エンタープライズ VoIP の着信転送設定

このセクションでは、統合コミュニケーション (Unified Communications) エンタープライズ VoIP の着信転送設定について説明します。

注: 着信転送およびボイス メールの機能は、組織でその機能をサポートするように構成されている場合にのみ使用できます。使用可能な Office Communicator 2007 の機能がわからない場合は、システム管理者に問い合わせてください。

Communicator 2007 で着信転送を構成するには、[着信の転送設定] ダイアログ ボックスを使用します。

[着信の転送設定] ダイアログ ボックスを開くには

  • Office Communicator のメイン ウィンドウの右上隅で [着信の転送] ボタンをクリックし、[着信の転送設定] をクリックします。

エンタープライズ VoIP の着信転送機能は次のとおりです。

Outlook で指定した稼働時間中にのみこれらの設定を適用する

[Outlook で指定した稼働時間中にのみこれらの設定を適用する] チェック ボックスをオンにすると、Outlook の仕事の予定表で指定した稼働時間中に着信転送設定が適用されます。このチェック ボックスをオンにする前に、Outlook の仕事の予定表を確認してください。このオプションは、稼働時間中は自宅で通話を受け、それ以外の時間は自宅で仕事の電話を受けないようにする場合などに特に便利です。

Outlook の仕事の予定表を表示して設定するには

  1. Office Outlook のウィンドウを開き、[ツール]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [初期設定] タブの [予定表] セクションで、[予定表オプション] ボタンをクリックします。

  3. [稼働日の設定] の下で稼働する曜日と時間を設定し、[OK] をクリックします。

着信を転送しない

  • [着信を転送しない] をオンにして、着信転送をオフにし、[この番号を同時に呼び出す] オプションを取り消します。

    注: 着信の転送をオフにすると、[不在時の着信をリダイレクト] オプションが [ボイス メール] にリセットされます。

着信の転送先

[着信の転送先] オプションをオンにすると、[この番号を同時に呼び出す] オプションがオフになり、[不在時の着信をリダイレクト] オプションが使用できなくなります。

着信転送オプションを設定するには

  • [着信の転送先] を選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • [ボイス メール] をクリックして、着信がボイス メールに転送されるようにします。

    • 着信の転送先となる番号をクリックします。選択できる電話番号は、Communicator の [オプション] ダイアログ ボックスの [電話] タブで設定された番号、または以前に [着信の転送設定] で指定した新しい番号です。

    • [新しい番号] をクリックし、ドロップダウン リストの右の [構成] をクリックします。[電話番号] ボックスに電話番号を入力して [OK] をクリックします。新しい番号を入力する場合の形式に関するガイドラインについては、「電話番号を編集する」を参照してください。

    • [連絡先] をクリックし、ドロップダウン リストの右の [構成] をクリックした後に、連絡先リストから連絡先を選択するか、または [検索] ボックスに人の名前または電子メール アドレスを入力します。以前に連絡先を指定したことがある場合は、[着信の転送先] ドロップダウン リストにその連絡先の名前が表示されます。

この番号を同時に呼び出す

[この番号を同時に呼び出す] オプションを選択すると、[不在時の着信のリダイレクト先] オプションも使用できるようになります。[この番号を同時に呼び出す] オプションを [不在時の着信のリダイレクト先] オプションと併用すると、まず勤務先電話番号と追加の番号が呼び出され、応答がない場合は着信がボイス メール、別の電話番号、または別の連絡先にリダイレクトされます。つまり、[不在時の着信のリダイレクト先] オプションを使用して、呼び出されたどの番号にも応答がない場合に、追加の番号を呼び出すことができます。

[この番号を同時に呼び出す] オプションを設定するには

  • [この番号を同時に呼び出す] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • ドロップダウン リストから既存の番号を選択します。

    • [新しい番号] をクリックし、[電話番号] ボックスに新しい番号を入力して [OK] をクリックします。新しい番号を入力する場合の形式に関するガイドラインについては、「電話番号を編集する」を参照してください。

[この番号を同時に呼び出す] オプションを選択すると、[不在時の着信のリダイレクト先] オプションの設定も指定できるようになります。たとえば、既定の勤務先番号と追加番号への着信時に指定した時間だけ着信音を鳴らした後に、着信をボイス メール、別の番号、または別の連絡先にリダイレクトできます。

不在時の着信のリダイレクト先

[不在時の着信のリダイレクト先] オプションを使用すると、主要な勤務先番号または、[この番号を同時に呼び出す] オプションで指定した追加の着信先が不在の場合に着信をリダイレクトできます。

[不在時の着信のリダイレクト先] オプションを設定するには

  • [不在時の着信のリダイレクト先] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • [ボイス メール] をクリックして、不在時の着信がボイス メールにリダイレクトされるようにします。

    • ドロップダウン リストで既存の番号をクリックします。選択できる番号は、[オプション] ダイアログ ボックスの [電話] タブで設定した電話番号または [着信の転送設定] を構成する際に指定した新しい番号です。

    • [新しい番号] をクリックし、ドロップダウン リストの右の [構成] をクリックします。[電話番号] ボックスに電話番号を入力し、[OK] をクリックします。

    • [連絡先] をクリックし、ドロップダウン リストの右の[構成] をクリックした後に、連絡先リストから連絡先を選択するか、または [検索] ボックスに人の名前または電子メール アドレスを入力します。

リダイレクト前に呼び出す秒数

[リダイレクト前に呼び出す秒数] オプションを使用すると、着信時の着信音を鳴らす時間を設定できます。この時間だけ着信音を鳴らした後に、着信がボイス メール、別の番号、または別の連絡先にリダイレクトされます。

[リダイレクト前に呼び出す秒数] の時間を設定するには

  • [リダイレクト前に呼び出す秒数] ボックスで上矢印または下矢印をクリックし、リダイレクトされるまでの時間を長く、または短くします。最小値は 5 秒、最大値は 59 秒です。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×