オブジェクトの書式設定 ([3-D 書式] ウィンドウ)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

線、図形、グラフ、 SmartArt graphics、または、ドキュメント内の図に適用されている 3 次元 (3-D) の効果をカスタマイズするのには、[オブジェクトの書式設定] ダイアログ ボックスでオプションを使用します。

ダイアログ ボックスは、図形が見やすいように移動できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  • このダイアログ ボックスでオプションを変更すると、図形またはテキスト、] ダイアログ ボックスを閉じずにSmartArt graphicまたは図形の変更の効果を表示するが簡単に変更は直ちに適用されます。ただし、変更内容は瞬時に適用されるのでは、このダイアログ ボックスでのキャンセル] をクリックすることはできません。変更内容を削除するには、それぞれの変更を削除するのには、クイック アクセス ツールバー[元に戻す ボタンの画像 をクリックしてください。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに加えた複数の変更は同時に元に戻すことができます。

面取り

面取りは、図形の上枠または下枠に適用される 3 次元のエッジ効果です。適用するとエッジが浮き上がり、図形のエッジが強調されます。

先頭へ    図形の上部には、浮き出しエッジを適用するには、上部 額縁上部のボタン をクリックし、希望するオプションをクリックします。上位または下位のエッジ型を選択するときにをカスタマイズすることにしない限り、対応する幅と高さの数値が自動的に変更されます。

[幅]    上部の縁の幅を指定するには、このボックスに数値を入力します。

[高さ]    上部の縁の高さを指定するには、ボックスに数値を入力します。

一番下   図形の下端に発生した端を適用するには、 [面取り: 下] ボタン をクリックし、希望するオプションをクリックします。上位または下位のエッジ型を選択するときにをカスタマイズすることにしない限り、対応する幅と高さの数値が自動的に変更されます。

[幅]    下部の縁の幅を指定するには、ボックスに数値を入力します。

[高さ]    下部の縁の高さを指定するには、ボックスに値を入力します。

奥行き

奥行きは、図形の表面からの長さです。

   奥行きの色を選択するには、[] をクリックして ボタン イメージ 、し使用する色をクリックします。theme colorsにない色に変更、その他の色] をクリックし、 [標準] タブ上の目的の色] をクリックしてまたはで独自の色に混ぜ合わせます、ユーザー設定] タブの [色と [標準] タブの色が更新されない文書themeを後で変更する場合。

[奥行き]    奥行きを指定するには、ボックスに数値を入力します。

輪郭

輪郭は、図形の浮き出た枠です。

    輪郭の色を選択するには、 ボタン イメージ をクリックし、目的の色をクリックします。theme colorsにない色に変更、その他の色] をクリックし、 [標準] タブ上の目的の色] をクリックしてまたはで独自の色に混ぜ合わせます、ユーザー設定] タブの [色と [標準] タブの色が更新されない文書themeを後で変更する場合。

[サイズ]    輪郭の幅を指定するには、ボックスに数値を入力します。

表面

質感を選択して、反射の光源を変更することにより、図形の外観を変更できます。反射の光源を使用すると、オブジェクトの光沢を増減できます。

[質感]    質感を使用すると、図形の外観をつや消し、プラスチック、金属、または半透明にすることができます。光が図形の表面に作用するようすを確かめるには、このボタンをクリックして、目的のオプションを選択します。

使用可能な質感の選択肢に関する簡単な説明を以下に示します。

標準

[つや消し]    反射の光源が適用されないため、完全に "平らな" 外観になります。

[つや消し (明るめ)]    反射の光源がいくらか適用されるため、図形の表面の外観がプラスチックより柔らかい外観になります。

[プラスチック]    鮮明で白い反射の光源が適用され、図形の表面が光沢のあるプラスチックの外観になります。

[メタル]    反射の光源が金属の基本色の一部に一致するため、図形の外観が光沢のある反射率の高いものとなります。

[立体表示]

