オフラインで使用するフォーム テンプレートをデザインする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

オフラインのフォームを理解します。

オフラインで使用できる SQL データベースへのデータ接続を作成します。

オフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成します。

オフラインで使用する SharePoint ドキュメント ライブラリへのデータ接続を作成します。

データの可用性を構成します。

オフラインで使用を無効にします。

オフラインのフォームを理解します。

自分のコンピューターがネットワークから切断されているときにユーザーが入力する Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートをデザインする必要があります。たとえば、保険の調整機能は、請求の調査中に、フィールドで使用できるフォーム テンプレートをデザインできます。フォーム テンプレートには、フォームに外部データベースからデータを提供するセカンダリ データ接続が含まれています。機能には、フォームに入力するためにこのデータが必要があります。Office で引き続きと、ネットワークに接続して保険の調整できる、このフォーム テンプレートを基にフォームを作成し、自分のコンピューターでフォームを保存します。フィールドで、調整しをネットワークに接続されているせずにフォームに入力します。Office に戻ると、ネットワークに再接続、機能は、[フォームを送信できます。

既定では、コンピューターに保存されているフォームは、ネットワーク接続なし操作できます。ユーザーは、フォーム テンプレートを基にフォームを作成するときに、InfoPath はダウンロードし、そのユーザーのコンピューター上のフォーム テンプレートにコピーを保存します。ユーザーがフォーム テンプレートを基にフォームを開いたときにいつでも、InfoPath はコンピューターへのネットワーク接続が最初に確認します。ネットワーク接続が既に存在する場合、InfoPath は、フォーム テンプレートをフォーム テンプレートの更新バージョンを確認する] からダウンロードした場所の場所を確認します。更新バージョンが既に存在する場合は、そのユーザーのコンピューター上のフォーム テンプレートが更新されます。ネットワーク接続が存在しない場合、InfoPath は、そのユーザーのコンピューターに保存されているフォーム テンプレートのバージョンを使用します。

オフラインで使用するフォーム テンプレートをデザインするために、ユーザーのコンピューターで、データのために必要なユーザーがフォームに記入するなど、コンピューターが番目に接続していない場合でも、リスト ボックス内のアイテムをユーザーが使用可能にある必要があります。 フォーム テンプレートを保存する必要があります。e ネットワークします。これらのコントロール内のデータは、外部データ ソースからセカンダリ データ接続が提供されます。フォーム テンプレートのいずれかまたはキャッシュと呼ばれる特殊なストレージの場所に、そのユーザーのコンピューターには、このデータを保存することができます。

追加するとセカンダリ データ接続をフォーム テンプレートにそのクエリのデータの外部データ ソースから、その外部データ ソースにクエリが送信されます。クエリの結果は、フォーム テンプレートに保存されます。ユーザーは、このフォーム テンプレートに基づく新しいフォームを作成するときは、ユーザーに、フォーム テンプレートに保存されているデータがあります。

フォームでは、このセカンダリ データ接続を使用するリスト ボックスの内容を更新するまたは InfoPath、外部データ ソースからの最新データでコンボ ボックス コントロールは、コンピューターの場合、キャッシュと呼ばれる特殊なストレージの場所にこのクエリの結果を格納する場合ネットワークに接続します。InfoPath では、このキャッシュ内のデータを使用して、これらのコントロールにデータを提供します。

データのセカンダリ データ接続を使用できるようにする、ユーザーが自分のコンピューターがネットワークに接続していない場合でも、次の一方または両方を行うことができます。

  • フォーム テンプレートで外部データ ソースからデータを保存します。

  • フォームを開くときに、第 2 のデータ接続を使用します。

ユーザーのコンピューターがオフラインでの作業のセカンダリ データ接続を構成すると、外部データ ソースから最新のデータを取得するフォーム テンプレートを構成することもできます。(指定日数のフォームで、既存のデータの可用性を制限) を最新のデータと、最新データを取得するボタンの追加を取得するフォーム テンプレートを構成することができます。

フォーム テンプレートにデータを保存します。

フォーム テンプレートのセカンダリ データ接続からのデータを格納するには、セカンダリ データ接続を作成するときにデータ接続ウィザードで、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。

データ接続ウィザードでこのチェック ボックスをクリックすると、外部データ ソースのデータをフォーム テンプレートに保存するように、フォーム テンプレートが構成されます。

このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath は外部データ ソースからデータを取得するのにデータ接続を使用します。[フォーム テンプレートでこのデータを格納します。ユーザーは、フォームを作成するか、既存のフォーム テンプレートに基づくフォームを開き、保存されているデータと共に、フォーム テンプレートのコピーがユーザーのコンピューターにダウンロードします。フォームの作成時にネットワークにそのユーザーのコンピューターが接続されている場合 InfoPath はフォームは、このデータ接続を使って外部データ接続からデータを取得します。フォームが作成されると、ユーザーはネットワークに接続していない、InfoPath は、そのユーザーのコンピューター上のフォーム テンプレートに保存されているデータを使用します。

データを取得したデータ接続を作成した時点でため、外部データ ソースが、ユーザーがこのフォーム テンプレートを基にフォームを作成時刻を更新されている可能性があります。ユーザーが新しいフォームを作成または既存のフォーム テンプレートに基づくフォームを開くときに、外部データ ソースから最新のデータを受信する場合は、フォームを開くときに、セカンダリ データ接続を使用するフォームをデザインする必要があります。

フォームを開くときに、セカンダリ データ接続を使う

ユーザーが外部データ ソースから最新のデータを受信する場合を使用してではなく、フォーム テンプレートに保存されているデータを選択フォームを開いたときにデータを自動的に取得する] チェック ボックスをオン データ接続ウィザードで作成するときに、セカンダリ データ接続します。 ユーザーが新しいフォームを作成するか既存のフォームを開く場合は常に、データ接続ウィザードの最後のページのこのチェック ボックスにより、このフォーム テンプレートを構成してこのデータ接続を使用します。

ユーザーは、ネットワークに接続している間に新しいフォームを作成するときに、InfoPath は、外部データ ソースから最新のデータを取得するのにこのセカンダリ データ接続を使用します。このデータは、キャッシュに保存されます。ユーザーは、自分のコンピューターに保存されている既存のフォームを開き、InfoPath は、コンピューターがネットワークに接続されているかどうかを確認します。場合は、コンピューターがネットワークに接続されている、InfoPath は、このデータ接続を使用して外部データ ソースから最新のデータを取得します。ユーザーはオフラインで作業している場合、InfoPath は、またはフォーム テンプレートのキャッシュに保存されているデータを使用します。

セキュリティ メモ: セカンダリ データ ソースから取得したデータは、テキストとしてコンピューターに保存されます。セカンダリ データ接続を外部データ ソースから機密性の高いデータの取得を使用している場合は、場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、許可のない使用からデータを保護するためには、この機能を無効にすることがあります。この機能を無効にした場合、データは、ユーザーがネットワークに接続されている場合にのみ使用されます。

最新のデータを取得します。

外部データ ソースが定期的に更新された場合、セカンダリ データ接続を介して最新データを取得するためのフォーム テンプレートを構成できます。これを行うには、現在、指定した日数のキャッシュに格納されているデータの可用性を制限することができ、フォームのすべてのセカンダリ データ接続を使用して外部データ ソースからデータを取得するためのボタンを追加できます。これにより、ユーザーが、最新のデータで作業していることを確認します。

または、制限できますセカンダリ データ接続からのデータの可用性くらいの期間の有効期限を設定して、そのユーザーのコンピューターに保存するにデータを使用します。 [フォームのオプション] ダイアログ ボックスの [オフライン カテゴリ] では、データをフォームに保存する期間を構成できます。

このオプションを使用して、InfoPath ではすべてのセカンダリ データ接続からのデータ フォームで使用日の指定された数だけにします。日数が経過した後、フォームのデータは表示されません。フォームで特定のセカンダリ データ接続またはすべてのセカンダリ データ接続を使ってデータを取得するユーザーがクリックして、フォームにボタンを追加できます。

セキュリティ メモ: データをフォームに使用できない場合でも、データは、セットの日数が経過した後、ユーザーのコンピューターに残ります。データは、オペレーティング システムでは、この領域を使用して、その他の保存するときにのみ上書きされます。

ページの先頭へ

オフラインで使用できる SQL データベースへのデータ接続を作成します。

Microsoft SQL Server データベースにフォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加する前に、データベース管理者から、次の情報が必要。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースが保存されているサーバーの名前。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースの名前。

