スキップしてメイン コンテンツへ
Office
オフライン作業からオンライン作業に切り替える

オフライン作業からオンライン作業に切り替える

Outlook には、メール サーバーをオンラインまたはオフラインにする柔軟性があります。

Outlookでオフラインまたはオンラインで作業している場合は、どうすればわかりますか。 Outlook ウィンドウの下部にあるステータスバーから開始すると、視覚的な合図が表示されます。 次のいずれかのステータスインジケーターが表示されている場合は、 Outlook がメールサーバーに接続されていないことを意味します。

オフライン作業中ステータス または 切断中ステータス

再接続するまで、メールを送信または受信することはできません。You can’t send or receive email until

ステータス: オフライン作業中

通常、オフライン作業には選択して移行します。 オンライン作業モードには簡単に戻ることができます。

  • 再び接続するには、Outlook の [送受信] タブで [オフライン作業] を選びます。

    [送受信] タブの [オフライン作業] オプション

注: 

  • [オフライン作業] ボタンの背景が (上の図のように) 網かけの場合は、接続していません。 背景に網かけがない場合は接続しています。

  • [オフライン作業] ボタンが表示されず、メールアカウントがMicrosoft Exchange Server アカウントまたは Office 365 アカウントである場合は、Exchange キャッシュ モード がオフになっている可能性があります。 「Exchange キャッシュ モードを有効にする」の手順に従って、設定を変更してください。 または、組織の Exchange Server 管理担当者に問い合わせてください。
    Office 365 アカウントでは、常に Exchange キャッシュモードをオンにすることをお勧めします。

ステータス:切断中

Outlook から切断されるのにはさまざまな理由があります。 考えられる理由の例を次に示します。

  • インターネット接続が正常である場合は、メール サーバーに問題がある可能性があります。

  • Web サイト (http://outlook.com など) からメールにログオンできる場合は、その方法でメールを受信および送信できるかどうかを確認します。 Web サイトでメールを使用できない場合は、メール サービス プロバイダーのテクニカル サポートに問い合わせてください。

  • Web サイトでメールを送受信できる場合は、メール サーバーは正常です。 ただし、コンピューターの更新が必要であるか、またはアカウントの設定に問題がある可能性があります。

Outlook への再接続に関するヒント

推奨される Outlook への再接続方法をいくつか紹介します。

オフライン作業のステータスをリセットする

  • [送受信] タブで [オフライン作業] を選び、ステータス バーを確認します。 ステータスが [オフライン作業中] の場合は、ステータスが接続済みに変わるまで操作を繰り返します。

更新プログラムを確認する

新しいプロファイルを作成する

現在の Outlook プロファイルに問題がある可能性を除去するため、新しいプロファイルを作成します。 新しいプロファイルを使用して Outlook を開いてもまだ切断される場合は、アカウントを削除し、もう一度追加してみてください。

  1. [フォルダー] ウィンドウで、アカウント名を右クリックし、[<アカウント名> の削除] を選択します。

  2. Outlook で初めてメール アカウントを追加する」の手順に従って、アカウントを再度追加します。

Microsoft Outlook ウィンドウの下部にあるステータス バーに [オフライン作業中] と表示される場合、Outlook はメール サーバーと接続していないことを示します。 再接続されるまで、メールを送受信できません。

オフライン作業中の状態の Outlook ステータス バー

まず、Web サイトに接続してみて、インターネット接続が機能していることを確認します。 インターネット接続が機能している場合は、メール サーバーに再接続してみます。 次の手順を実行します。

  1. [送受信] をクリックします。

    Outlook が [オフライン作業] に設定されている場合、このボタンが強調表示されます。

    オフラインがオンであることを示すリボンの [オフライン作業]

  2. オンライン作業に戻るには、[オフライン作業中] をクリックします。

    サーバーに再接続すると、[オフライン作業] ボタンの背景は強調表示されなくなります。

    オンラインを示すリボンの [オフライン作業]

