オフラインで使用するフォーム テンプレートをデザインする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

オフライン フォームについて

オフラインで使用する SQL データベースへのデータ接続を作成する

オフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成する

オフラインで使用する SharePoint ドキュメント ライブラリへのデータ接続を作成する

データの有効期間を設定する

オフラインでの使用を無効にする

オフライン フォームについて

コンピュータがネットワークから切断されているときにユーザーが入力できる Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートをデザインする場合があります。たとえば、保険請求を調査するときに保険の査定担当者が社外で使用するためのフォーム テンプレートをデザインできます。フォーム テンプレートにはセカンダリ データ接続が含まれています。この接続によって、外部データベースからフォームにデータが提供されます。査定担当者がフォームに入力する場合に、このデータが必要となります。査定担当者は、オフィスでネットワークに接続しているときにこのフォーム テンプレートに基づいてフォームを作成し、自分のコンピュータにそのフォームを保存できます。社外では、ネットワークに接続することなくフォームを開き、入力できます。オフィスへ戻り、ネットワークへ再度接続すると、このフォームを送信できます。

既定では、コンピュータに保存されるフォームは、ネットワークに接続していなくても動作します。ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームを作成すると、InfoPath ではそのフォーム テンプレートのコピーをダウンロードして、ユーザーのコンピュータに保存します。ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームを開くと、InfoPath は、まずコンピュータがネットワークに接続しているかどうかを確認します。ネットワークに接続している場合は、フォーム テンプレートのダウンロード元を確認して、新しいバージョンのフォーム テンプレートがあるかどうかを調べます。新しいバージョンがある場合は、ユーザーのコンピュータ上のフォーム テンプレートが更新されます。ネットワークに接続していない場合は、ユーザーのコンピュータに保存されているフォーム テンプレートが使用されます。

オフラインで使用するフォーム テンプレートをデザインするには、フォーム テンプレートをユーザーのコンピュータに保存し、コンピュータがネットワークに接続していなくても、ユーザーがフォームに入力するために必要なデータ (リスト ボックス内の項目など) を使用できるようにする必要があります。これらのコントロールでは、外部データ ソースへのセカンダリ データ接続からデータが提供されます。このデータは、ユーザーのコンピュータ内のフォーム テンプレートまたはキャッシュと呼ばれる特別な保存場所に保存できます。

外部データ ソースからデータのクエリを実行するセカンダリ データ接続をフォーム テンプレートに追加する場合、InfoPath はその外部データ ソースにクエリを送信します。クエリの結果は、フォーム テンプレートに保存されます。ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づく新しいフォームを作成すると、フォーム テンプレートに保存されたデータをユーザーが使用できるようになります。

フォームがこのセカンダリ データ接続を使用して、リスト ボックス コントロールまたはコンボ ボックス コントロールの内容を、外部データ ソースの最新データで更新するときに、コンピュータがネットワークに接続している場合は、InfoPath では、このクエリの結果はキャッシュと呼ばれる特別な保存場所に保存されます。InfoPath はこのキャッシュ内のデータを使用して、これらのコントロールにデータを提供します。

コンピュータがネットワークに接続していない場合でも、セカンダリ データ接続のデータをユーザーが使用できるようにするには、次のいずれか、または両方の操作を行います。

  • 外部データ ソースのデータをフォーム テンプレートに保存します。

  • フォームを開くときに、セカンダリ データ接続を使用します。

ユーザーのコンピュータがオフラインのときにも動作するようにセカンダリ データ接続を構成した後で、外部データ ソースから最新データを取得するようにフォーム テンプレートを構成することもできます。(フォーム内に保存されているデータの有効期間を指定の日数に制限することで) 最新データを取得するようにフォーム テンプレートを構成した後、最新データを取得するボタンを追加します。

データをフォーム テンプレートに保存する

セカンダリ データ接続を作成するときに、データ接続ウィザードで [フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにすることで、セカンダリ データ接続のデータをフォーム テンプレートに保存できます。

データ接続ウィザードでこのチェック ボックスをクリックすると、外部データ ソースのデータをフォーム テンプレートに保存するように、フォーム テンプレートが構成されます。

このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath はデータ接続を使用して外部データ ソースからデータを取得します。次に、このデータをフォーム テンプレートに保存します。ユーザーがフォームを作成するか、フォーム テンプレートに基づく既存のフォームを開くと、フォーム テンプレートのコピーと保存されたデータがユーザーのコンピュータにダウンロードされます。フォームを作成したときにユーザーのコンピュータがネットワークに接続している場合、フォームが外部データ接続を使用するときにデータが取得されます。フォームを作成したときにユーザーがネットワークに接続していない場合、InfoPath はユーザーのコンピュータ上のフォーム テンプレートに保存されたデータを使用します。

データはデータ接続の作成時に取得されるため、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームを作成するときには、外部データ ソースが更新されている可能性があります。ユーザーが新しいフォームを作成するとき、またはフォーム テンプレートに基づく既存のフォームを開くときに、外部データ ソースから最新データを取得できるようにするには、フォームを最初に開くときにセカンダリ データ接続を使用するようにフォームをデザインする必要があります。

フォームを開くときにセカンダリ データ接続を使用する

フォーム テンプレートに保存されているデータを使用するのではなく、ユーザーが外部データ ソースから最新データを取得できるようにするには、セカンダリ データ接続を作成するときに、データ接続ウィザードで [フォームを開くとき自動的にデータを取得する] チェック ボックスをオンにします。 ユーザーが新しいフォームを作成するか既存のフォームを開く場合は常に、データ接続ウィザードの最後のページのこのチェック ボックスにより、このフォーム テンプレートを構成してこのデータ接続を使用します。

ユーザーがネットワークに接続しているときに新しいフォームを作成する場合、InfoPath はこのセカンダリ データ接続を使用して外部データ ソースから最新データを取得します。このデータはキャッシュに保存されます。ユーザーがコンピュータに保存されている既存のフォームを開くと、InfoPath はコンピュータがネットワークに接続しているかどうかを確認します。コンピュータがネットワークに接続している場合、InfoPath はこのデータ接続を使用して外部データ ソースから最新データを取得します。ユーザーがオフラインで作業している場合、InfoPath はキャッシュまたはフォーム テンプレートに保存されているデータを使用します。

セキュリティ メモ: セカンダリ データ ソースから取得したデータは、テキストとしてコンピューターに保存されます。セカンダリ データ接続を外部データ ソースから機密性の高いデータの取得を使用している場合は、場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、許可のない使用からデータを保護するためには、この機能を無効にすることがあります。この機能を無効にした場合、データは、ユーザーがネットワークに接続されている場合にのみ使用されます。

最新のデータを取得する

外部データ ソースが定期的に更新される場合、ユーザーがセカンダリ データ接続を使用して最新データを取得できるようにフォーム テンプレートを構成できます。これを行うには、キャッシュに現在保存されているデータの有効期間を指定の日数に制限します。次に、外部データ ソースからデータを取得するためのボタンを追加します。このボタンを使用すると、フォーム内のすべてのセカンダリ データ接続を使用して、最新データが取得されます。これにより、ユーザーは最新のデータを使用できるようになります。

データをユーザーのコンピュータに保存する期間について有効期限を設定することで、セカンダリ データ接続のデータの利用を制限することもできます。 [フォームのオプション] ダイアログ ボックスの [オフライン カテゴリ] では、データをフォームに保存する期間を構成できます。

このオプションを使用すると、すべてのセカンダリ データ接続のデータは、指定された日数の間のみフォームで使用できます。その日数が経過すると、データはフォームに表示されなくなります。その後、フォームで特定のセカンダリ データ接続、またはすべてのセカンダリ データ接続を使用することで、データを取得するためのボタンをフォームに追加できます。

セキュリティ メモ: 設定された日数が経過し、フォームでデータを使用できなくなっても、データはユーザーのコンピュータに残っています。データが上書きされるのは、オペレーティング システムがこの領域を使用して他の情報を保存する場合だけです。

ページの先頭へ

オフラインで使用する SQL データベースへのデータ接続を作成する

Microsoft SQL Server データベースへのセカンダリ データ接続をフォーム テンプレートに追加する前に、データベース管理者から次の情報を入手する必要があります。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースが格納されているサーバーの名前。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースの名前。

  • データベースで必要な認証。データベースは、Microsoft Windows 認証または SQL Server 認証を使用して、ユーザーがデータベースにアクセスする方法を判別します。

