エンティティおよびビュー図形のデータベースプロパティ (定義)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次のオプションを使用して、テーブルの物理的および概念的な名前を指定し、このタブで作業するときに名前を同期するかどうかを設定します。

テーブルの名前空間の値を指定して、モデル内の同じ名前のテーブルと区別することができます。

このカテゴリには、データベース所有者とソースデータベースのパスについて、ホストデータベース管理システム (DBMS) によって報告された情報も示されます。[定義の種類] ボックスは、テーブルが空の場合にのみ使用できます。入力されたテーブルを作成できるように、すべての複合データ型を一覧表示します。

物理名

データベースに表示されるテーブルの名前を入力します。

概念名

概念モデリングに表示されるテーブルの名前を入力します。

名前空間

Oracle データベースの要素など、別の方法で同じ名前を持つモデル要素をさらに区別するために使用できる値を入力します。

所有者

リバースエンジニアリングプロセス中に、ホスト DBMS によって報告された選択したテーブルの所有者についての読み取り専用情報を表示します。

ソースデータベース

リバースエンジニアリングプロセス中に、ホスト DBMS によって報告された、選択したテーブルが抽出されたデータベースを表示します。値は読み取り専用です。

定義する型

オブジェクトリレーショナルデータベース用の型指定されたテーブルを作成できるように、すべての複合データ型を一覧表示します。[定義の種類] ボックスは、テーブルが空の場合にのみ使用できます。

入力時に名前を同期する

このチェックボックスをオンにすると、いずれかを変更したときに概念と物理名が同期されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×