オブジェクトタブの表示と非表示を切り替える

既定では、テーブル、フォーム、レポート、クエリなどの開いているオブジェクトを操作するためのタブが Access されます。 開いているオブジェクト間を移動するには、タブを選択します。 タブには、開いているオブジェクトが表示され、アクセスできる状態になります。 従来の方法を使用する場合でも、重なり合っているウィンドウでオブジェクトを表示できます。

この記事の内容

タブを使用して、開いているオブジェクトの間を移動する

オブジェクトタブまたはウィンドウを重ねて選ぶ

オブジェクトタブの表示と非表示を切り替える

タブを使用して、開いているオブジェクトの間を移動する

  1. タブを選択して、オブジェクトを表示します。

    "閉じる" コマンド X を使用したタブ

    アクティブなタブは、非アクティブなタブよりも薄い色です。

  2. オブジェクトを再配置するには、タブを新しい場所にドラッグアンドドロップします。

  3. タブを右クリックして、オブジェクトを保存するか、ビューを切り替えます。

  4. オブジェクトを閉じるには、タブ上の [ X ] をクリックします。 すべてのオブジェクトを閉じるには、タブを右クリックし、[すべて閉じる] を選択します。

  1. タブを選択して、オブジェクトを表示します。

    閉じるコマンド X のないタブ

  2. タブを右クリックして、ビューの保存、終了、または切り替えを行います。

オブジェクトタブまたはウィンドウを重ねて選ぶ

オブジェクトタブ (タブ付きドキュメントとも呼ばれます) を使用するか、ウィンドウをメソッドとして重ねて、ドキュメントウィンドウにオブジェクトを表示することができます。 オブジェクトタブは既定の方法です。 以前のバージョンの Access では、重なったウィンドウにオブジェクトが表示され、そのオプションは引き続き使用できます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [ Access のオプション] ダイアログボックスで、[カレントデータベース] を選択します。

  3. [アプリケーションオプション] セクションの [ドキュメントウィンドウオプション] で、次のいずれかの操作を行います。

    • [タブ付きドキュメント] を選択します。

    • [ウィンドウを重ねて] を選択します。 このオプションをオンにすると、Access では [ドキュメントタブを表示する] チェックボックスが自動的にオフになります。

  4. 設定を有効にするには、データベースを閉じてからもう一度開きます。

オブジェクトタブの表示と非表示を切り替える

タブ付きドキュメントを使ってデータベースの外観をカスタマイズする場合は、オブジェクトタブの表示と非表示を切り替えることができます。 場合によっては、タブを非表示にしたり、デザインの邪魔になったりすることがあります。そのため、タブを非表示にすることをお勧めします。 たとえば、ユーザー設定フォームに一連のボタンを作成したり、ナビゲーションフォームを使用して、ユーザーがデータベースを移動できるようにします。 タブを非表示にした場合、Access は [閉じる] ボタン (X) を提供しません。 オブジェクトを閉じるための独自のボタンを追加したり、ユーザーに CTRL キーを押しながら F4 キーを押すように指示したりすることが必要な場合があります。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [ Access のオプション] ダイアログボックスで、[カレントデータベース] を選択します。

  3. [アプリケーションオプション] セクションで、[ドキュメントタブを表示する] チェックボックスをオンまたはオフにします。

  4. この設定を有効にするには、データベースを閉じてからもう一度開きます。

タブを非表示にして、複数のオブジェクトを開いて切り替えたい場合は、ナビゲーションウィンドウを使用できます。 詳細については、「ナビゲーションウィンドウを使用してオブジェクトを表示および管理する」を参照してください。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×