オプション ボタンのグループを挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーが限定されたオプションのセットから 1 つの選択肢を選択できるようにする場合は、Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートに複数のオプション ボタンを挿入できます。

この記事の内容

オプション ボタンのグループを使用する場合

ユーザー側の操作

オプション ボタンのグループを挿入する

レイアウトに関するヒント

オプション ボタンのグループを使用する場合

少数の関連するが相互に排他的な選択肢をユーザーに提示するには、フォーム テンプレートでオプション ボタンのグループを使用します。

次の図では、社員とマネージャが業績評価フォームでオプション ボタンをクリックして業績を評価します。各セクションで、ユーザーはボタンを 1 つだけクリックすることができます。

[業績評価] フォームのオプション ボタン

ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームを開いたときに、既定ではどのオプション ボタンもクリックされていません。ユーザーがフォームを開いたときにいずれかのオプション ボタンが選択された状態にする場合は、そのオプション ボタンについて、[オプション ボタンのプロパティ] ダイアログ ボックスの [既定でこのボタンを選択する] チェック ボックスをオンにします。

関連コントロール

InfoPath には、オプション ボタンに似ているが、目的の異なるコントロールがあります。フォーム テンプレートに最適なコントロールを判断するには、次の一覧を参照してください。

チェック ボックス    オプション ボタンと同様に、チェック ボックスはオンとオフのいずれかのオプションをサポートします。異なる点は、チェック ボックスが、通常、"はい" と "いいえ" の意思決定や排他的ではない選択肢として使用されることです。

リスト ボックス    オプション ボタンのグループと同様に、リスト ボックスでは、ユーザーはフォームで複数のオプションから選択することができます。ただし、リスト ボックスでは、ユーザーは小さな円をクリックするのではなく、リスト内の項目をクリックして選択します。

ページの先頭へ

ユーザー側の操作

ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときには、オプション ボタンは小さな円で表示され、その横にラベルが表示されます。ユーザーがいずれかのボタンをクリックすると、円の中央に点が表示されます。オプション ボタンのセットでは、選択できるボタンは 1 つだけです。

ページの先頭へ

オプション ボタンのグループを挿入する

オプション ボタンのグループを挿入する手順は、新しい空白のフォーム テンプレートをデザインするか、データベースやその他の外部データ ソースに基づいてフォーム テンプレートをデザインするかによって、若干異なります。

次の図は、デザイン モードでオプション ボタンを選択したときのオプション ボタンの表示を示しています。

デザイン モードの 3 つのオプション ボタン - 最初のボタンが選択されている

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォーム テンプレートのデータ ソースは、フィールドとデータ ソース] 作業ウィンドウでの階層ビューに表示されるグループで構成されます。各オプション ボタンは、データ ソースの同じフィールドにバインドされます。ユーザーは、オプション ボタンをクリックすると、そのオプション ボタンに関連付けられている値フィールドに保存されます。次の例、 123、およびなし] オプション ボタンはすべてフィールドにバインドemployeeScore [データ ソース] 作業ウィンドウにします。

フォーム テンプレート上のオプション ボタンのグループとデータ ソース内の対応するフィールドの関係

新しい空白のフォーム テンプレートにオプション ボタンのグループを挿入する

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] ボックスの一覧の [オプション ボタン] をクリックします。

  4. [オプション ボタンの挿入] ダイアログ ボックスで、挿入するボタンの数を入力して、[OK] をクリックします。

  5. オプション ボタンがクリックされたときにデータ ソースに格納される値を変更するには、値を変更するオプション ボタンをダブルクリックし、[データ] タブをクリックします。次に、[クリック時の値] ボックスに目的の値を入力します。

    注: 既定では、グループ内の最初のオプション ボタンをクリックすると値 "1" が、2 番目をクリックすると値 "2" がそれぞれ保存されます (以下同様です)。

  6. フォーム テンプレートで、各オプション ボタンのラベルのプレースホルダ テキストを独自のテキストに置き換えます。

既存のデータ ソースに基づくフォーム テンプレートにオプション ボタンのグループを挿入する

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースから [データ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオでは、フォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウからフィールドをドラッグして、[コントロール] 作業ウィンドウからのオプション ボタンのグループを挿入すると、代わりに、次の手順で説明したように、またはオプション ボタンのグループを挿入できます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] ボックスの一覧の [オプション ボタン] をクリックします。

  4. [オプション ボタンのバインド] ダイアログ ボックスで、オプション ボタンのデータを格納するフィールドを選択し、[OK] をクリックします。

    注: オプション ボタンを繰り返しフィールドにバインドする場合、オプション ボタンは繰り返しテーブルや繰り返しセクションなどの繰り返しコントロール内に挿入する必要があります。

  5. [オプション ボタンの挿入] ダイアログ ボックスの [挿入するオプション ボタンの数] ボックスに、挿入するオプション ボタンの数を入力し、[OK] をクリックします。

  6. オプション ボタンがクリックされたときにデータ ソースに格納される値を変更するには、値を変更するオプション ボタンをダブルクリックし、[データ] タブをクリックします。次に、[クリック時の値] ボックスに目的の値を入力します。

    注: 既定では、グループ内の最初のオプション ボタンをクリックすると値 "1" が、2 番目をクリックすると値 "2" がそれぞれ保存されます (以下同様です)。指定できる値は、オプション ボタンがバインドされているフィールドのデータ型によって異なります。

  7. InfoPath では、グループ内の各オプション ボタンのラベルとしてフィールドの名前が使用されます。フォーム テンプレートで、各オプション ボタンのプレースホルダ テキストを独自のテキストに置き換えます。

    ヒント: [データ ソース] 作業ウィンドウを使用して、コントロールを挿入することもできます。[データ ソース] 作業ウィンドウで、オプション ボタンをバインドするフィールドをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [オプション ボタン] をクリックします。

ページの先頭へ

レイアウトに関するヒント

オプション ボタンのグループの外観、サイズ、およびその他の点を微調整するには、次のヒントを参照してください。

  • 一度に複数のオプション ボタンのサイズを変更するには、サイズを変更するオプション ボタンを選択し、Alt キーを押しながら Enter キーを押します。次に、[サイズ] タブをクリックし、必要な調整を行います。

  • 見やすくするために、オプション ボタンの前に説明のテキストを追加したり、ボタンのグループの周囲に罫線を追加したり、ボタンの背景に網かけを追加したりできます。この作業を行うための最適な方法は、フォーム テンプレート上の空のセクションにオプション ボタンを挿入することです。このセクションを選択し、[表示形式] メニューの [罫線と網かけの設定] をクリックし、必要な調整を行います。

  • 余白の設定を使用して、各オプション ボタンの周囲のスペースを調整します。

  • タブ オーダーは、ユーザーが Tab キーを押したときにカーソルのフォーカスが移動する順序です。オプション ボタンの場合、ユーザーが Tab キーを押すと、グループ内の最初のオプション ボタン (オプション ボタンを何も選択していない場合) または最後の選択したオプション ボタンにフォーカスが移動します。続けて Tab キーを押しても、残りのオプション ボタンはスキップされ、タブ オーダーで設定されている次のコントロールにフォーカスが移動します。ユーザーは方向キーを使用してボタンを順に移動できますが、Tab キーを使用してフォーカスを移動できるようにすることも可能です。この場合は、[オプション ボタンのプロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブで [タブ移動順] の設定を変更して、タブ オーダーを手動で調整します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×