オリジナル誕生日カードを作って、メールで送ろう (2)

この記事は以下の 2 ページから構成されています。

  1. オリジナルの誕生日カードを作ろう

    デザイン文字と、誕生日向けの画像を挿入する

    挿入したデザイン文字や画像をレイアウトする

  2. カードの送信日時を予約しよう (このページ)

    送信日時と配信 / 開封確認を設定する

    メールが配信 / 開封されたことを確認する


カードの送信日時を予約しよう

Outlook には、メールの送信日時を指定する機能があります。また、メールが正しく配信されたかどうか、相手がメールを開封したかどうかを確認する機能も用意されています。

送信日時と配信 / 開封確認を設定する

ここでは、作成したオリジナルの誕生日カードのメールが、誕生日の朝 7 時に相手に送信されるよう、送信日時を設定しましょう。

また、そのメールの配信や開封が確認できるよう設定しましょう。

ヒント 配信確認と開封確認の違い

"配信確認" は、送信相手のメールサーバーにメールが届けられたことを教えてくれるものです。ですので、そのメールを相手が開いたかどうかまではわかりません。

"開封確認" は、送信相手に "メールを開いたことを教えてください" と依頼する機能です。相手がそれを了解すれば、開封した旨のメールが戻ってきます。

  1. [オプション] タブの [配信タイミング] をクリックします。

    [配信タイミング] をクリック

    [プロパティ] ウィンドウが表示されます。

  2. まず、送信日時を指定しましょう。[指定日時以降に配信] チェック ボックスをオンにして、配信日時を指定します。

    [指定日時以降に配信] チェック ボックス
  3. 次に、配信と開封の確認を設定しましょう。[配信済みメッセージを受け取る] と [開封済みメッセージを受け取る] チェック ボックスをオンにします。

    [配信済みメッセージを受け取る] と [開封済みメッセージを受け取る] チェック ボックス
  4. 設定が終わったら、[閉じる] をクリックします。

    この後は、通常の送信操作を行ってください。メールは配信日時まで [送信トレイ] に残り、指定した日時に相手にメールが送信されます。

    ヒント 送信日時を指定せず、配信確認と開封確認のみを行う場合

    メールはすぐに送信する (送信日時を指定しない) が、配信確認や開封確認は行いたい、という場合は、[オプション] タブの [配信確認の要求] や [開封確認の要求] チェックボックスをオンにしても設定できます。

    [配信確認の要求] と [開封確認の要求] チェックボックス

ページの先頭へ

メールが配信 / 開封されたことを確認する

指定した日時にメールが配信されると、メールが [送信済みアイテム] に移動し、配信済みのマーク 配信済みマーク が表示されます。

配信済みマークの表示

また、送信相手がメールを開封し、かつ開封確認の送信を了解すると、次のようなメッセージが [受信トレイ] に届きます (相手が使用しているメールソフトによって、内容が異なります)。

開封確認の受信

ヒント 開封済みメッセージが戻ってこないのはなぜ ?

送信相手のメールソフトの設定によっては、開封しても、開封済みメッセージが戻ってこないことがあります。また、相手が開封済みメッセージの送信をキャンセルしてしまった場合も、メッセージが戻りません。


ヒント 開封確認付きのメールを受信したときは

自分が開封確認付きのメールを受信したときは、メールを開くと、次のようなメッセージが表示されます。

開封確認メッセージの送信確認

[はい] をクリックすると、相手に開封済みを知らせるメッセージが送信されます。

ページの先頭へ


<<前へ|12

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×