エンドユーザーによる最新式のサイト ページの作成を許可または禁止する

エンドユーザーによる最新式のサイト ページの作成を許可または禁止する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SharePoint Onlineページの使用は、画像、Excel、Word および PowerPoint ドキュメント、ビデオ、およびその他を使用してアイデアを共有する優れた方法です。任意のデバイスで見栄えし、迅速かつ簡単に作成および公開する新しいページをユーザーができます。

Office 365 のグローバルまたはSharePointの管理者である場合は、許可またはSharePoint Onlineサイトのページのユーザーが作成されないようにできます。Microsoft の PowerShell スクリプトを使用して、 SharePoint管理センターで、またはサイト レベルで設定を変更することによって、組織全体を行うことができます。

注: 次の手順では、 SharePointページだけにします。サイトのページの作成を許可しているときに設定] メニューの追加] ページのコマンドは、新しいサイトのページを作成します。場合は、サイトのページを作成する機能をオフにすると、ユーザーのホーム ページの [新規作成] メニューからSharePointページを追加したりできますクラシック] ページから同じコマンドを使用して Wiki ライブラリに追加します。

組織レベルでサイト ページの作成を許可または禁止するには、SharePoint 管理センターで行います。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン Office 365 のアプリ起動ツールのアイコン を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左側のウィンドウで [設定] を選びます。

  5. サイトのページ] の横にあるサイトのページを作成するのには、ユーザーの許可] または [サイトのページを作成するようにを選択します。

  1. 最新の SharePoint Online 管理シェルをダウンロードします

  2. SharePoint Online のクライアント コンポーネント SDKをインストールします。

  3. Office 365 のグローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint Online に接続します。その方法については、「Getting started with SharePoint Online Management Shell」 (SharePoint Online 管理シェルを開始する)を参照してください。

    注: 実行ポリシーについてを参照し、[署名されていないスクリプトを実行するには、管理者と、正しい実行ポリシーとして、SharePoint Online Management Shell を実行するかどうかを確認します。

  4. 次のコードをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。

    # Load SharePoint Online Client Components SDK Module
    Import-Module 'C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Web Server Extensions\16\ISAPI\Microsoft.SharePoint.Client.dll'
    
    # Set script constants
    $sitePagesFeatureIdString = 'B6917CB1-93A0-4B97-A84D-7CF49975D4EC'
    
    # Set up client context
    $userName = Read-Host "Username"
    $password = Read-Host "Password" -AsSecureString
    $siteUrl = Read-Host "Site Url"
    $webUrl = Read-Host "Server-Relative Web Url"
    $context = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($siteUrl)
    $credentials = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($userName, $password)
    $context.Credentials = $credentials
    
    # Get the list of existing features
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is present in the web
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -eq 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature is already disabled in this web"
    	return
    }
    
    # Remove the Site Pages feature from the web
    $features.Remove((new-object 'System.Guid' $sitePagesFeatureIdString), $false)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is no longer present in the Web
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -eq 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature has been successfully disabled"
    }
    else
    {	
    	throw "The Site Pages feature failed to be disabled"
    }
    
  5. テキスト ファイルを保存し、[拡張子を変更します。この例では、名前を SitePagesOut.ps1 します。

    注: 別のファイル名を使用できますが、拡張子が .ps1 の ANSI でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存する必要があります。

  6. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  7. 次のコマンドを実行します。

    ./SitePagesOut.ps1
  8. スクリプトでは、 SiteUrlWebUrlを求められます。

    "Https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing/northwindcompete"などのサイトがある場合

    入力のSiteUrl : https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing

    sites/marketing/northwindcompete WebUrlの入力と

  1. 最新の SharePoint Online 管理シェルをダウンロードします

  2. SharePoint Online のクライアント コンポーネント SDKをインストールします。

  3. Office 365 のグローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint Online に接続します。その方法については、「Getting started with SharePoint Online Management Shell」 (SharePoint Online 管理シェルを開始する)を参照してください。

    注: 実行ポリシーについてを参照し、[署名されていないスクリプトを実行するには、管理者と、正しい実行ポリシーとして、SharePoint Online Management Shell を実行するかどうかを確認します。

  4. 次のコードをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。

    # Load SharePoint Online Client Components SDK Module
    Import-Module 'C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Web Server Extensions\16\ISAPI\Microsoft.SharePoint.Client.dll'
    
    # Set script constants
    $sitePagesFeatureIdString = 'B6917CB1-93A0-4B97-A84D-7CF49975D4EC'
    
    # Set up client context
    $userName = Read-Host "Username"
    $password = Read-Host "Password" -AsSecureString
    $siteUrl = Read-Host "Site Url"
    $webUrl = Read-Host "Server-Relative Web Url"
    $context = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($siteUrl)
    $credentials = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($userName, $password)
    $context.Credentials = $credentials
    
    # Get the list of existing features
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is not present in the web
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -gt 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature is already enabled in this web"
    	return
    }
    
    # Add the Site Pages feature back to the web
    $features.Add((new-object 'System.Guid' $sitePagesFeatureIdString), $false, [Microsoft.SharePoint.Client.FeatureDefinitionScope]::None)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is now present in the web
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -gt 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature has been successfully enabled"
    }
    else
    {
    	throw "The Site Pages feature failed to be enabled"
    }
    
  5. テキスト ファイルを保存し、[拡張子を変更します。この例では、名前を SitePagesIn.ps1 します。

    注: 別のファイル名を使用できますが、拡張子が .ps1 の ANSI でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存する必要があります。

  6. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  7. 次のコマンドを実行します。

    ./SitePagesIn.ps1
  8. スクリプトでは、 SiteUrlWebUrlを求められます。

    "Https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing/northwindcompete"などのサイトがある場合

    入力のSiteUrl : https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing

    sites/marketing/northwindcompete WebUrlの入力と

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×