オブジェクトが透明に設定されています

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オブジェクトは、線や塗りつぶしの透明な色を使用します。PostScriptまたは PCL プリンターに印刷するときは、次の問題を確認できます。

  • オブジェクトに帯状の模様が表示される。

  • オブジェクトの色が変わる。

  • オブジェクトがぼやけて見える。

  • オブジェクトの透明度が失われる。

  • オブジェクトが別の透明なオブジェクトと重なり合うと、雲紋と呼ばれる意図しないパターンが現れる。

注: 透明度を印刷するには、カラーのインク ジェット プリンターでは、画面に表示され、文書を Web サイトを公開する電子メール メッセージとして送信するときに、透明度を正しく表示されます。

オブジェクトが次のうちのいずれかです。

  • オートシェイプ

  • テキスト ボックスまたは影付きのワードアート

  • 図またはクリップ アート

検索してアイテムを選択、デザイン チェック] 作業ウィンドウでのエラー メッセージ] をクリックして、矢印をクリックし、[このアイテムに移動する] をクリックします。

自動修正

色の透過性を置換します。     自動的にオブジェクトの透明度を 0% にリセットするには、この修正をクリックします。

この修正を選択した場合は、オブジェクトの下に存在するすべてのオブジェクトが見えなくなります。また、塗りつぶされた背景上に表示される透明なオブジェクトの網掛けまたは濃淡の部分の外観も失われます。これらの効果を維持するには、問題を手動で修正する必要があります。

手動修正

問題を手動で修正するには、次のいずれかの操作を行います。

透明効果を網掛けまたは濃淡で置き換える

次の手順は、単色が透けて見える透明なオブジェクトにのみ適用されます。塗りつぶされた背景上の透明なオブジェクトの外観を再生するには、次の手順に従います。

  1. オブジェクトの透明効果を 0% にリセットします。

    透明な塗りつぶしが設定されたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを選択します。

    2. 書式設定] ツールバーで、[塗りつぶしの色ボタン イメージ ] の横にある矢印をクリックし、[その他の色] をクリックします。

    3. [色の設定] ダイアログ ボックスの [標準] タブをクリックし、[透過性] スライダで透過性を 0% に設定します。

    透明な線が使用されたオブジェクトの場合

    1. オブジェクトを選択します。

    2. 書式設定] ツールバーで、[線の色ボタン イメージ ] の横にある矢印をクリックし、[その他の線の色] をクリックします。

    3. [色の設定] ダイアログ ボックスの [標準] タブをクリックし、[透過性] スライダで透過性を 0% に設定します。

  2. オブジェクトを選択し、濃淡またはTE000128424を適用します。

    塗りつぶしの場合

    1. 書式設定] ツールバーで、[塗りつぶしの色ボタン イメージ ] の横にある矢印をクリックし、[塗りつぶし効果] をクリックします。

    2. [塗りつぶし効果] ダイアログ ボックスで、[濃淡] タブをクリックし、希望する網掛けまたは濃淡を選択します。

    線の場合

    1. 書式設定] ツールバーで、[線の色ボタン イメージ ] の横にある矢印をクリックし、[線のパターン] をクリックします。

    2. [線のパターン] ダイアログ ボックスで、[濃淡] タブをクリックし、希望する網掛けまたは濃淡を選択します。

注: 色の濃淡または網掛けは、10% ごとの増減のみ選択できます。そのため、塗りつぶしの背景上の透明なオブジェクトの外観に的確な濃淡または網掛けを適用できない場合があります。

オブジェクトを図として保存し、適切な位置に挿入する

次の手順では、1 つ以上の背景オブジェクトと部分的に重なる透明なオブジェクトにのみ適用されます。文書内で、目的のオブジェクトの代わりに使用できる図を作成するには、次の操作を行います。

  1. 透明効果が適用されているすべてのオブジェクトを選択しグループ化します。

    方法

    1. [オブジェクトの選択ツール [ポインター] ボタン ] をクリックし、グループで必要なオブジェクトの周囲に選択ボックスをドラッグします。

    2. 選択範囲] ボックスの右下隅をグループ ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. グループをマウスの右ボタンでクリックし、[図として保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] ボックスの一覧から、グラフィック ファイルの種類を選択します。

    注: 最高の結果を得るには、[デバイスに依存しないビットマップ] を選択します。このファイル形式では、グループ化された背景オブジェクトに対する透明効果が維持されます。

  4. [変更] をクリックします。

  5. [解像度の変更] ダイアログ ボックスで出力方法に合った解像度を選択し、[OK] をクリックします。

  6. [ファイル名] ボックスに図の名前を入力します。

  7. [保存先] の一覧で図の保存先を選択し、[保存] をクリックします。

  8. グループ化されたオブジェクトを選択し、Del キーを押して、オブジェクトを削除します。元のオブジェクトを保存しておきたい場合は、そのグループをページの外のスクラッチ領域にドラッグします。

  9. [挿入] メニューの [] をポイントし、[ファイルから選択] をクリックします。

  10. [図の挿入] ダイアログ ボックスで、図が保存された場所を参照して選択し、[挿入] をクリックします。

注: 

  • これらの手順を実行しても、すべての場合において理想的な結果が得られるとは限りません。たとえば、マスタ ページ上のオブジェクトをグループ化したり、ページ背景に重なる透明なオブジェクトの効果を得たりすることはできません。

  • PostScript プリンタまたは PCL プリンタに文書を出力する場合は、透明効果の使用は避け、代わりに描画プログラムを使用して、透明に表示される不透明な図を作成することをお勧めします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×