オブジェクトの書式設定 ([配置] ウィンドウ)

注記: 

  • このダイアログ ボックスでオプションを変更すると、変更が図形にすぐに適用されるため、ダイアログ ボックスを閉じなくても図形やその他のオブジェクトの変更の効果を簡単に確認できます。ただし、変更がすぐに適用されるので、このダイアログ ボックスでは [キャンセル] をクリックできません。変更を削除するには、削除する変更ごとにクイック アクセス ツール バーボタンの画像 (元に戻す) をクリックする必要があります。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに加えた複数の変更は同時に元に戻すことができます。

  • ダイアログ ボックスは、図形が見やすいように移動できます。

スライド上の位置

[水平方向の配置]    図形またはオブジェクトの左端とスライドの左端との間の空間の分量を指定するには、このボックスに数値を入力します。常に [配置] の設定の基本となるのは、回転されていない図形またはオブジェクトです。

[始点]    選択した図形またはオブジェクトの左端を配置する位置を指定するには、この一覧のオプションをクリックします。

[垂直方向の配置]    図形またはオブジェクトの上端とスライドの上端との間の空間の分量を指定するには、このボックスに数値を入力します。常に [配置] の設定の基本となるのは、回転されていない図形またはオブジェクトです。

[始点]     選択した図形またはオブジェクトの上端を配置する位置を指定するには、この一覧のオプションをクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×