オフラインで使用するためのセカンダリ データ接続を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現在ネットワークに接続していないか、またはフォームの外部データ ソースを利用できないコンピューターでユーザーが入力する可能性があるフォーム テンプレートをデザインしている場合は、そのフォーム テンプレートに基づくフォームがセカンダリ データ接続を使用するたびにこのデータ接続からデータをキャッシュするようにフォーム テンプレートを構成できます。

注: フォーム テンプレートのメイン データ接続は、外部データ ソースからデータをキャッシュするように構成することはできません。フォームのメイン データ接続は、フォームがネットワークに接続した場合にのみデータを取得します。

このトピックの内容

概要

互換性に関する考慮事項

オフラインで使用するためのデータ接続を構成する

フォーム テンプレートのオフラインでの動作を変更する

概要

フォーム テンプレートに基づくフォームには、ユーザーがフォームに入力したりフォームを送信したりする必要のある、外部データ ソースからデータを取得するセカンダリ データ接続が含まれている場合があります。コンピューターがネットワークに接続していないか、フォームが外部データ ソースに接続できない場合に、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームに入力できるようにするには、フォームがセカンダリ データ接続を使用するたびにユーザーのコンピューターにデータをキャッシュできるようにフォーム テンプレートを構成します。セカンダリ データ接続から取得したデータがキャッシュされると、コンピューターがネットワークに接続していない場合や外部データ ソースを利用できない場合でも、ユーザーはデータにアクセスできます。

セキュリティに関するお知らせ : セカンダリ データ接続からデータをキャッシュするフォームを許可するフォーム テンプレートを構成する前に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み場合、データに発生する可能性が検討してください。機密性の高いデータを取得するセカンダリ データ接続を使用している、いない場合は場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するには、この機能を有効にします。機密性の高いデータを取得して、フォームの場合は、コンピューターがネットワークに接続されている場合にのみにデータを取得するセカンダリ データ接続を構成できます。

フォームがセカンダリ データ接続から取得したデータをキャッシュできるようにフォーム テンプレートを構成すると、Microsoft Office InfoPath では、フォームがセカンダリ データ接続を使用するたびにキャッシュされたデータがユーザーのコンピューターに保存されます。フォーム テンプレートに複数のセカンダリ データ接続がある場合は、すべてのデータ接続からデータをキャッシュするように、フォーム テンプレートを構成する必要があります。特定のセカンダリ データ接続からのデータのみをキャッシュするように、フォーム テンプレートを構成することはできません。

InfoPath では既定で、フォームがこのデータを無限にキャッシュできるようにフォーム テンプレートが構成されます。フォームが指定日数の間のみ、キャッシュされたこのデータにアクセスできるように、フォーム テンプレートを構成することができます。フォームがキャッシュされたデータを指定日数の間のみ保存するようにフォーム テンプレートを構成した場合、InfoPath では、指定日数を過ぎるとフォームがキャッシュ内のデータを利用できなくなります。キャッシュ内のデータは、InfoPath によって古いデータが新しいデータで上書きされるか、またはユーザーが [作業の開始] ダイアログ ボックスを使用してコンピューターからフォームを削除するまで、ユーザーのコンピューターに残ります。[作業の開始] ダイアログ ボックスは、InfoPath の起動時に表示されます。

セキュリティに関するお知らせ : キャッシュ内のデータは、メモ帳などのテキスト エディターで読むことができるテキストとして、ファイルに保存されます。機密性の高いデータを取得するセカンダリ データ接続を使用する場合は、コンピューターがネットワークに接続されたときにのみデータを取得するように、セカンダリ データ接続を構成することをお勧めします。

InfoPath では既定で、フォームがセカンダリ データ接続からデータを取得できない場合でも、ユーザーはフォームに入力できます。ただし、ネットワークに接続していない場合は、ユーザーがフォームに入力できなくなるように、フォーム テンプレートを構成することもできます。たとえば、ユーザーが最初にフォームを開いたときにのみデータを取得するセカンダリ データ接続があり、そのセカンダリ データ接続は、それ以降ユーザーがフォームを開いても利用できない場合は、警告メッセージを表示して、InfoPath を閉じるように、フォーム テンプレートを構成することができます。

セカンダリ データ接続から取得したデータをキャッシュするようにフォーム テンプレートを構成するには、データ接続を作成するときにデータ接続ウィザードを使用するか、または、[ツール] メニューの [データ接続] をクリックするとアクセスできる [データ接続] ダイアログ ボックスを使用して、フォーム テンプレートを構成することができます。InfoPath では既定で、セカンダリ データ接続からのデータがなくてもユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームに入力でき、データ接続から取得したデータを無限に保存できるように、フォーム テンプレートが構成されます。この既定の動作は、[フォームのオプション] ダイアログ ボックスを使用して変更できます。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

フォームがセカンダリ データ ソースから取得したデータをキャッシュするように、ブラウザー互換フォーム テンプレートを構成することはできますが、キャッシュできるのは、InfoPath で入力するフォームのデータだけです。Web ブラウザーで入力するフォームでは、セカンダリ データ接続から取得したデータをキャッシュすることができません。

ページの先頭へ

オフラインで使用するためのデータ接続を構成する

セカンダリ データ接続から取得したデータをキャッシュするようにフォーム テンプレートを既に構成している場合は、この手順を省略して、フォーム テンプレートに基づくフォームについて、オフラインでの既定の動作のみを変更することができます。

セキュリティに関するお知らせ : セカンダリ データ接続からデータをキャッシュするフォームを許可するフォーム テンプレートを構成する前に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み場合、データに発生する可能性が検討してください。機密性の高いデータを取得するセカンダリ データ接続を使用している、いない場合は場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するには、この機能を有効にします。機密性の高いデータを取得して、フォームの場合は、コンピューターがネットワークに接続されている場合にのみにデータを取得するセカンダリ データ接続を構成できます。

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [このフォーム テンプレートのデータ接続] ボックスの一覧で、オフラインで使用するために構成するセカンダリ データ接続をクリックし、[変更] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで、[フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスのあるページが見つかるまで、[次へ] をクリックします。

  4. [フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにします。

  5. ウィザードが終了するまで、[次へ] をクリックします。

  6. オフラインで使用するように構成する他のすべてのセカンダリ データ接続について、手順 2. ~ 5. を繰り返します。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートのオフラインでの動作を変更する

InfoPath では既定で、セカンダリ データ接続からデータを利用できない場合でも、ユーザーはフォーム テンプレートに基づくフォームに入力することができます。また、InfoPath では、キャッシュ内のデータは無限に利用できるように構成されています。データをセカンダリ データ接続から利用できる場合に限り、ユーザーがフォームに入力できるようにフォーム テンプレートを構成することができます。また、キャッシュ内のデータを利用できる期限を設定することもできます。

  1. [ツール] メニューの [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ] ボックスの一覧で、[フォームのオプション] ダイアログ ボックスの [オフライン] をクリックします。

  3. データ接続からデータを利用できる場合に限り、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームに入力できるようにするには、[データを利用できない場合は、このフォームにデータを入力できるようにする] チェック ボックスをオフにします。このチェック ボックスがオフで、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームを作成するときにデータを取得するようにデータ接続が構成されていると、警告メッセージがユーザーに表示されます。ユーザーが [OK] をクリックした後で、InfoPath は終了します。

  4. セカンダリ データ接続から取得したデータを指定日数の間のみ利用できるようにするには、[オフライン モードで使用できるように、クエリから返されたデータを保存する] チェック ボックスをオンにし、[保存されたクエリの有効日数] をクリックして、日数をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×