  • データベースが必要な認証します。データベースは、Microsoft Windows 認証または SQL Server 認証を使用して、ユーザーがデータベースにアクセスする方法を決定します。

  • フォームに送信するデータが含まれているテーブルの名前。これは、主テーブルです。データベース内の 1 つ以上のテーブルを使用する場合は、その他の人の名前、子テーブルする必要があります。主テーブルのフィールドの関係を持っている子テーブル内のフィールドの名前も必要です。

  • かどうかオフラインで使用するフォームで、クエリの結果を安全に保存できます。

この情報を入手するとオフラインで使用できる SQL データベースへのデータ接続を作成するのには、次の手順を使用することができます。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードへの新しい接続の作成] をクリックし、[データの受信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、 [データベースの選択] をクリックします。

  6. データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、新しいソース] をクリックします。

  7. 接続するデータ ソースの種類] ボックスの一覧では、 Microsoft SQL Server] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. サーバー名] ボックスに、データベースが保存されているサーバーの名前を入力します。

  9. [ログイン資格情報を、次のいずれかの操作を行います。

    • アクセス権を持つデータベースと判断した場合に、サーバーでは、Microsoft Windows のネットワークで使用する資格情報に基づいて、[ Windows 認証を使用する] をクリックします。

    • アクセス権を持つデータベースが判断した場合は、指定したユーザー名とデータベース管理者から取得したパスワードに基づいてサーバーに次のユーザー名とパスワードを使用するには、をクリックし、ユーザー名でそのユーザー名とパスワードを入力と [パスワード] ボックス。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. 一覧で、目的のデータが入力されているデータベースを選択してウィザードの次のページを使用して、特定のテーブルに接続する] チェック ボックスをオンに、主テーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックするデータベースをクリックします。.

  12. ファイル名] ボックスに、ウィザードの次のページで、データ接続情報を格納するファイルの名前を入力します。

  13. これらの設定を保存するには、[完了] をクリックします。

  14. クエリのデータ接続に使用する他のテーブルを追加します。

    方法

    1. テーブルの追加] をクリックします。

    2. 追加のテーブルまたはクエリ] ダイアログ ボックスで、子のテーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。InfoPath では、両方のテーブルのフィールド名と一致する、リレーションシップを設定を試みます。お勧めのリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。リレーションシップを追加するには、リレーションシップの追加] をクリックします。リレーションシップの追加] ダイアログ ボックスでは、[それぞれの列では、関連する各フィールドの名前をクリックし、[ OK] をクリックします。

    3. [完了] をクリックします。

    4. その他の子テーブルを追加するには、次の手順を繰り返します。

  15. [次へ] をクリックします。

  16. ユーザーのコンピューターがネットワークに接続していない場合でも使用できる場合は、このセカンダリ データ接続からデータを表示する場合は、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath は外部データ ソースのクエリを実行し、結果が、フォーム テンプレートに保存します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオン、フォーム テンプレートで、クエリの結果を格納します。いるため、フォーム テンプレートにデータが保存されますが、ユーザーが記入するフォームで使用が自分のコンピューターがネットワークに接続していない場合でもします。このデータ接続から機密性の高いデータを取得する場合場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するのには、この機能を無効にすることがあります。

  17. [次へ] をクリックします。

  18. ウィザードの次のページには、このセカンダリ データ接続のわかりやすい名前を入力します。[概要] セクションの情報が正しいことを確認します。ユーザーが新しいフォームを作成または既存のフォーム テンプレートに基づくフォームを開くときに、このセカンダリ データ接続を使用するには、自動的にフォームを開いたときにデータを取得する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

オフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成します。

フォーム テンプレートに Access データベースへのセカンダリ データ接続を追加する前に、データベース管理者から、次の情報が必要。

  • データベースの場所と名前。

    注: データベースが、ネットワーク上の場所をユーザーにアクセスできるかどうかを知る必要もします。ネットワーク上の他のユーザーはこのフォーム テンプレートに基づくフォームを作成する場合、データベースをユーザーにアクセスできるネットワーク上の場所である必要があります。