  • フォームに送信するデータを含むテーブルの名前。これは主テーブルです。データベースで複数のテーブルを使用する場合は、他の子テーブルの名前も必要です。主テーブル内のフィールドへのリレーションシップを持つ子テーブル内のフィールドの名前も必要です。

  • オフラインで使用するためにクエリの結果をフォームに安全に保存できるかどうか。

これらの情報を入手した後、次の手順に従って、オフラインで使用する SQL データベースへのデータ接続を作成できます。

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで、[新しいデータ接続先]、[データの受信]、[次へ] の順にクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、[データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、[データベースの選択] をクリックします。

  6. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[新しいソース] をクリックします。

  7. [接続するデータ ソースの種類を指定してください] ボックスの一覧で、[Microsoft SQL Server] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. [サーバー名] ボックスに、データベースが保存されているサーバーの名前を入力します。

  9. [ログイン時の証明] で、次のいずれかの操作を行います。

    • Microsoft Windows ネットワークで使用される資格情報に基づいて、サーバーへのアクセス権を持つユーザーをデータベースが判断する場合は、[Windows 認証を使用する] をクリックします。

    • データベース管理者から入手したユーザー名とパスワードに基づいて、サーバーへのアクセス権を持つユーザーをデータベースが判断する場合は、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、[ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスにそのユーザー名とパスワードを入力します。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. ウィザードの次のページの [使用するデータが含まれているデータベースを選択] ボックスの一覧で、使用するデータベースをクリックし、[指定したテーブルに接続] チェック ボックスをオンにして、主テーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。

  12. ウィザードの次のページの [ファイル名] ボックスに、データ接続情報を保存するファイルの名前を入力します。

  13. これらの設定を保存するには、[完了] をクリックします。

  14. クエリ データ接続で使用する他のテーブルを追加します。

    操作方法

    1. [追加] をクリックします。

    2. 追加のテーブルまたはクエリ] ダイアログ ボックスで、子のテーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。InfoPath では、両方のテーブルのフィールド名と一致する、リレーションシップを設定を試みます。お勧めのリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。リレーションシップを追加するには、リレーションシップの追加] をクリックします。リレーションシップの追加] ダイアログ ボックスでは、[それぞれの列では、関連する各フィールドの名前をクリックし、[ OK] をクリックします。

    3. [完了] をクリックします。

    4. 子テーブルを追加するには、これらの手順を繰り返してください。

  15. [次へ] をクリックします。

  16. ユーザーのコンピュータがネットワークに接続していなくても、このセカンダリ データ接続のデータを使用できるようにするには、[フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath は外部データ ソースに対するクエリを実行して、結果をフォーム テンプレートに保存します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオンにすると、クエリ結果がフォーム テンプレートに保存されます。データがフォーム テンプレートに保存されるため、コンピュータがネットワークに接続されていない場合でも、ユーザーが入力するフォーム内でデータを使用できます。このデータ接続から機密データを取得している場合は、コンピューターの紛失や盗難に備えて、この機能を無効にすることができます。

  17. [次へ] をクリックします。

  18. ウィザードの次のページで、このセカンダリ データ接続を説明する名前を入力します。[概要] セクションの情報が正しいことを確認します。ユーザーが新しいフォームを作成するとき、またはこのフォーム テンプレートに基づく既存のフォームを開くときに、セカンダリ データ接続を使用できるようにするには、[フォームを開くとき自動的にデータを取得する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

オフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成する

Access データベースへのセカンダリ データ接続をフォーム テンプレートに追加する前に、データベース管理者から次の情報を入手する必要があります。

  • データベースの名前と場所。

    注: データベースが、ユーザーがアクセスできるネットワーク上の場所にあるかどうかも確認する必要があります。ネットワーク上のユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームを作成する場合、データベースはユーザーがアクセスできるネットワーク上の場所に存在している必要があります。

  • フォーム テンプレートがデータベースに対してクエリを実行する場合、データベースに送信されるクエリの結果を提供するテーブルの名前が必要です。このテーブルは、クエリ データ接続を構成するときに、主テーブルになります。

  • 主テーブルのデータが必要になる他のテーブルの名前。ほとんどの場合、データベースではテーブルのリレーションシップが確立されています。プライマリ テーブルと別のテーブル間の関係を確立する必要があります、両方のテーブルに関連するフィールド名する必要があります。