それでも幸運なことはありませんか? Outlook.com などの web サイトでそのメールアカウントを使用できる場合は、そのサイトを使用して新しいメールを送受信できるかどうかを確認します。 それでも問題が解決しない場合は、テクニカルサポートまたはメールサービスプロバイダにお問い合わせください。

Web サイトでメールを取得して送信できる場合は、メールサーバーの問題が発生します。 ただし、Outlook では更新が必要な場合や、メールアカウントの設定に問題がある場合があります。 Exchange アカウントを使用している場合は、更新プログラムを確認して、必要なものをインストールします。 (常に最新の状態に更新することをお勧めします)。

Desperate? メールアカウントに新しいものが必要である可能性があります。 新しいメールプロファイルを作成してみてください。

オフライン作業を利用する場合

Outlook とメール サーバーをオンラインで利用している場合、新しいメールが Outlook に届くとユーザーに送信され、ユーザーが送信したメールは Outlook から直ちに送信されます。 ただし、オンラインで作業できないときもあります。 たとえば、ネットワーク接続を使用できない場合などです。 また、ネットワークを使用できても、使用量がデータ プランを超過してしまった場合や、接続が有料であるために使用を避けたい場合もあります。

Outlook では、オンラインとオフラインのどちらで作業するかを柔軟に選ぶことができます。また、自動または手動で行うこともできます。 オフラインで作業するが、送受信を手動で開始する準備ができている場合は、[送受信> すべてのフォルダーを送受信] をクリックするだけです。

Outlook のリボンの画像

Microsoft Exchange Server アカウントを使用してオフラインで作業する

Microsoft Exchange Server アカウントを使用している場合、メッセージはサーバーのメールボックスに保存されます。 サーバーに接続してオンラインで作業しているときには、アイテムを開く、フォルダー間でアイテムを移動する、アイテムを削除するなど、Outlook のすべての機能を使用できます。 一方、オフラインで作業しているときには、サーバー上のすべてのアイテムにアクセスできなくなります。 このような場合は、コンピューター上のオフライン Outlook データ ファイル (.ost) に保存される、オフライン フォルダーを使用すると便利です。

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) ファイルは Exchange のメールボックスのレプリカ、つまりコピーです。 オンラインになると、このファイルは両方のコピーが同じになるように自動的にサーバーと同期され、一方のコピーに加えられた変更は、もう一方にも反映されます。 Exchange への接続が確立できない場合は自動的にオフラインで起動するように、Outlook を設定できます。 また、オンラインとオフラインの接続状態を手動で切り替えたり、ローカル コンピューター上で最新の状態に保つ Exchange フォルダーを選択したりすることもできます。

Exchange のアカウントを使用する場合は、Exchange キャッシュ モードの使用をお勧めします。 Exchange キャッシュ モードを使用すると、オフラインで作業しなければならない理由のほとんどが解消されます。 アイテムの作業をそのまま継続できるため、ネットワークに接続されていないことを意識することはほとんどありません。

既定では、Exchange キャッシュ モードではオフライン Outlook データ ファイル (.ost) が作成および使用され、メールボックスにある全フォルダー内のアイテムの同期コピーがダウンロードおよび維持されます。 ユーザーが自分のコンピューター上でデータの処理を行うと、Outlook はこのデータをサーバーと同期します。

オフィス、自宅、または飛行機の中であっても、ネットワークの変更や利用可能性を意識する必要はありません。 Exchange との接続が中断されても、データ処理をそのまま続行できます。 接続が回復すると Outlook は自動的に変更を同期するので、サーバーおよびローカル コンピューター上のフォルダーとアイテムは、再び同じ内容になります。 サーバーとの接続の管理、およびデータの最新状態の維持は、Outlook によって行われます。 オフライン作業に切り替える必要や、サーバーへの再接続を何度も試みる必要はなく、これらはすべて自動で行われます。

