを整理し、ビジネスインテリジェンスをサポートするために使用されるテクノロジです。 OLAP データベースは、1つ以上のキューブに分割され、必要なピボットテーブルレポートやピボットグラフレポートを簡単に作成して使用することができるように、キューブ管理者によって、データの取得と分析の方法に合わせて、キューブが編成および設計されています。

この記事の内容

ビジネスインテリジェンスとは

オンライン分析処理 (OLAP) とは何ですか?

Excel の OLAP 機能

OLAP データソースへのアクセスに必要なソフトウェアコンポーネント

OLAP と OLAP 以外のソースデータの機能の違い

ビジネスインテリジェンスとは

ビジネスアナリストは、多くの場合、全体像を把握し、集約されたデータに基づいて広範な傾向を確認し、これらの傾向を任意の数の変数によって表示する必要があります。 ビジネスインテリジェンスとは、OLAP データベースからデータを抽出し、そのデータを分析して、情報に基づいてビジネス上の意思決定を行い、対処するために使用できる情報を分析するプロセスです。 たとえば、OLAP とビジネスインテリジェンスは、ビジネスデータに関する次の種類の質問に答えることができます。

  • 2007のすべての製品の売上合計が2006の売上合計と比較される方法を教えてください。

  • 過去5年間の収益の収益性はどのようにして同じ期間と比較されますか?

  • 35年間のお客様が昨年の年齢を超えて、その動作が時間をかけて変更されたのはどのくらいですか?

  • 今月の同じ月と同じように、特定の国または地域で販売された製品の数は何人ですか?

  • 顧客の年齢グループごとに、製品カテゴリごとの収益性 (利益率と合計の両方) がどのように分類されていますか?

  • 上位および下位の営業担当者、販売業者、ベンダー、クライアント、パートナー、顧客を検索します。

ページの先頭へ

オンライン分析処理 (OLAP) とは何ですか?

オンライン分析処理 (OLAP) データベースは、ビジネスインテリジェンスクエリを容易に行うことができます。 OLAP は、トランザクションを処理するのではなく、クエリとレポート用に最適化されたデータベーステクノロジです。 OLAP のソースデータは、データウェアハウスに一般的に保存されるオンライントランザクション処理 (OLTP) データベースです。 OLAP データは、この履歴データから派生し、高度な分析ができる構造に集約されます。 OLAP データも階層的に整理され、テーブルの代わりにキューブに格納されます。 これは多次元構造を使用する高度なテクノロジであり、分析のためにデータにすばやくアクセスできるようにします。 この組織では、ピボットテーブルレポートまたはピボットグラフレポートを使用して、1つの国または地域全体の売上合計などの概要を表示したり、売上が特に強いまたは脆弱なサイトの詳細を表示したりすることができます。

OLAP データベースは、データの取得速度を向上させることを目的としています。 Microsoft Office Excel ではなく、OLAP サーバーが集計値を計算するため、レポートを作成または変更したときに Excel に送る必要があるデータ量は少なくなります。 この方法では、従来のデータベースにデータを整理し、Excel で個々のレコードをすべて取得して、集計値を計算する場合よりも、大量のソースデータを扱うことができます。

OLAP データベースには、数値データであるメジャーと、情報に基づくビジネス上の意思決定を行うために使用する数量と平均、ディメンションなど、これらのメジャーを整理するために使用するカテゴリの2種類の基本的なデータが含まれています。 OLAP データベースは、データを分析するのと同じカテゴリを使用して、さまざまな詳細レベルでデータを整理するのに役立ちます。

以下のセクションでは、各コンポーネントについてさらに詳しく説明します。

立方体     分析する各ディメンションのレベルと階層によってメジャーを集計するデータ構造。 キューブは、時間、地理、製品ラインなどのさまざまなディメンションを、売上や在庫の数値などの集計データと組み合わせて使用します。 立方体は、厳密には "立方体" ではありません。これは、必ずしも同じ辺を持つわけではありません。 ただし、これらは複雑な概念の apt 比喩です。

指標     キューブのファクトテーブルの列で、通常は数値である、キューブ内の値のセット。 Measures は、前処理、集計、分析の対象となる、立方体の中心値です。 一般的な例として、売上、利益、収益、コストが挙げられます。

属し     1つ以上のデータの出現量を表す、階層内のアイテム。 メンバーは、一意でも、一意でもかまいません。 たとえば、2007と2008は、time ディメンションの year レベルで一意のメンバーを表します。1月は、1年を超えるデータが含まれている場合は、1月が1つ以上あるかのように、"月" ディメンションには複数のメンバーを表すことができます。

計算メンバー     式を使って実行時に値が計算されるディメンションのメンバー。 計算メンバーの値は、他のメンバーの値から派生している可能性があります。 たとえば、計算メンバーの利益は、メンバーの値を減算して、そのメンバーの [Sales] の値から得られます。

