オブジェクトの書式設定 ([3-D 書式] ウィンドウ)

ドキュメントの線、図形、グラフ、SmartArt グラフィック、画像に適用される 3 次元 (3-D) 効果をカスタマイズするには、[オブジェクトの書式設定] ダイアログ ボックスのオプションを使います。

ダイアログ ボックスを移動して、図形とダイアログ ボックスの両方を同時に表示できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  • このダイアログ ボックスのオプションを変更すると、図形またはテキストに変更が直ちに適用されるので、ダイアログ ボックスを閉じることなく、SmartArt グラフィック や図形への変更の影響を確認できます。ただし、変更はすぐに適用されるので、このダイアログ ボックスでは [キャンセル] をクリックできません。変更を削除するには、削除する各変更のクイック アクセス ツール バーの [元に戻す] [元に戻す] ボタン をクリックする必要があります。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションを変更していない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに対して行った複数の変更を一度に元に戻すことができます。

面取り

面取りは、図形の上または下の境界に適用される 3 次元エッジ効果です。エッジが浮き上がって強調された外観になります。

     図形の上端に面取りエッジを適用するには、[] 額縁上部のボタン をクリックして、選ぶオプションをクリックします。[] または [] のエッジ種類を選ぶと、カスタマイズしない限り、対応する幅と高さの値が自動的に変更されます。

    上部エッジの幅を指定するには、ボックスに値を入力します。

高さ    上部エッジの高さを指定するには、ボックスに値を入力します。

    図形の下端に面取りエッジを適用するには、[] [面取り: 下] ボタン をクリックして、必要なオプションをクリックします。[] または [] のエッジ種類を選ぶと、カスタマイズしない限り、対応する幅と高さの値が自動的に変更されます。

    下部エッジの幅を指定するには、ボックスに値を入力します。

高さ    下部エッジの高さを指定するには、ボックスに値を入力します。

奥行き

奥行きは、図形の画面からの距離です。

    奥行きの色を変更するには、[] ボタン イメージ をクリックして、目的の色をクリックします。[テーマの色] にない色に変更するには、[その他の色] をクリックして、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色を混ぜ合わせます。ユーザー設定の色および [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

奥行き    奥行きを指定するには、ボックスに値を入力します。

輪郭

輪郭とは、図形に適用される浮き出し枠線です。

    輪郭の色を変更するには、[] ボタン イメージ をクリックして、目的の色をクリックします。[テーマの色] にない色に変更するには、[その他の色] をクリックして、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色を混ぜ合わせます。ユーザー設定の色および [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

サイズ    輪郭の幅を指定するには、ボックスに値を入力します。

表面

反射のハイライトを変更して図形の外観を変更するには、[質感] の選択肢を使います。反射のハイライトを使うと、オブジェクトの光沢を増減できます。

質感     質感を使うと、図形に曇ったような効果、プラスチックのような効果、金属のような効果、半透明のような効果を設定できます。図形の表面での光の作用を指定するには、このボタンをクリックして、目的のオプションを選びます。

以下では [質感] の選択肢を簡単に説明します。

標準

つや消し     反射のハイライトはなく、とても "平板な" 結果になります。

つや消し (明るめ)     反射のハイライトがある程度あり、図形の表面はプラスチックより柔らかい外観になります。

プラスチック     鮮明な白い反射のハイライトがあり、図形の表面が光沢のあるプラスチックのような外観になります。

メタル     反射のハイライトは材質のベースの色の一部と一致し、図形は光沢があり非常に反射する外観になります。

立体表示​​

ダーク エッジ     プラスチックと同様に白い反射ハイライトで図形の表面に光沢のある外観を与えますが、ダーク エッジにより明るい背景から図形をいっそう際立たせます。

ソフト エッジ     白い反射ハイライトと、幾分透明なエッジにより、図形はシーンまたは図形のグループに非常にとけ込みます。図形の表面にこの外観を適用すると、図形のエッジは背景色の一部を反射しているように見えます。

フラット     単色の白い反射ハイライトで作成されます。光の方向または鮮やかさによる影付けは行われず、反射ハイライトが図形を定義します。このオプションは、フラット光源オプションで適切に動作するように特別に設計されています。

ワイヤーフレーム     ハイライトまたは塗りつぶし効果はありません。図形またはオブジェクトのワイヤーフレームまたはアウトラインのみが表示されます。

透明

パウダー     図形の表面に非常に柔らかいパステル調の外観を与える大きな反射ハイライトです。

透明パウダー     パウダーに似ていますが、この表面の外観はソフトなエッジまたは徐々にフェードするエッジを持つ透明です。

クリア     鮮明な白いハイライトと暗いエッジの透明で、ガラスのような硬質で光沢のある外観になります。

光源     各光源の種類は、3-D シーンの照明に使われる 1 つ以上のライトのタイプを定義します。これは、シーン コヒーレント 3-D とも呼ばれます。各光源には、位置、強度、色があります。ほとんどの光源の種類には環境光もあり、すべての図形の表面に均等に適用される間接照明です。3-D シーンのすべての図形は光源を共有するので、光源の種類を変えると (選択した図形だけでなく) 3-D シーン全体の光源が変化します。

光源の種類を選ぶには、[光源] をクリックして目的のオプションを選びます。

以下では [光源] の選択肢を簡単に説明します。

普通

3 点     クラシックな色調、塗りつぶし、およびバックライトの 3 要素からなる光源です。これは、別の光源が必要なことがはっきりしていない場合の、一般的な用途に適した選択です。点光源は色とシーン内の位置を持ちますが、単一の方向ではありません。すべての方向に均等に光を放射します。

バランス     [3 点] 光源の一種ですが、コントラストが弱くなります。

ソフト     単一光の単純な光源です。

直射光     より強いハイライトと明暗の領域を作成する 2 光源です。

拡散光     図形のエッジを非常に明るく照らす 3 光源です。

コントラスト     表面上のすべての影付けを除去し、2 つの反射ハイライトを作る光源です。すべての材質がフラットに見えます。

暖かい

朝、日の出、日の入り     照らすすべてのものに暖かいオレンジの色合いを与える、3 つの暖かい色付き光源です。[] オプションから [日の入り] オプションへと移るにつれて、色の濃さが増します。

冷たい

冷たい、寒い     スペクトルで []、[日の出]、[日の入り] オプションの反対側にある、冷たくて青みを帯びた色を提供する 2 つの光源です。

その他

フラット     [フラット] 質感オプションと特によく合うようにデザインされている、図形を定義するのによい反射ハイライトを作成する 3 点光源です。

2 点     一般的な用途に適した 2 つの光源です。通常、図形が 2 つの異なる方向から照らされるように光源が配置され、図形の境界または輪郭が強調されます。

光彩     図形の前面を完全に照らし、図形の側面をに意図的に過剰に明るくすることで、図形が輝いているような効果を与える光源です。

明るい室内     [光彩] 光源のさらに極端なバージョンを提供する光源です。

角度     現在の光源の種類のすべての光源を図形の正面から回転します。光源の種類に強い主光源または主光線がある場合、3-D シーンの最も明るく照明される側面を制御できます。

光源の角度を指定するには、一覧で数値を入力します。

リセット

3-D 書式を削除して既定の設定に戻すには、このボタンをクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×