これらの情報を入手した後、次の手順に従って、オフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成できます。

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで、[新しいデータ接続先]、[データの受信]、[次へ] の順にクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、[データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、[データベースの選択] をクリックします。

  6. [データ ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、データベースの場所を参照します。

    注: データベースは、ネットワーク上の場所に格納されている場合は、場所の UNC パスを参照します。対応付けられているネットワーク ドライブを通じてネットワーク上の場所を参照します。ネットワーク ドライブを使用している場合は、このフォーム テンプレートを基に作成したフォームはネットワーク ドライブからデータベースを検索します。ユーザーに割り当てられたネットワーク ドライブがない場合は、フォームには、データベースは検索されません。

  7. データベースの名前をクリックし、[開く] をクリックします。

  8. [表の選択] ダイアログ ボックスで、使用する主テーブルをクリックし、[OK] をクリックします。

  9. ウィザードの次のページで、[テーブルの列を表示する] チェック ボックスをオンにします。

    既定では、テーブル内のすべてのフィールドが、フォーム テンプレートのメイン データ ソースに追加されます。

  10. [データ ソース構造] で、メイン データ ソースに含めないフィールドのチェック ボックスをオフにします。

    このデータ接続で使用する他のテーブルまたはクエリを追加します。

    操作方法

    1. [追加] をクリックします。

    2. 追加のテーブルまたはクエリ] ダイアログ ボックスで、子のテーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。InfoPath では、両方のテーブルのフィールド名と一致する、リレーションシップを設定を試みます。お勧めのリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。リレーションシップを追加するには、リレーションシップの追加] をクリックします。リレーションシップの追加] ダイアログ ボックスでは、[それぞれの列では、関連する各フィールドの名前をクリックし、[ OK] をクリックします。

    3. [完了] をクリックします。

    4. 子テーブルを追加するには、これらの手順を繰り返してください。

  11. [次へ] をクリックします。

  12. ユーザーのコンピュータがネットワークに接続していなくても、このセカンダリ データ接続のデータを使用できるようにするには、[フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath は外部データ ソースに対するクエリを実行して、クエリの結果をテンプレートに保存します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオンにすると、クエリ結果がフォーム テンプレートに保存されます。データがフォーム テンプレートに保存されるため、コンピュータがネットワークに接続されていない場合でも、ユーザーが入力するフォーム内でデータを使用できます。このデータ接続から機密データを取得している場合は、コンピューターの紛失や盗難に備えて、この機能を無効にすることができます。

  13. [次へ] をクリックします。

  14. ウィザードの次のページで、このセカンダリ データ接続を説明する名前を入力します。[概要] セクションの情報が正しいことを確認します。ユーザーが新しいフォームを作成するとき、またはこのフォーム テンプレートに基づく既存のフォームを開くときに、セカンダリ データ接続を使用できるようにするには、[フォームを開くとき自動的にデータを取得する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

オフラインで使用する SharePoint ドキュメント ライブラリへのデータ接続を作成する

セカンダリ データ接続をフォーム テンプレートに追加する前に、サイト管理者から次の情報を入手する必要があります。

  • Microsoft Windows SharePoint Services サイトの場所、およびサイトにアクセスするために必要な権限。

  • ユーザーがドキュメント ライブラリまたはリストからデータにアクセスできるようにサイトが構成されているかどうか。

  • オフラインで使用するために、ドキュメント ライブラリまたはリストのデータをユーザーのコンピュータに保存できるかどうか。

これらの情報を入手した後、次の手順に従って、オフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成できます。

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで、[新しいデータ接続先]、[データの受信]、[次へ] の順にクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、[SharePoint ライブラリまたはリスト]、[次へ] の順にクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、ドキュメント ライブラリまたはリストが存在する SharePoint サイトの URL を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. ウィザードの次のページの [リストまたはライブラリの選択] ボックスの一覧で、使用するリストまたはライブラリをクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. ウイザードの次のページで、フォーム テンプレートにデータを提供するフィールドの横にあるチェック ボックスをオンにします。フォーム テンプレートがドキュメント ライブラリに発行された場合に、このフォーム テンプレートに基づくフォームによって、フォームに関するメタデータを取得できるようにするには、[作業中のフォームのデータのみを含める] チェック ボックスをオンにします。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. ユーザーのコンピュータがネットワークに接続していなくても、このセカンダリ データ接続のデータを使用できるようにするには、[フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath は外部データ ソースに対するクエリを実行して、クエリの結果をフォーム テンプレートに保存します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオンにすると、クエリ結果がフォーム テンプレートに保存されます。データがフォーム テンプレートに保存されるため、コンピュータがネットワークに接続されていない場合でも、ユーザーが入力するフォーム内でデータを使用できます。このデータ接続から機密データを取得している場合は、コンピューターの紛失や盗難に備えて、この機能を無効にすることができます。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. ウィザードの次のページで、このセカンダリ データ接続を説明する名前を入力し、[概要] セクションの情報が正しいことを確認します。

