オブジェクトの図形

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

静的構造図では、オブジェクト UML オブジェクト図形アイコン はクラスの特定のインスタンスを表します。オブジェクトには名前が付いています。これは、インスタンスレベルの要素と属性を示すために下線が引かれています。オブジェクトは、通常、実際の概念を表す概念モデルに表示され、動作を指定することはありません。また、オブジェクト図では、ある時点でシステムのスナップショットを表示します。クラス図では、オブジェクトは主にデータ構造の例を示すために使われます。

オブジェクトの図形に名前を付け、その他のプロパティ値を追加する

要素の [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開くには、 ツリー ビューの要素を表すアイコン、または図の要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント

図形を右クリックし、[図形表示オプション] をクリックして、図の図形に表示されるプロパティ値を制御します。[ UML 図形表示オプション] ダイアログボックスで、[オプション] を選び、プロパティ値を表示または非表示にします。

オブジェクト図形の [属性] セクションを非表示にする

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[抑制] の [属性] を選びます。

オブジェクトの図形に表示されるプロパティ値を制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[オプション] をオンまたはオフにして、値を表示または非表示にします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×