また、Exchange キャッシュ モードを使用すると、オフラインで使用できるフォルダーの選択や継続的な同期作業が自動的に行われるので、送受信グループを設定する必要もなくなります。

Exchange のメールボックスのローカル コピーとして何をダウンロードするかを詳細に制御する場合にのみ、オフライン作業を選択する必要があります。 たとえば、転送するデータの量に基づいて課金される接続機器や接続サービスを使用する場合がこれに該当します。 Exchange キャッシュ モードでは、すべてを最新状態に維持できます。 オフライン作業では、送受信グループの使用によって、同期するデータの種類と量を細かく制御できます。

Exchange のアカウントを使用していない場合はどうでしょうか。 多くのユーザーは、インターネットサービスプロバイダー (ISP)、または Outlook.com (以前の Hotmail) などの Web ベースのアカウントから POP3 または IMAP アカウントを使用しています。

オフラインで作業するための最も簡単な方法は、Outlook の既定の設定を使用することです。 オフライン Outlook データ ファイル (.ost) の保存場所などの設定をカスタマイズしたい場合は、「カスタマイズしたセットアップ」の手順に従ってください。

簡易セットアップ

  1. [送受信] タブの [ユーザー設定] で [オフライン作業] をクリックします。

  2. オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を設定するには、[OK] をクリックします。

    既定では、[起動時にこの画面を表示してオフラインとオンラインを選択する] チェック ボックスがオンになっています。 接続が利用できる場合に常にオンラインで作業する場合は、このチェック ボックスをオフにします。

オフラインの Outlook データファイル (.ost) ファイルを作成した後、Outlook を終了して再起動すると、Exchange メールボックスを新しいファイルと同期する必要があります。 この操作を行う最も簡単な方法は、次のとおりです。 [送受信] タブの [送信 & 受信] グループで、[すべてのフォルダーを送受信] をクリックします。

カスタマイズしたセットアップ

コンピューター上での .ost ファイルの保存場所など、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) の設定をカスタマイズする場合は、次の操作を行います。

  1. オフライン Outlook データ ファイル (.ost) をまだ作成していない場合は作成します。

    オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を作成する

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    3. [電子メール] タブで、Exchange Server アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

    4. [詳細設定] をクリックします。

    5. [詳細設定] タブをクリックし、[オフライン フォルダ ファイルの設定] をクリックします。

    6. [ファイル] ボックスに .ost ファイルとして使うファイルの名前を入力します。

      既定のファイル名は Outlook.ost です。 このファイルが存在する場合は、新しい名前を入力するよう求められます。

  2. [ファイル] メニューをクリックします。

  3. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  4. [電子メール] タブで Exchange のアカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  5. [詳細設定] をクリックします。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    1. 常に Outlook をオフラインで起動する     [手動でコントロールする接続状態] をクリックし、[オフライン作業] をクリックして、[ダイヤルアップネットワーク] をクリックします。

    2. Outlook の起動時にオフラインで作業するかオンラインで作業するかを選択する     [手動で接続状態をコントロールする] をクリックし、[起動時に接続の種類を選択する] チェック ボックスをオンにします。

    3. 常にネットワークに接続する     [接続状態を手動で制御する] をクリックし、[ネットワークと接続] をクリックします。

    4. サーバーへの接続が利用可能かどうかを自動的に検出する     [自動的に接続状態を検出する] をクリックします。 メール サーバーに接続できない場合は、自動的にオフライン モードで起動します。

      注: [秒後にサーバー接続からタイムアウトする] ボックスで、サーバーが応答するまで Outlook が待機する時間を指定します。指定した時間内にサーバーとの接続を確立できない場合は、ダイアログ ボックスが表示され、接続を再試行するか、またはオフラインで Outlook を起動するかを選択できます。

ページの先頭へ

オフラインでの作業について

Outlook 2007 とメール サーバーでオンライン作業をしている場合、新規メールは随時受信され、送信メールはすぐに送信されます。 ただし、オンラインでの作業が実用的ではない場合もあります。 たとえば、作業している場所でネットワーク接続が利用できない場合があります。 また、接続が利用できる場合でも、接続料金の課金を避けるために接続を使用したくない場合があります。

