オブジェクトの書式設定 ([線のスタイル] ウィンドウ)

以下のオプションを使用すると、線の幅を変更したり、複数の線のスタイルを追加したり、実線を点線や破線に変更したり、線の先端をキャップや矢印を追加することで変更したりすることによって、線の外観を変更できます。また、[線の結合点] オプションに接続すると、2 本の線の外観を指定することもできます。

重要: 

  • このダイアログ ボックスのオプションを変更すると、変更が図形にすぐに適用されるため、ダイアログ ボックスを閉じなくても SmartArt グラフィック、線、または図形の変更の効果を簡単に確認できます。ただし、変更は直ちに適用されるため、このダイアログ ボックスで [キャンセル] をクリックすることはできません。変更内容を元に戻すには、元に戻すそれぞれの変更について、クイック アクセス ツール バーボタンの画像 (元に戻す) をクリックする必要があります。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに加えた複数の変更は同時に元に戻すことができます。

  • ダイアログ ボックスを移動して、図形とダイアログ ボックスを同時に参照することができます。

線のスタイル

[]    線の幅を変更するには、ボックスに数値を入力します。

[一重線/多重線]    2 重線または 3 重線で構成されるスタイルを適用するには、[一重線/多重線] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[実線/点線]    実線を点線または破線に変更するには、[実線/点線] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[線の先端]    線の先端の外観を指定するには、[線の先端] ボックスの一覧で目的のスタイルを選択します。

Square cap [四角]: 線の先端が四角形で覆われます。

Round cap []: 線の先端が丸くなります。

Flat cap [フラット]: 線の先端が平らになります。

[線の結合点]    2 本の線が互いに結合する場合の外観を指定するには、[線の結合点] ボックスの一覧で目的のスタイルを選択します。

Round join []: 2 本の線が交差する角が丸くなります。

Bevel join [面取り]: 2 本の線が交差する角が 45 度にカットされます。

Miter join []: 2 本の線が交差する角が直角になります。

矢印の設定

[始点の種類]    線の始点に矢印を追加するには、[始点の種類] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[終点の種類]    線の終点に矢印を追加するには、[終点の種類] をクリックし、目的のスタイルをクリックします。

[始点のサイズ]    線の始点に使用される矢印のサイズを指定するには、[始点のサイズ] をクリックし、目的のサイズをクリックします。

[終点のサイズ]    線の終点に使用される矢印のサイズを指定するには、[終点のサイズ] をクリックし、目的のサイズをクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×