オブジェクトの書式設定 ([影] ウィンドウ)

以下のオプションを使用すると、影の色、効果、またはオフセットを変更できます。

注記: 

  • このダイアログ ボックスでオプションを変更すると、変更が図形にすぐに適用されるため、ダイアログ ボックスを閉じなくても SmartArt グラフィック、図形、図などのオブジェクトの変更の効果を簡単に確認できます。ただし、変更がすぐに適用されるので、このダイアログ ボックスでは [キャンセル] をクリックできません。変更を削除するには、削除する変更ごとにクイック アクセス ツール バーボタンの画像 (元に戻す) をクリックする必要があります。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに加えた複数の変更は同時に元に戻すことができます。

  • ダイアログ ボックスを移動すると、図形やオブジェクトとダイアログ ボックスを同時に参照することができます。

[標準スタイル]    組み込みの影の効果を選択するには、 Shadow Presets button (標準スタイル) をクリックし、目的のオプションをクリックします。

[]    影の色を選択するには、 色の作成 () をクリックし、目的の色をクリックします。テーマの色にない色に変更するには、[その他の色] をクリックし、[標準] タブで目的の色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色に混ぜ合わせます。ユーザー設定の色または [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

[透明]    影が透けて見える度合いを指定するには、[透明] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。指定できる透明度の範囲は、0% (完全に不透明、既定の設定) ~ 100% (完全に透明) です。

[サイズ]    元の図形またはオブジェクトのサイズに対する、影の相対的なサイズを指定するには、[サイズ] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。

[ぼかし]    影のぼかしの半径を指定するには、[ぼかし] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。半径を大きくすればするほど影がぼやけ、図形や線がはっきりしなくなります。

[角度]    影が描画される角度を指定するには、[角度] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。[角度] と [距離] を同時に使用すると、図形の周りのどの位置にも影を配置できます。

[距離]    影の [角度] で影が描画される距離を指定するには、スライダーの横のボックスに数値を入力します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×