アカウントが Exchange に接続されている場合、メッセージはサーバーのメールボックスに保存されます。 サーバーに接続してオンラインで作業しているときには、アイテムを開く、フォルダ間でアイテムを移動する、アイテムを削除するなど、Outlook のすべての機能を使用できます。 一方、オフラインで作業しているときには、サーバー上のすべてのアイテムにアクセスできなくなります。 このような場合は、コンピューター上のオフライン フォルダ ファイル (.ost) に保存される、オフライン フォルダを使用すると便利です。

.ost ファイルは Exchange のメールボックスのレプリカ、つまりコピーです。 オンラインになると、この .ost ファイルは両方のコピーが同じになるように自動的にサーバーと同期され、一方のコピーに加えられた変更は、もう一方にも反映されます。 Exchange への接続が確立できない場合は自動的にオフラインで起動するように、Outlook を設定できます。 また、オンラインとオフラインの接続状態を手動で切り替えたり、ローカル コンピューター上で最新の状態に保つ Exchange フォルダを選択することもできます。

Exchange のアカウントを使用する場合は、Exchange キャッシュ モードの使用をお勧めします。 Exchange キャッシュ モードを使用すると、オフラインで作業しなければならない理由のほとんどが解消されます。 アイテムの作業をそのまま継続できるため、ネットワークに接続されていないことを意識することはほとんどありません。

既定では、Exchange キャッシュ モードではオフライン フォルダ ファイル (.ost) が作成および使用され、メールボックスにある全フォルダ内のアイテムの同期コピーがダウンロードおよび維持されます。 ユーザーが自分のコンピューター上でデータの処理を行うと、Outlook はこのデータをサーバーと同期します。

オフィス、自宅、または飛行機の中であっても、ネットワークの変更や利用可能性を意識する必要はありません。 Exchange との接続が中断されても、データ処理をそのまま続行できます。 接続が回復すると Outlook は自動的に変更を同期するので、サーバーおよびローカル コンピューター上のフォルダとアイテムは、再び同じ内容になります。 サーバーとの接続の管理、およびデータの最新状態の維持は、Outlook によって行われます。 オフライン作業に切り替える必要や、サーバーへの再接続を何度も試みる必要はなく、これらはすべて自動で行われます。

また、Exchange キャッシュ モードを使用すると、オフラインで使用できるフォルダーの選択や継続的な同期作業が自動的に行われるので、送受信グループを設定する必要もなくなります。

Exchange のメールボックスのローカル コピーとして何をダウンロードするかを詳細に制御する場合にのみ、オフライン作業を選択する必要があります。 たとえば、転送するデータの量に基づいて課金される接続機器や接続サービスを使用する場合がこれに該当します。 Exchange キャッシュ モードでは、すべてを最新状態に維持できます。 オフライン作業では、送受信グループの使用によって、同期するデータの種類と量を細かく制御できます。

Exchange のアカウントを使用していない場合はどうでしょうか。 多くのユーザーは、インターネット サービス プロバイダ (ISP) の POP3 アカウントや IMAP アカウント、または Microsoft Windows Live メールなどの HTTP アカウントを使用しています。 オンラインの場合、つまりメール サーバーへの接続が利用できる場合は、Exchange、IMAP、および HTTP の電子メール アカウントのメッセージが直ちに送受信されます。 POP3 電子メール アカウントの場合は、[メール セットアップ] タブ ([ツール] メニューの [オプション] をクリックして表示) の [接続したら直ちに送信する] チェック ボックスがオンになっていると、メッセージが直ちに送信されます。 オフラインの場合は、すべてのアカウントで [送受信グループ] ダイアログ ボックスの送受信時刻の予定表が使用されます。 IMAP 電子メール アカウントの場合も、オフライン時にフォルダは利用できません。

