オブジェクトが表示されていません

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

他のオブジェクトに完全に覆い隠されているか、または背景にある他のオブジェクトに溶け込んでいるために、オブジェクトが表示されていません。たとえば、ブルーで塗りつぶされたオブジェクトが、それよりも大きいブルーで塗りつぶされた別のオブジェクトの上に位置付けられていると、印刷する場合でも Web ページとして発行する場合でも、このオブジェクトは表示されません。

オブジェクトが次のうちのいずれかです。

  • オートシェイプ

  • テキスト ボックス

  • 図またはクリップ アート

検索してアイテムを選択、デザイン チェック] 作業ウィンドウでのエラー メッセージ] をクリックして、矢印をクリックし、[このアイテムに移動する] をクリックします。

自動修正

オブジェクトを最前面へ移動する      この修正をクリックしてオブジェクトを前面に移動させます。

重要: この修正は他のオブジェクトがこのオブジェクトを覆い隠している場合に有効です。このオブジェクトが背景にある同じ色のオブジェクトに溶け込んでいるときには、手動で修正する必要があります。

手動修正

このオブジェクトが背景にある同じ色のオブジェクトに溶け込んでいるときには、次のいずれかの操作を行います。

オブジェクトの塗りつぶしの色を変える

  1. オブジェクトを選択します。

  2. 書式設定] ツールバーで、 ボタン イメージ塗りつぶしの色] の横にある矢印をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 使用する色を選択します。

    • [その他の色] をクリックして、使用する色と透明度を選択します。

オブジェクトの線の色を変える

  1. オブジェクトを選択します。

  2. 書式設定] ツールバーで、 ボタン イメージ線の色] の横にある矢印をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 使用する色を選択します。

    • [その他の線の色] をクリックして、使用する色と透明度を選択します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×