ディメンション     ユーザーがデータ分析のベースとして理解し、使用する、キューブ内の1つ以上のレベルの階層の集まり。 たとえば、地理ディメンションには、国/地域、都道府県/州、市区町村のレベルが含まれている場合があります。 または、time ディメンションには、年、四半期、月、日のレベルの階層を含めることができます。 ピボットテーブルレポートまたはピボットグラフレポートでは、各階層が、下位または上位レベルを表示するために展開したり折りたたんだりできるフィールドのセットになります。

階層構造     各メンバーが1つの親メンバーと0以上の子メンバーを持つようなディメンションのメンバーを整理する論理ツリー構造。 子は、現在のメンバーに直接関連している階層内の次の下位レベルのメンバーです。 たとえば、四半期、月、日のレベルを含む Time 階層では、1月が四半期の子になります。 親は、現在のメンバーに直接関係する、階層内の次の上位レベルのメンバーです。 通常、親の値は、そのすべての子の値を統合したものです。 たとえば、四半期、月、日のレベルを含む Time 階層では、四半期は1月の親です。

     階層内では、年、四半期、月、日のレベルなど、より詳細なレベルでデータを整理できます。

ページの先頭へ

Excel の OLAP 機能

OLAP データを取得する     他の外部データソースと同じように、OLAP データソースに接続できます。 Microsoft sql server OLAP Services バージョン7.0、microsoft sql server analysis services バージョン2000、および 2005 microsoft OLAP サーバー製品で作成されたデータベースを操作することができます。 Excel は、OLE DB for OLAP と互換性のあるサードパーティの OLAP 製品とも使用できます。

OLAP データは、ピボットテーブルレポートまたはピボットグラフレポートとして、またはピボットテーブルレポートから変換されたワークシート関数としてのみ表示できますが、" z0z_" として表示することはできません。 Olap のピボットテーブルレポートとピボットグラフレポートはレポートテンプレートに保存できます。また、Office データ接続 (odc) ファイル (.odc) を作成して、olap クエリの OLAP データベースに接続することもできます。 ODC ファイルを開くと、空のピボットテーブルレポートが表示されます。これにより、レイアウトを指定できます。

オフラインで使用するためのキューブファイルを作成する     OLAP サーバーデータベースからのデータのサブセットを使用して、オフラインキューブファイル (.cub) を作成できます。 オフラインキューブファイルを使用して、ネットワークに接続していないときに OLAP データを操作します。 キューブを使用すると、ピボットテーブルレポートまたはピボットグラフレポートで、他の方法ではなく、より多くのデータを処理して、データの取得速度を向上させることができます。 キューブファイルを作成できるのは、この機能をサポートしている Microsoft SQL Analysis Services Server バージョン2005などの、1 z0z_を使用している場合のみです。

サーバーの操作     サーバーアクションは、キューブメンバーまたはメジャーをクエリに追加して、キューブの詳細を取得したり、ブラウザーなどの別のアプリケーションを起動したりするためのパラメーターとして、OLAP キューブ管理者が定義できる便利な機能です。 Excel では、URL、レポート、行セット、ドリルスルー、詳細サーバーアクションの拡張がサポートされていますが、独自の機能、ステートメント、データセットはサポートされていません。

Kpi     KPI は、"主要業績評価指標" (現在の値が特定の数値を満たしているかどうか) を追跡できるようにサーバー上で定義される特別な計算メジャーです。 傾向 (時間に基づく値)。 このように表示された場合、サーバーは、新しい Excel アイコンセットのような関連アイコンを送信して、ステータスレベルの上または下 (停止ライトアイコンなど) を示すことができます。また、値の傾向が上下になるか (方向矢印アイコンなど)。

サーバーの書式設定     キューブ管理者は、企業標準のビジネスルールとして指定できる、色の書式設定、フォントの書式設定、条件付き書式のルールを使用して、メジャーと計算メンバーを作成することができます。 たとえば、利益のサーバー形式は、通貨の数値の形式である場合があり、値が3万以上である場合は緑の値、3万より小さい場合は赤の色、値が3万より小さい場合は標準の値、それより大きい場合は標準のフォントスタイルを使用することができます。3万以上 詳細については、「ピボットテーブルレポートのレイアウトと書式をデザインする」を参照してください。

Office の表示言語     キューブ管理者は、別の言語でピボットテーブル情報を表示する必要があるユーザーのために、サーバー上のデータとエラーの翻訳を定義できます。 この機能は、ファイル接続プロパティとして定義され、ユーザーのコンピューターの国または地域の設定が表示言語に対応している必要があります。

ページの先頭へ

OLAP データソースへのアクセスに必要なソフトウェアコンポーネント

OLAP プロバイダー     Excel の OLAP データソースをセットアップするには、次の OLAP プロバイダーのいずれかが必要です。

  • Microsoft OLAP プロバイダー     Excel には、Microsoft SQL Server OLAP Services バージョン7.0 を使用して作成されたデータベースへのアクセスに必要なz0z_およびクライアントソフトウェアが含まれています。 Microsoft sql Server olap services バージョン 2000 (8.0) および Microsoft Sql Server Analysis services バージョン 2005 (9.0)。

