オブジェクト ライブラリを Visual Basic プロジェクトに追加する

別のアプリケーションのオブジェクトを選んでコード内で使用できるようにするために、そのアプリケーションのオブジェクト ライブラリへの参照を設定することができます。

  1. [ツール] メニューの [参照設定] をクリックします。

  2. [使用できる参照] で、Visual Basic プロジェクトで使えるようにするオブジェクト ライブラリのチェック ボックスをオンにします。

    注: コンパイル時間を短縮するには、Visual Basic プロジェクトで使わないオブジェクト ライブラリのチェック ボックスをオフにする必要があります。

  3. オブジェクト ライブラリにアクセスする順序を設定するには、[使用できる参照] でオブジェクト ライブラリを選び、[優先度] をクリックすると、そのオブジェクト ライブラリを上または下へ移動できます。

  4. 他のオブジェクト ライブラリを [使用できる参照] に追加するには、[参照] をクリックしてから、使用するオブジェクト ライブラリを見つけます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×