  12. ユーザーが新しいフォームを作成するとき、またはこのフォーム テンプレートに基づく既存のフォームを開くときに、セカンダリ データ接続を使用できるようにするには、[フォームを開くとき自動的にデータを取得する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

データの有効期間を設定する

外部データ ソースが新しいデータによって定期的に更新される場合は、キャッシュされたデータを使用するようにフォーム テンプレートを構成できます。このフォーム テンプレートに基づいたフォームでは、データは、外部データ ソースの更新スケジュールに応じて指定された日数の間使用できます。このようなフォームで使用できるデータの日数を制限することにより、外部データ ソースからのデータを定期的に更新するように、ユーザーに対して指示することができます。

データを更新するには、フォーム テンプレートで使用されるすべてのセカンダリ データ接続のデータを更新するボタンをフォーム テンプレートに追加します。

注: データ接続を更新するボタンを使用する場合、ネットワークに接続している場合のみこのボタンをクリックするようにユーザーに通知します。

キャッシュされたデータを使用できる日数を指定する

この設定は、フォーム テンプレート内のすべてのセカンダリ データ接続に適用されます。

  1. [ツール] メニューの [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [フォームのオプション] ダイアログ ボックスで、[カテゴリ] ボックスの一覧の [オフライン] をクリックします。

  3. [オフライン] で、[オフライン モードで使用できるように、クエリから返されたデータを保存する] チェック ボックスをオンにします。

  4. [保存されたクエリの有効日数] をクリックします。

  5. 一覧で、キャッシュされたデータをフォームで使用できる日数を選択します。

データ接続を更新するボタンを追加する

  1. 複数のビューを持つフォーム テンプレートの場合、[表示] メニューの [ビュー名] をクリックして、セカンダリ データ ソースのデータを表示するコントロールがあるビューに移動します。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. ボタン コントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  4. フォーム テンプレートに追加したボタン コントロールをダブルクリックします。

  5. [全般] タブをクリックします。

  6. [操作] ボックスの一覧で、[更新] をクリックします。

  7. [ラベル] ボックスに、ボタンに表示する名前を入力します。

  8. [設定] をクリックします。

  9. [更新] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • このデータ接続を使用して最新データを取得するようにボタンを構成するには、[1 つのセカンダリ データ ソース] をクリックします。

    • すべてのセカンダリ データ接続を使用して最新データを取得するようにボタンを構成するには、[すべてのセカンダリ データ ソース] をクリックします。

  10. [セカンダリ データ ソースを選択してください] ボックスの一覧で、クエリ データ接続に関連付けられているセカンダリ データ ソースをクリックします。

  11. 開いているダイアログ ボックスをすべて閉じるには、[OK] をクリックします。

  12. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

オフラインでの使用を無効にする

ユーザーがネットワークに接続している場合にのみフォームに入力できるように、フォーム テンプレートをデザインしたい場合があります。たとえば、重要なデータまたは機密データが含まれている外部データ ソースへのデータ接続がフォーム テンプレートに存在する場合、ネットワークに接続された状態でのみフォームに入力できるようにフォーム テンプレートを構成できます。この方法でフォーム テンプレートを構成すると、データがユーザーのコンピュータに保存されないため、コンピュータの紛失や盗難に備えてデータを保護できます。

コンピュータがネットワークに接続している場合にのみユーザーがフォームに入力できるようにフォーム テンプレートを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ツール] メニューの [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [フォームのオプション] ダイアログ ボックスで、[カテゴリ] ボックスの一覧の [オフライン] をクリックします。

  3. [オフライン] で、[データを利用できない場合は、このフォームにデータを入力できるようにする] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×