エンタープライズ VoIP ポリシーの追加または編集

エンタープライズ VoIP に新しいポリシーを定義するには、[ポリシーの追加] ダイアログ ボックスを使用します。また、エンタープライズ VoIP の既存のポリシーを編集するには、[ポリシーの編集] ダイアログ ボックスを使用します。

[ポリシー名]

ポリシーに明確でわかりやすい名前を付けて入力します。256 文字以内の Unicode 文字で指定します。

[電話の同時着信を許可する]

ユーザーの主要な電話 (登録済みの SIP エンドポイント) との同時着信を受け付ける追加の電話 (携帯電話など) をユーザーが指定できるようにする場合は、このチェック ボックスをオンにします。主要な電話の着信のみを有効にする場合は、このチェック ボックスをオフにします。

[電話使用法]

この一覧には、このポリシーに割り当てられている電話使用法レコードが含まれます。電話使用法レコードを一覧に追加、または一覧から削除するには、[構成] をクリックします。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

各エンタープライズ VoIP ポリシーには、含まれている一連の電話使用法レコードと目的を簡単に識別できる名前を付ける必要があります。たとえば、RedmondUsers のように指定します。

同時着信機能を使用すると、各ユーザーは、登録済みのエンドポイントに加えて、個人の携帯電話などの未登録の追加エンドポイントにも同時に着信するように Office Communicator を構成できます。通常は同時着信機能を有効にしますが、過負荷になる場合はこの機能を無効にできます。

電話使用法レコードとは、通話の名前付きクラス (市内、長距離、国際など) です。通話の承認機能を実装するには、まず電話使用法レコードを定義し、次に、ポリシー (つまりこのダイアログ ボックスを使用) とルートの両方にそのレコードを割り当てます。電話使用法レコードを定義するには、[音声プロパティ] の [電話使用法] タブを使用します。電話使用法レコードをルートに割り当てるには、[音声プロパティ] の [ルート] タブを使用します。

エンタープライズ VoIP および電話使用法レコードの詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×