  • フォーム テンプレートには、データベース クエリのみが、データベースに送信されたクエリの結果を提供するテーブルの名前する必要があります。クエリのデータ接続を構成する場合は、次の表をプライマリ テーブルになります。

  • 主テーブルのデータが必要になる他のテーブルの名前。ほとんどの場合、データベースではテーブルのリレーションシップが確立されています。プライマリ テーブルと別のテーブル間の関係を確立する必要があります、両方のテーブルに関連するフィールド名する必要があります。

この情報を入手するとオフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成するのには、次の手順を使用することができます。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードへの新しい接続の作成] をクリックし、[データの受信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、 [データベースの選択] をクリックします。

  6. データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、データベースの場所を参照します。

    注: データベースは、ネットワーク上の場所に格納されている場合は、場所の UNC パスを参照します。対応付けられているネットワーク ドライブを通じてネットワーク上の場所を参照します。ネットワーク ドライブを使用している場合は、このフォーム テンプレートを基に作成したフォームはネットワーク ドライブからデータベースを検索します。ユーザーに割り当てられたネットワーク ドライブがない場合は、フォームには、データベースは検索されません。

  7. データベースの名前をクリックし、[開く] をクリックします。

  8. テーブルの選択] ダイアログ ボックスで、プライマリ テーブルを使うをクリックし、[し、[ OK] をクリックします。

  9. ウィザードの次のページで、[表の列を表示する] チェック ボックスを選択します。

    既定では、すべてのテーブルのフィールドは、フォーム テンプレートのメインのデータ ソースに追加されます。

  10. [データ ソースの構造を、メインのデータ ソースに含めるたくないフィールドのチェック ボックスをオフにします。

    他のテーブルまたはデータ接続に使用するクエリを追加します。

    方法

    1. テーブルの追加] をクリックします。

    2. 追加のテーブルまたはクエリ] ダイアログ ボックスで、子のテーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。InfoPath では、両方のテーブルのフィールド名と一致する、リレーションシップを設定を試みます。お勧めのリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。リレーションシップを追加するには、リレーションシップの追加] をクリックします。リレーションシップの追加] ダイアログ ボックスでは、[それぞれの列では、関連する各フィールドの名前をクリックし、[ OK] をクリックします。

    3. [完了] をクリックします。

    4. その他の子テーブルを追加するには、次の手順を繰り返します。

  11. [次へ] をクリックします。

  12. このセカンダリ データ接続からのデータ使用できるようにするユーザーのコンピューターがネットワークに接続していない場合でも、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath は外部データ ソースのクエリを実行し、テンプレートにクエリの結果を保存します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオン、フォーム テンプレートで、クエリの結果を格納します。いるため、フォーム テンプレートにデータが保存されますが、ユーザーが記入するフォームで使用が自分のコンピューターがネットワークに接続していない場合でもします。このデータ接続から機密性の高いデータを取得する場合場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するのには、この機能を無効にすることがあります。

  13. [次へ] をクリックします。

  14. ウィザードの次のページには、このセカンダリ データ接続のわかりやすい名前を入力します。[概要] セクションの情報が正しいことを確認します。ユーザーが新しいフォームを作成または既存のフォーム テンプレートに基づくフォームを開くときに、このセカンダリ データ接続を使用するには、自動的にフォームを開いたときにデータを取得する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

