オブジェクトの書式設定 ([線のスタイル] ウィンドウ)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注記: 

  • このダイアログ ボックスでオプションを変更すると、図形は、ダイアログ ボックスを閉じずに、SmartArt グラフィックまたは図形の変更の効果を表示するが簡単に変更は直ちに適用されます。ただし、変更内容は瞬時に適用されるのでは、このダイアログ ボックスでのキャンセル] をクリックすることはできません。変更を削除するには、それぞれの変更を削除するのには、クイック アクセス ツールバー[元に戻す ボタン イメージ をクリックしてください。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに加えた複数の変更は同時に元に戻すことができます。

  • ダイアログ ボックスを移動して、図形とダイアログ ボックスを同時に参照することができます。

線のスタイル

[]    線の幅を指定するには、このボックスに数値を入力します。

[一重線/多重線]    2 重線または 3 重線で構成されるスタイルを適用するには、[一重線/多重線] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[実線/点線]    点の組み合わせで構成されるスタイルを適用するには、[実線/点線] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[線の先端]    線の先端に使用されるスタイルを指定するには、[線の先端] ボックスの一覧で目的のスタイルを選択します。

  • 四角形のキャップ 四角形: 四角形をした行の末尾に制限されています。

  • ラウンド線端 Round: の行の末尾は丸められます。

  • フラット線端 フラット: の行の末尾では、フラットします。

[線の結合点]    2 本の線が互いに結合する場合に使用されるスタイルを指定するには、[線の結合点] ボックスの一覧で目的のスタイルを選択します。

  • ラウンド結合 Round: 2 つの線が交差角は丸められます。

  • ベベル結合 面取り: 45 度の角度で、次の 2 つの行が交差する角が途切れて表示します。

  • マイター結合 従事: 2 つの線が交差角が四角いします。

[矢印の設定]

[始点の種類]    線の始点に矢印を追加するには、[始点の種類] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[終点の種類]    線の終点に矢印を追加するには、[終点の種類] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[始点のサイズ]    線の始点に使用される矢印のサイズを指定するには、[始点のサイズ] をクリックし、目的のサイズをクリックします。

[終点のサイズ]    線の終点に使用される矢印のサイズを指定するには、[終点のサイズ] をクリックし、目的のサイズをクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×