オブジェクトを書式設定する (代替テキスト)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office ドキュメントで、図形、図、グラフ、表、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトの代替テキスト (alt text) を作成できます。別のテキストでは、スクリーン リーダーでのユーザーの写真の内容を理解するのに役立ちます。スクリーン リーダーを使用して文書を表示する、またはHTML DAISY (デジタルのアクセシビリティの高い情報システム) などのファイル形式に保存すると、ほとんどのブラウザーで、画像の上にマウス ポインターを移動するときに代替テキストが表示されます。

注: 複雑なグラフや表がない限り、通常は [説明] ボックスにのみテキストを入力します。複雑なコンテンツがある場合は、[タイトル] フィールドにも入力し、詳しい説明は必要に応じて参照できるようにします。

説明

このボックスには、図形、図、グラフ、表、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトの説明を入力します。このボックスへの入力は必須です。

タイトル

このボックスには、簡単な要約を入力します。[説明] ボックスに詳細な説明や長い説明を入力した場合にのみ、このボックスを使います。

たとえば、2010 年の毎月のカモの数を示す表があるとします。[タイトル] ボックスの内容は "2010 年のカモの数を示す表" などになるでしょう。また、[説明] ボックスには、"2010 年の月別のカモの数を示すデータです。3 月にはマガモの数が 30% 増加し、1 月から 6 月にかけては一貫して 5% ずつ増加しています。8 月から 2 か月連続で、ペンギンの数がまったく増加しないという異例の事態もありました。" のように入力できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×