オフラインで使用する SharePoint ドキュメント ライブラリへのデータ接続を作成します。

フォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加する前に、サイト管理者から、次の情報が必要。

  • Microsoft Windows SharePoint Services サイト、およびアクセスに必要な権限の場所。

  • 検証サイト構成されているため、ユーザーがドキュメント ライブラリまたはリストからデータにアクセスします。

  • 確認がオフラインで使用するユーザーのコンピューター上のドキュメント ライブラリまたはリストからデータを保存することができます。

この情報を入手するとオフラインで使用する Access データベースへのデータ接続を作成するのには、次の手順を使用することができます。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードへの新しい接続の作成] をクリックし、[データの受信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページでは、 SharePoint ライブラリまたはリストをクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、ドキュメント ライブラリまたはリストがある SharePoint サイトの URL を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. リストまたはライブラリの選択] の一覧で、ウィザードの次のページでは、リストまたはライブラリを使うをクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページで、フォーム テンプレートにデータを提供するフィールドの横にあるチェック ボックスを選択します。フォーム テンプレートをドキュメント ライブラリに発行するが、必要に応じてフォームに関するメタデータを取得するには、このフォーム テンプレートに基づくフォーム場合は、アクティブなフォームのみのデータを含める] チェック ボックスを選択します。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. このセカンダリ データ接続からのデータ使用できるようにするユーザーのコンピューターがネットワークに接続していない場合でも、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath は外部データ ソースのクエリを実行し、フォーム テンプレートにクエリの結果を保存します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオン、フォーム テンプレートで、クエリの結果を格納します。いるため、フォーム テンプレートにデータが保存されますが、ユーザーが記入するフォームで使用が自分のコンピューターがネットワークに接続していない場合でもします。このデータ接続から機密性の高いデータを取得する場合場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するのには、この機能を無効にすることがあります。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. ウィザードの次のページで、このセカンダリ データ接続のわかりやすい名前を入力し、[概要] セクションの情報が正しいことを確認します。

  12. ユーザーが新しいフォームを作成または既存のフォーム テンプレートに基づくフォームを開くときに、このセカンダリ データ接続を使用するには、自動的にフォームを開いたときにデータを取得する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

データの可用性を構成します。

場合は、外部データ ソースは、新しいデータを定期的に更新が、キャッシュされたデータを使用できるようにするフォーム テンプレートを構成できます。このデータは、限られた日に対応する外部データ ソースの更新スケジュールの場合は、このフォーム テンプレートに基づくフォームを使用します。データは、このフォーム テンプレートに基づくフォームを使用する日数を制限すると、ユーザーが定期的に外部データ ソースからデータを更新することを要求することができます。

データを更新するには、すべてのフォーム テンプレートで使用されるセカンダリ データ接続からデータを更新するユーザーがクリックして、フォーム テンプレートにボタンを追加できます。

注: データ接続を更新するボタンを使用している場合は、ユーザーがネットワークに接続されている場合にのみ、このボタンをクリックを伝えます。

キャッシュされたデータがあるまでの日数を指定します。

この設定は、すべてのフォーム テンプレートのセカンダリ データ接続に適用されます。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [分類] ボックスの [フォームのオプション] ダイアログ ボックスで、 [オフライン] をクリックします。

  3. オフラインの場合は、[オフライン モードで使えるようにクエリから返されたデータを格納する] チェック ボックスをクリックします。

  4. この日数後に期限切れに保存されたクエリ] をクリックします。

  5. 一覧で、キャッシュ データをフォームに有効にするまでの日数を選択します。

データ接続を更新するためのボタンを追加します。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. ボタンのコントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  4. フォーム テンプレートに追加する] ボタンをダブルクリックします。

  5. [全般] タブをクリックします。

  6. アクションリストで、[更新] をクリックします。

  7. [ラベル] ボックスには、ボタン上に表示する名前を入力します。

  8. [設定] をクリックします。

  9. [更新] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • このデータ接続を最新のデータを取得する] ボタンを設定するのには、 1 つのセカンダリ データ ソースをクリックします。

    • すべてのセカンダリ データ接続を最新のデータを取得する] ボタンを設定するのには、すべてのセカンダリ データ ソースをクリックします。

  10. セカンダリ データ ソースの選択] の一覧では、クエリのデータ接続に関連付けられているセカンダリ データ ソースをクリックします。

  11. すべての [開く] ダイアログ ボックスを閉じるには、 [ok]をクリックします。

  12. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

オフラインで使用を無効にします。

場合によっては、ネットワークに接続されているときに、フォームに記入するユーザーのみを許可するフォーム テンプレートをデザインするされます。たとえば、フォーム テンプレートが、機密データが含まれる外部データ ソースのデータ接続を場合に接続されている状態のみに記入するフォームを許可するフォーム テンプレートを構成します。この方法でフォーム テンプレートを構成して、データのユーザーのコンピューターに保存されていないために、場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護できます。

ユーザーに、自分のコンピューターがネットワークに接続されている場合にのみ、フォームに入力できるように、フォーム テンプレートを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [分類] ボックスの [フォームのオプション] ダイアログ ボックスで、 [オフライン] をクリックします。

  3. オフラインの場合は、で、[ユーザーのデータが使用できない場合は、このフォームに入力を許可する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×