  • サードパーティの OLAP プロバイダー     その他の OLAP 製品の場合は、ドライバーとクライアントソフトウェアを追加インストールする必要があります。 OLAP データを操作するための Excel 機能を使用するには、サードパーティ製の製品が、OLE DB for OLAP standard に準拠しており、Microsoft Office と互換性がある必要があります。 サードパーティの OLAP プロバイダーのインストールと使用については、システム管理者または OLAP 製品のベンダーにお問い合わせください。

サーバーデータベースとキューブファイル     Excel OLAP クライアントソフトウェアでは、2種類の OLAP データベースへの接続がサポートされています。 使用しているネットワークで OLAP サーバー上のデータベースを利用できる場合は、そのデータベースからソースデータを直接取得できます。 OLAP データまたはz1z_ファイルが含まれている _ 0 z_を使っている場合は、そのファイルに接続してソースデータを取得することができます。

データ ソース     データソースを使用すると、OLAP データベースまたはオフラインキューブファイル内のすべてのデータにアクセスできます。 OLAP データソースを作成した後は、そのデータソースを基にしてレポートを作成し、ピボットテーブルレポートまたはピボットグラフレポートの形式で OLAP データを Excel に返すことができます。また、ピボットテーブルレポートから変換されたワークシート関数を使用することもできます。

Microsoft Query     Query を使って、Microsoft SQL や Microsoft Access などの外部データベースからデータを取得することができます。 キューブファイルに接続されている OLAP ピボットテーブルからデータを取得するためにクエリを使用する必要はありません。 詳細については、「 Microsoft Query を使用して外部データを取得する」を参照してください。

ページの先頭へ

OLAP と OLAP 以外のソースデータの機能の違い

OLAP のレポートとピボットグラフレポートを OLAP の両方で使用している場合は、いくつかの機能の違いがわかります。

データの取得     レポートのレイアウトを変更するたびに、OLAP サーバーから Excel に新しいデータが返されます。 他の種類の外部ソースデータを使用する場合は、一度にすべてのソースデータを照会するか、または別のレポートフィルターフィールドアイテムを表示する場合にのみクエリのオプションを設定することができます。 レポートの更新については、他にもいくつかのオプションがあります。

OLAP 集計元データに基づくレポートでは、レポートフィルターフィールドの設定は使用できず、バックグラウンドクエリは使用できず、[メモリの最適化] 設定は使用できません。

注: [メモリの最適化] 設定は、OLE DB データソースおよびセル範囲に基づくピボットテーブルレポートについても使用できません。

フィールドの種類    OLAP のソースデータ ( z0z_ ) フィールドは、行 (系列)、列 (カテゴリ)、またはページフィールドとしてのみ使用できます。 Measure フィールドは値フィールドとしてのみ使用できます。 他の種類の集計元データについては、すべてのフィールドをレポートのどの部分でも使用できます。

詳細データへのアクセス     OLAP のソースデータの場合、サーバーは使用可能な詳細レベルを決定し、集計値を計算するため、概要値を構成する詳細レコードを使用できない可能性があります。 ただし、サーバーは、表示可能なz0z_を提供している場合があります。 その他の種類のソースデータにはプロパティフィールドはありませんが、データフィールド値とアイテムの基になる詳細を表示したり、データのないアイテムを表示したりすることができます。

OLAP レポートフィルターフィールドには、すべてのアイテムが含まれていない可能性があります。 [レポートフィルターページの表示] コマンドは使用できません。

最初の並べ替え順序     OLAP 集計元データの場合、アイテムは OLAP サーバーによって返される順序で最初に表示されます。 次に、項目を並べ替えたり、手動で並べ替えることができます。 その他の種類のソースデータの場合、最初に新しいレポートの項目が項目名の昇順で並べ替えられます。

計算     OLAP サーバーでは、レポート用に直接集計値が提供されるため、値フィールドの集計関数を変更することはできません。 その他の種類の集計元データでは、値フィールドの集計関数を変更して、同じ値フィールドに対して複数の集計関数を使うことができます。 OLAP 集計元データを使用して、レポートに集計フィールドや集計アイテムを作成することはできません。

小計     OLAP 集計元データを含むレポートでは、小計の集計関数を変更することはできません。 他の種類の集計元データを使用すると、小計の集計関数を変更し、すべての行フィールドと列フィールドの小計を表示または非表示にすることができます。

OLAP 集計元データの場合、小計と総計を計算するときに非表示のアイテムを含めたり、除外したりすることができます。 他の種類の集計元データについては、非表示のレポートフィルターフィールドのアイテムを小計に含めることができますが、既定では、他のフィールドの非表示のアイテムは除外されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×