エンドユーザーによる最新式のサイト ページの作成を許可または禁止する

エンドユーザーによる最新式のサイト ページの作成を許可または禁止する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Onlineページの使用は、画像、Excel、Word および PowerPoint ドキュメント、ビデオ、およびその他を使用してアイデアを共有する優れた方法です。任意のデバイスで見栄えし、迅速かつ簡単に作成および公開する新しいページをユーザーができます。

SharePointを管理する場合は、許可またはSharePoint Onlineサイトのページのユーザーが作成されないようにできます。これは、 SharePoint管理センターで、設定を変更するか、Windows PowerShell スクリプトを使用して行うことができます。

注記: 

  • 次の手順では、 SharePoint Onlineページだけにします。サイトのページの作成を許可しているときに設定] メニューの追加] ページのコマンドは、新しいサイトのページを作成します。場合は、サイトのページを作成する機能をオフにすると、ユーザーが同じコマンドを使用して Wiki ライブラリにクラシック] ページを追加できますまだ。

  • サイト レベルでサイト ページの作成を許可または禁止するには、Windows PowerShell スクリプトを使用します。

組織レベルでサイト ページの作成を許可または禁止するには、SharePoint 管理センターで行います。

  1. [管理センター]、[SharePoint] を順に選択します。

    管理者, SharePoint

  2. [設定] を選びます。

  3. [サイトのページ] の隣で、[ユーザーによるサイト ページの作成を許可する] または [ユーザーによるサイト ページの作成を禁止する] のいずれかを選択します。

Windows PowerShell スクリプトを使用して、サイト レベルでサイト ページの作成を許可または禁止する

注: Windows PowerShell スクリプトを実行するために最低限必要な SharePoint Server 2016 の実行ポリシーは RemoteSigned です。ただし、Windows PowerShell の既定のポリシーには制限があります。制限付きのポリシーの場合、SharePoint 2016 の管理シェルは、Windows PowerShell のポリシーを RemoteSigned に変更します。つまり、管理者特権の管理アクセス許可を持つ SharePoint 2016 管理シェルを開始するには、管理者として実行を選択する必要があります。この変更は、すべての Windows PowerShell セッションに適用されます。詳細については、「ExecutionPolicy 列挙」を参照してください。 スクリプトと実行ポリシーの詳細については、「about_scripts」および「about_Execution_Policies」を参照してください。

この操作には、クライアント側のオブジェクト モデル (CSOM) を使用します。スクリプトを使用する前に、次の前提条件が満たしていることを確認します。

  1. 次の最小要件を満たしていることを確認します。

    • グローバル管理者である

    • about_Execution_Policies」を読む必要があります。

    • このスクリプトを動作させるには、SharePoint Online Client Components SDK をインストールする必要があります。

    • スクリプトでは、SiteUrl および WebUrl の入力を求められます。

      SiteUrl および WebUrl は完全な URL で成り立っています。この例では、https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing/northwindcompete となります。

      SiteUrl には https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing を使用することができ、

      WebUrl には sites/marketing/northwindcompete. を使用することができます。

  2. 次のコードをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。この記事では、スクリプト ファイルに SitePagesOut.ps1 という名前を付けます。

    # Load SharePoint Online Client Components SDK Module
    Import-Module 'C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Web Server Extensions\16\ISAPI\Microsoft.SharePoint.Client.dll'
    
    # Set script constants
    $sitePagesFeatureIdString = 'B6917CB1-93A0-4B97-A84D-7CF49975D4EC'
    
    # Set up client context
    $userName = Read-Host "Username"
    $password = Read-Host "Password" -AsSecureString
    $siteUrl = Read-Host "Site Url"
    $webUrl = Read-Host "Server-Relative Web Url"
    $context = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($siteUrl)
    $credentials = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($userName, $password)
    $context.Credentials = $credentials
    
    # Get the list of existing features
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is present in the web
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -eq 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature is already disabled in this web"
    	return
    }
    
    # Remove the Site Pages feature from the web
    $features.Remove((new-object 'System.Guid' $sitePagesFeatureIdString), $false)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is no longer present in the Web
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -eq 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature has been successfully disabled"
    }
    else
    {	
    	throw "The Site Pages feature failed to be disabled"
    }
    
  3. 1. SitePagesOut.ps1 という名前を付けて、ファイルを保存します。

    注: 別のファイル名を使用できますが、拡張子が .ps1 の ANSI でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存する必要があります。

  4. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  5. Windows PowerShell コマンド プロンプトに、以下のコマンドを入力します。

    ./SitePagesOut.ps1

この操作には、クライアント側のオブジェクト モデル (CSOM) を使用します。スクリプトを使用する前に、次の前提条件が満たしていることを確認します。

  1. 次の最小要件を満たしていることを確認します。

    • グローバル管理者である

    • about_Execution_Policies」を読む必要があります。

    • このスクリプトを動作させるには、SharePoint Online Client Components SDK をインストールする必要があります。

    • スクリプトでは、SiteUrl および WebUrl の入力を求められます。

      SiteUrl および WebUrl は完全な URL で成り立っています。この例では、https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing/northwindcompete となります。

      SiteUrl には https://contoso.sharepoint.com/sites/marketing を使用することができ、

      WebUrl には sites/marketing/northwindcompete. を使用することができます。

  2. 次のコードをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。この記事では、スクリプト ファイルに SitePagesIn.ps1 という名前を付けます。

    # Load SharePoint Online Client Components SDK Module
    Import-Module 'C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Web Server Extensions\16\ISAPI\Microsoft.SharePoint.Client.dll'
    
    # Set script constants
    $sitePagesFeatureIdString = 'B6917CB1-93A0-4B97-A84D-7CF49975D4EC'
    
    # Set up client context
    $userName = Read-Host "Username"
    $password = Read-Host "Password" -AsSecureString
    $siteUrl = Read-Host "Site Url"
    $webUrl = Read-Host "Server-Relative Web Url"
    $context = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($siteUrl)
    $credentials = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($userName, $password)
    $context.Credentials = $credentials
    
    # Get the list of existing features
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is not present in the web
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -gt 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature is already enabled in this web"
    	return
    }
    
    # Add the Site Pages feature back to the web
    $features.Add((new-object 'System.Guid' $sitePagesFeatureIdString), $false, [Microsoft.SharePoint.Client.FeatureDefinitionScope]::None)
    $context.ExecuteQuery()
    
    # Verify that the Site Pages feature is now present in the web
    $web = $context.Site.OpenWeb($webUrl)
    $features = $web.Features
    $context.Load($features)
    $context.ExecuteQuery()
    
    if(($features | ? { $_.DefinitionId -eq $sitePagesFeatureIdString }).Count -gt 0)
    {
    	Write-Host "The Site Pages feature has been successfully enabled"
    }
    else
    {
    	throw "The Site Pages feature failed to be enabled"
    }
    
  3. SitePagesIn.ps1 という名前を付けて、ファイルを保存します。

    注: 別のファイル名を使用できますが、拡張子が .ps1 の ANSI でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存する必要があります。

  4. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  5. Windows PowerShell コマンド プロンプトに、以下のコマンドを入力します。

    ./SitePagesIn.ps1

    Windows PowerShell についてのその他の情報については、「Windows PowerShell を使用する」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×