[ダーク エッジ]    白い反射の光源により図形の表面の外観に光沢が加えられるためにプラスチックと同様になりますが、図形を明るい背景からさらに鮮明に区別するダーク エッジが付きます。

[ソフト エッジ]    白い反射の光源を適用すると同時に、縁がわずかに透明になるため、図形の外観が風景や図形のグループと非常によく溶け込んだものになります。この外観が図形の表面に適用されると、図形の縁に背景色の一部が反映されたようになります。

[フラット]    この外観は、白い反射の光源を伴う単色で構成されます。光の方法や強さに基づく網掛けは行われないため、反射の光源により図形が区別されます。このオプションは、特に [フラット] の光源オプションを使用する場合にうまく機能するように設計されています。

[ワイヤーフレーム]    ハイライトも塗りつぶし効果も追加されません。図形やobjectのワイヤーフレームまたはアウトラインだけが表示されます。

透明

[パウダー]    大きい反射の光源により、図形の表面が非常に柔らかいパステル調の外観になります。

[透明パウダー]    [パウダー] と同様ですが、この表面の外観はぼかしまたは徐々に消えていく縁が付いた透明なものになります。

[クリア]    鮮明で白い光源とダーク エッジの伴う透明な外観になるため、ガラスのような堅くて光沢のある外観になります。

照明    3-D のシーンが点灯に使われる 1 つまたは複数の光の各光源の種類を定義します。これは、シーン一貫性のある 3-D とも呼ばれます。各光源には、位置、輝度と色があります。ほとんどの光源の種類ものない、間接照明にすべての図形内であります。3-D シーン共有光源のすべての図形が装置光源の種類を変更する場合 (だけでなく、選択した図形) の 3-D シーン全体の光源を変更するようにします。

光源の種類を選択するには、[光源] をクリックし、目的のオプションを選択します。

使用可能な光源の選択肢に関する簡単な説明を以下に示します。

[普通]

[3 点]    従来からの主光、補助光、背面光の 3 つです。この選択肢は、別の光源が必要なことがわかっている場合以外は、一般的な用途に適しています。3 点の光では、シーン内に色と位置がありますが、単一の方向はありません。すべての方向に均等に光を照らします。

[バランス]    [3 点] 光源のバージョンですが、コントラストは低くなります。

[ソフト]    1 つの光だけを発する単純な光源です。

[直射光]    強い光源と、明暗の領域を生成する 2 光源です。

[拡散光]    非常に明るい光を図形の縁に照らす 3 光源装置です。

[コントラスト]    表面全体の影をすべて取り除き、いくらかの反射光を発する光源です。すべての材質が平らに見えるようにします。

[暖かい]

[朝]、[日の出]、[日の入り]    照らす対象に暖かいオレンジ色の濃淡を付ける暖かい色の 3 つの光源です。[] から [日の入り] に変更するにつれて、色の濃さが濃くなっていきます。

[冷たい]

[冷たい]、[寒い]    冷たく青みを帯びた色を発する 2 つの光源です。スペクトラム上で、[]、[日の出]、[日の入り] の反対側にあります。

[その他]

[フラット]    特に [フラット] の質感オプションでうまく機能するように設計されています。これは、図形をはっきりと区別する洗練された反射の光源を生成する 3 点光源装置です。

[2 点]    これは、一般的な用途に適した 2 つの光を発する装置です。通常、光の位置が固定されているため、図形は 2 つの異なる方向から照らされ、図形の枠または輪郭が強調されます。

[光彩]    図形の前面全体を照らし、図形の側面を意図的に過剰に明るくして、図形が燃えているように錯覚させる光源装置です。

[明るい室内]    [光彩] 光源よりさらに強い光を発する光源です。

角度    すべての光の現在の照明の種類が前面の周囲の図形を回転します。光源の種類が、強力な主光が、これを制御できます 3-D シーンのどちら側に置くが最も明るい照明を受信します。

光源の角度を指定するには、一覧に数値を入力します。

[リセット]

3-D 書式を削除して既定の設定に戻すには、このボタンをクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×