オブジェクト キャッシュを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オブジェクト キャッシュはシステム内部で使用され、サイト、ページ レイアウト、およびページのプロパティを格納して、ページのレンダリング性能を向上します。オブジェクト キャッシュにより、Web サーバーと SQL データベース間のトラフィック量が軽減されます。結果として、以前に表示したページの処理速度が上がり、クライアント側に配信できるページ数が増加します。

サイト コレクションでオブジェクト キャッシュを最大限に活用するには、次のいくつかの項目を設定します。

  • オブジェクト キャッシュのサイズ

    大容量のサイトの場合は大きなキャッシュ サイズを指定すると処理速度が向上しますが、各フロントエンド Web サーバーに必要なメモリ容量は増加します。

  • クロス リスト クエリの実行時にサーバーの更新内容を確認するかどうか

    クロス リスト クエリは、複数のリストまたはライブラリを問い合わせてコンテンツを抽出および表示します。Web パーツの中には、複数のリストやライブラリのアイテムを表示するものがあります (特にコンテンツ クエリ Web パーツ)。クロス リスト クエリを実行するたびにサーバー上の更新内容を確認するか、キャッシュのデータからクエリ結果を読み込む期間 (秒数) を指定することができます。キャッシュを使用すると、特にクロス リスト クエリが多用されているサイト コレクションの場合は、処理速度が向上します。

  • 要求された情報よりも多くの結果を取得するための乗数

    指定された乗数に従って、クライアントから要求されたすべての情報がクロス リスト クエリによって抽出され、いくつかの有効な結果セットが配信されます。

[オブジェクト キャッシュの設定] ページで、個々のサーバーまたはサーバー ファーム全体のオブジェクト キャッシュとディスク ベースのキャッシュの両方をリセット (フラッシュ) することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

オブジェクト キャッシュを構成します。

オブジェクト キャッシュまたはディスク ベースのキャッシュをフラッシュします。

オブジェクト キャッシュを設定する

  1. サイトの操作] メニューの [ ボタン イメージ で、[サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイト コレクションの管理] の [サイト コレクションのオブジェクト キャッシュ] をクリックします。

  3. [オブジェクト キャッシュ サイズ] セクションで、オブジェクト キャッシュで使用するメモリ容量 (MB 単位) を入力します。

  4. [クロス リスト クエリのキャッシュの変更] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • コンテンツが頻繁に更新される場合に、できる限り正確なクエリ結果を表示するには、[クロス リスト クエリを実行するたびにサーバー上の変更を確認する] を選択します。

    • キャッシュから情報を読み込んで処理速度を向上することで、クエリ結果の精度が多少下がっても問題ないサイト コレクションの場合は、[キャッシュされたクロス リスト クエリの結果を一定時間使用する] を選択します。

  5. [クロス リスト クエリの結果の乗数] セクションで、結果の乗数として使用する 1 ~ 10 の数値を入力します。

    サイト コレクション内の多数のリストやサイトに固有のセキュリティ権限が適用されている場合は、大きい数値を入力します。各リストやサイトに固有の権限が適用されていないサイト コレクションの場合は、小さい数値を入力します。乗数として小さい値を指定すると、各クエリの実行時のメモリ消費量が少なくなります。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

オブジェクト キャッシュまたはディスク ベースのキャッシュをフラッシュする

  1. サイトの操作] メニューの [ ボタン イメージ で、[サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイト コレクションの管理] の [サイト コレクションのオブジェクト キャッシュ] をクリックします。

  3. [オブジェクト キャッシュのリセット] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のサーバーのオブジェクト キャッシュをフラッシュする場合は、[オブジェクト キャッシュをフラッシュする] チェック ボックスをオンにします。

    • ファーム内の全サーバーのオブジェクト キャッシュをフラッシュする場合は、[ファーム内のすべてのサーバーでオブジェクト キャッシュのフラッシュを強制する] チェック ボックスをオンにします。

      上記のいずれかまたは両方のチェック ボックスをオンにすると、該当するオブジェクト キャッシュ内のすべてのエントリが、[OK] をクリックした後にすぐにフラッシュされます。チェック ボックスをオフにした場合は、アイテムのタイムアウト時またはサイト内での変更時に基づいて、キャッシュ内でアイテムの有効期限が管理されます。

  4. [ディスク ベースのキャッシュのリセット] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のサーバーのディスク ベースのキャッシュをリセットする場合は、[このサーバーでディスク ベースのキャッシュのリセットを強制する] チェック ボックスをオンにします。

    • すべてのサーバーのディスク ベースのキャッシュをリセットする場合は、[ファーム内のすべてのサーバーでディスク ベースのキャッシュのリセットを強制する] チェック ボックスをオンにします。

      上記のいずれかまたは両方のチェック ボックスをオンにすると、該当するディスク キャッシュ内のすべてのエントリが、[OK] をクリックした後にすぐにフラッシュされます。チェック ボックスをオフにした場合は、ディスク キャッシュはそのまま維持され、サイト内でのアイテムの変更時やディスク サイズの超過時にアイテムを削除する方法で、アイテムの有効期限が管理されます。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×