オフラインで使用するためのセカンダリ データ接続を構成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレートを基にフォームがキャッシュされるように、フォーム テンプレートを構成するネットワークに接続していないコンピューターのユーザーが入力するフォーム テンプレートをデザインするフォームの外部データ ソースが利用できない場合、フォームは、このデータ接続を使用するたびに、セカンダリ データ接続からのデータ。

注: 外部データ ソースからデータをキャッシュするフォーム テンプレートのメイン データ接続を構成することはできません。フォームのメインのデータ接続は、フォームがネットワークに接続されている場合、データを取得のみことができます。

この記事の内容

概要

互換性に関する考慮事項

オフラインで使用できるデータ接続を構成します。

フォーム テンプレートのオフラインでの動作を変更します。

概要

フォーム テンプレートに基づくフォームに入力して、フォームを送信するユーザーで必要な外部データ ソースからデータを取得するセカンダリ データ接続があります。ユーザーが自分のコンピューターが、フォームは、外部データ ソースに接続できない場合またはネットワークに接続していないときに、このフォーム テンプレートに基づくフォームに入力できるように、ユーザーのコンピューター wheneve 上のデータをキャッシュするフォームを許可するフォーム テンプレートを構成します。セカンダリ データ接続を使用するフォームです。セカンダリ データ接続からのデータがキャッシュされると、自分のコンピューターがネットワークに接続していない、または外部データ ソースが利用できない場合にユーザー データへのアクセスがあります。

セキュリティ メモ: セカンダリ データ接続からデータをキャッシュするフォームを許可するフォーム テンプレートを構成する前に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み場合、データに発生する可能性が検討してください。機密性の高いデータを取得するセカンダリ データ接続を使用している、いない場合は場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するには、この機能を有効にします。機密性の高いデータを取得して、フォームの場合は、コンピューターがネットワークに接続されている場合にのみにデータを取得するセカンダリ データ接続を構成できます。

セカンダリ データ接続からデータをキャッシュするフォームを許可するフォーム テンプレートを構成する場合は、Microsoft Office InfoPath はフォームのセカンダリ データ接続を使用するときにいつでもユーザーのコンピューターにキャッシュされたデータを保存します。フォーム テンプレートで、[1 つ以上のセカンダリ データ接続があればからすべてのデータ接続のキャッシュ データへのフォーム テンプレートを構成する必要があります。特定のセカンダリ データ接続のみからデータをキャッシュするフォーム テンプレートを構成ことはできません。

既定では、InfoPath は、フォームは、このデータを無限にキャッシュされるように、フォーム テンプレートを構成します。フォーム テンプレートを構成するには、そのフォームが指定日数のキャッシュ データにアクセスできるようにします。フォームが指定日数のキャッシュされたデータを保存するために、フォーム テンプレートを構成する場合は、InfoPath では、日数が経過した後、キャッシュ内のデータを使ってがのフォームができなくなります。キャッシュ内のデータは、InfoPath は、新しいデータをキャッシュ内の古いデータを上書きするか、フォームをユーザーが作業の開始] ダイアログ ボックスで、自分のコンピューターから削除されるまで、ユーザーのコンピューターに残ります。InfoPath を起動したときに、[作業の開始] ダイアログ ボックスが表示されます。

セキュリティ メモ: キャッシュ内のデータは、メモ帳などのテキスト エディターで読み取れるようにテキストとして、ファイルに保存されます。セカンダリ データ接続の機密性の高いデータの取得を使用している場合は、コンピューターがネットワークに接続されている場合にのみにデータを取得するセカンダリ データ接続を構成します。

InfoPath では既定では、フォームに入力するフォームのセカンダリ データ接続からデータを取得することがない場合でもができます。ただし、ユーザーはネットワークに接続されていない場合は、フォームに入力できないようにするフォーム テンプレートを構成することができます。たとえば、ユーザーが最初に、フォームを開くと、ユーザーがフォームを開いたときのセカンダリ データ接続が使用できない場合にのみデータを取得するためのセカンダリ データ接続を使っている場合は、警告メッセージを表示して閉じるフォーム テンプレートを構成ことができます。InfoPath します。

セカンダリ データ接続からデータをキャッシュするフォーム テンプレートを構成するには、データ接続を作成するか、アクセスできるデータ接続] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートを構成するときに、データ接続ウィザードを使うことができます。[ツール] メニューには、データ接続をクリックします。既定では、InfoPath は、ユーザーはセカンダリ データ接続からデータを含まない場合は、このフォーム テンプレートに基づくフォームに入力して、データ接続からデータを無限に格納されるように、フォーム テンプレートを構成します。フォームのオプション] ダイアログ ボックスでこの既定の動作を変更することができます。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

セカンダリ データ ソースからデータをキャッシュするフォームをできるようにするのには、 ブラウザー互換フォーム テンプレートを構成するには、InfoPath で入力するだけのフォーム、キャッシュ データことができます。フォームを Web ブラウザーで入力するには、セカンダリ データ接続からのデータをキャッシュできません。

ページの先頭へ

オフラインで使用できるデータ接続を構成します。

既にセカンダリ データ接続からデータをキャッシュするフォーム テンプレートを構成している、この手順をスキップするでき、単にフォーム テンプレートに基づくフォームのオフラインで既定の動作を変更できます。

セキュリティ メモ: セカンダリ データ接続からデータをキャッシュするフォームを許可するフォーム テンプレートを構成する前に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み場合、データに発生する可能性が検討してください。機密性の高いデータを取得するセカンダリ データ接続を使用している、いない場合は場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するには、この機能を有効にします。機密性の高いデータを取得して、フォームの場合は、コンピューターがネットワークに接続されている場合にのみにデータを取得するセカンダリ データ接続を構成できます。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートのデータ接続の一覧で、オフラインで使用するを構成するセカンダリ データ接続をクリックし、[変更] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードをフォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを含むページが表示されるまでクリックします。

  4. フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。

  5. ウィザードを終了するまでは、をクリックします。

  6. オフラインで使用を構成するその他のセカンダリ データ接続の手順 2 ~ 5 を繰り返します。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートのオフラインでの動作を変更します。

InfoPath では既定では、セカンダリ データ接続からのデータがない場合でも、フォーム テンプレートに基づくフォームに入力ができます。InfoPath も、データのキャッシュに利用可能な無期限。ユーザーがフォームに入力するセカンダリ データ接続からデータがある場合にのみを許可するフォーム テンプレートを構成することができます。どのくらい時間、キャッシュ内のデータは使用可能に制限を設定することもできます。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [分類] ボックスの [フォームのオプション] ダイアログ ボックスで、 [オフライン] をクリックします。

  3. ユーザーがデータ接続からのデータがある場合にのみ、このフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するには、ユーザーがデータが利用できない場合は、このフォームに入力できるようにする] チェック ボックスをオフにします。このチェック ボックスをオフになっているユーザーは、このフォーム テンプレートを基にフォームを作成するときにデータを取得するデータ接続が構成されている場合は、ユーザーに警告メッセージが表示されます。ユーザーは、 [ok]をクリックすると、InfoPath を閉じます。

  4. 指定日数のセカンダリ データ接続からのデータを使用できるようにするには、オフライン モードで使えるようにクエリから返されたデータを格納] チェック ボックスをオンにこの日数後に期限切れに保存されたクエリ] をクリックし、をクリックしてください稼働日の数。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×