オフラインで作業しているときには、ユーザーが選択した場合にのみメール サーバーに接続されます。 オフライン時に、新規メッセージの確認、ダウンロードのマークを付けたヘッダーのダウンロード、またはメッセージの送信のために、Outlook がメール サーバーに接続することはありません。

ページの先頭へ

Microsoft Exchange のアカウントを使用している場合

オンラインとオフラインを切り替えるには、Outlook 2007 を再起動する必要があります。 オンラインとオフラインの接続状態を切り替える場合は、柔軟性の高い Exchange キャッシュ モードを使用することを検討します。

オフラインで作業するための最も簡単な方法は、Outlook の既定の設定を使用することです。 オフライン フォルダ ファイル (.ost) の保存場所などの設定をカスタマイズしたい場合は、「カスタマイズしたセットアップ」の手順に従ってください。

簡易セットアップ

  1. [ファイル] メニューの [オフライン作業] をクリックします。

    [ファイル] メニューの [オフライン作業]

  2. オフライン フォルダ ファイル (.ost) を設定するには、[OK] をクリックします。

    既定では、[起動時にこの画面を表示してオフラインとオンラインを選択する] チェック ボックスがオンになっています。 接続が利用できる場合に常にオンラインで作業する場合は、このチェック ボックスをオフにします。

.ost ファイルが作成された後、Outlook を終了して再起動したときに、Exchange のメールボックスと .ost ファイルを同期する必要があります。 この作業を簡単に行うには、[ツール] メニューの [送受信] をポイントし、[すべて送受信] をクリックします。

カスタマイズしたセットアップ

コンピューター上での .ost ファイルの保存場所など、オフライン フォルダ ファイル (.ost) の設定をカスタマイズする場合は、次の操作を行います。

  1. オフライン フォルダ ファイルを設定していない場合は、オフライン フォルダ ファイル (.ost) を作成します。

    オフライン フォルダ ファイル (.ost) を作成する

    1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    2. [電子メール] タブで Exchange のアカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

    3. [詳細設定] をクリックします。

    4. [詳細設定] タブをクリックし、[オフライン フォルダ ファイルの設定] をクリックします。

    5. [ファイル] ボックスに .ost ファイルとして使うファイルの名前を入力します。

      既定のファイル名は Outlook.ost です。 このファイルが存在する場合は、新しい名前を入力するよう求められます。

  2. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  3. [電子メール] タブで Exchange のアカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  4. [詳細設定] をクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    1. 常に Outlook をオフラインで起動する     [手動でコントロールする接続状態] をクリックし、[オフライン作業] をクリックして、[ダイヤルアップネットワーク] をクリックします。

    2. Outlook の起動時にオフラインで作業するかオンラインで作業するかを選択する     [手動で接続状態をコントロールする] をクリックし、[起動時に接続の種類を選択する] チェック ボックスをオンにします。

    3. 常にネットワークに接続する     [接続状態を手動で制御する] をクリックし、[ネットワークと接続] をクリックします。

    4. サーバーへの接続が利用可能かどうかを自動的に検出する     [自動的に接続状態を検出する] をクリックします。 メール サーバーに接続できない場合は、自動的にオフライン モードで起動します。

      注: [秒後にサーバー接続からタイムアウトする] ボックスで、サーバーが応答するまで Outlook が待機する時間を指定します。指定した時間内にサーバーとの接続を確立できない場合は、ダイアログ ボックスが表示され、接続を再試行するか、またはオフラインで Outlook を起動するかを選択できます。

Exchange キャッシュ モードで Exchange のアカウントを使用している場合

  • [ファイル] メニューの [オフライン作業] をクリックします。

    [ファイル] メニューの [オフライン作業]

POP3、IMAP、または HTTP アカウントを使用している場合

  • [ファイル] メニューの [オフライン作業] をクリックします。

    [ファイル] メニューの [オフライン作業]

ページの先頭へ

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×