エンタープライズ リソース共有元にリソースを追加する

エンタープライズ リソース共有元は、Project Server 内の計画を管理し、それにリソースを割り当てるために使用されます。Microsoft Project Professional では、Project Server 内に含まれている エンタープライズ リソース の一覧に リソース を追加できます。

注:  エンタープライズ リソース共有元にリソースを追加するには、適切なアクセス許可が必要です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

エンタープライズ リソース共有元に個別リソースを追加する

プロジェクトからエンタープライズ リソース共有元に複数のリソースを追加する

Microsoft Project Professional でエンタープライズ リソース共有元からリソースを追加する

エンタープライズ リソース共有元に個別リソースを追加する

Microsoft Project 内でリソースを追加するには、エンタープライズにリソースを追加するアクセス許可が与えられているアカウントで Microsoft Project Professional を Project Server に接続する必要があります。

  1. Microsoft Project で、[リソース] タブをクリックします。[割り当て] グループで、[リソース共有元] をクリックし、[エンタープライズ リソース共有元] をクリックします。

    [割り当て] グループのグラフィック

    Project Web Access は Web ブラウザー内に表示されます。

    注:  Web ブラウザーはプロジェクトの背後で開くことがあります。Windows タスク バーを見て、新しい Web ブラウザーを開いているかどうか確認します。

  2. [Project Web Access] 内で、[新しいリソース] をクリックします。
    PWA の [リソース エディタ] グループ

  3. 新しいリソースに関して次の項目を指定します。

    • [リソースの種類   ] リソースの種類を変更するには、[種類] 一覧で、[時間単価型リソース]、[コスト型リソース]、または [数量単価型リソース] を選択します。リソースとして予算リソースまたは標準リソースを選択することもできます。[予算] または [標準] チェック ボックスを選択します。

      注:  リソースが関与しているタスクに関する情報を収集しない場合、あるいはリソースが Microsoft Project Server にログオンすることを望まない場合、[リソースは Project Server にログオン可能] チェック ボックスの選択を解除します。

    • [リソース名とその他の識別情報   ] これには、リソースの実際の名前、電子メール アドレス、リソース ブレークダウン ストラクチャ (RBS) 値が含まれます。

      このリソースでチーム Web サイトを維持するには、ハイパーリンク名と URL アドレスを [ハイパーリンク名] ボックスと [ハイパーリンク URL] ボックスにそれぞれ入力します。

    • [平準化   ] 平準化 プロセスからこのリソースを除外するには、[平準化可能] チェック ボックスの選択を解除します。

    • [タイムシート管理者と既定の割り当て所有者   ] リソースに自分自身以外のタイムシート管理者または既定の割り当て所有者が設定されている場合、管理者の名前を入力するか、検索します。

      割り当て所有者を指定するには、[既定の割り当て所有者] ボックスで、割り当て所有者の名前を入力するか、検索します。通常、割り当て所有者はタスクに最初に割り当てられた時間単価型リソースになりますが、マネージャーやチームの他の人になることもあります。

      リソースに適用するプロジェクト カレンダー を指定するには、[基本カレンダー] 一覧で、カレンダーをクリックします。

      [既定の予約の種類] ボックスの選択により、あるプロジェクトの作業にリソースをコミットするか、提案できます。

    • [チームの詳細   ] リソース名がリソースのチームを表す場合、[チーム割り当てプール] ボックスを選択し、チーム名を閲覧します。

      リソースがチームに属する場合、チーム名を閲覧し、選択されていない状態でボックスを残します。[閲覧] 参照 をクリックし、チーム名を閲覧することもできます。

    • [利用可能時間   ] [最早利用可能日] ボックスと [最遅利用可能日] ボックスのリソースの利用可能時間を変更するには、[日付の選択] カレンダー をクリックし、カレンダーの日付をクリックします。

    • [コストとグループのコード   ] 組織でグループ化と原価計算のためのコードを作成している場合、[グループ] ボックス、[コード] ボックス、[コスト センター] ボックス、[コストの種類] ボックスでそれらのコードを選択します。

  4. 組織はリソースに関する追加情報を必要とする場合があります。[リソースのユーザー設定フィールド] に、リソースごとに組織で必要とされる情報を入力します。組織でカスタムのリソース フィールドを定義していない場合、このセクションは表示されません。

  5. [保存] をクリックします。

エンタープライズ リソースにプロジェクト内のタスクで作業させる場合、プロジェクトでエンタープライズからチームを作成機能を使用する必要があります。プロジェクトにリソースを追加する方法について学習してください。

プロジェクトからエンタープライズ リソース共有元に複数のリソースを追加する

エンタープライズ リソース共有元に複数のリソースを追加するには、リソース シート ビューに追加するか、リソースが既に与えられているプランから開始する必要があります。

  1. Microsoft Project Professional で、[表示] タブをクリックします。[リソース ビュー] グループで、[リソース シート] をクリックします。

    リソースのグラフィックを追加する

    エンタープライズ リソース共有元にインポートするリソースを入力します。エンタープライズ リソース共有元に含まれないリソースがプロジェクトに既にある場合、それらの既存のリソースがインポートされます。

  2. [リソース] タブをクリックします。

  3. [リソースの追加] タブをクリックし、[エンタープライズにリソースをインポート] をクリックします。
    リソースのインポート ウィザードが左に表示され、リソース シート ビューが右に表示されます。リソース シート ビューには現在のプロジェクトのリソースが含まれています。

  4. 組織が定義したエンタープライズ カスタム フィールドと、プロジェクトでカスタマイズしたフィールドをマッピングするには、[リソース フィールドのマップ] をクリックします。
    リソース フィールドをマッピングしたら、[ユーザー設定フィールドのマップ] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。

  5. エンタープライズ リソース共有元に追加するリソースごとに [ステップ 2 を実行する] をクリックします。

    注: リソース シート ビューには [エラー] 列があります。この列で、リソースのインポート時に発生したエラーが警告されます。

  6. リソースのインポート ウィザードで、該当する [インポート] 列の [はい] をクリックします。このステップにより、エンタープライズ リソース共有元にリソースをインポートするときのエラーがなくなります。
    エラーがあれば、右の [エラー] 列のリソース名の隣に表示されます。

  7. [保存して終了する] をクリックします。これでリソースがエンタープライズ リソース共有元にインポートされました。

エンタープライズ リソースにプロジェクト内のタスクで作業させる場合、プロジェクトでエンタープライズからチームを作成機能を使用する必要があります。プロジェクトにリソースを追加する方法について学習してください。

注: 

  • プロジェクトの以前のバージョンから、リソースをインポートするプロジェクト プランを選択できます。これは、プロジェクトの以前のバージョンの .mpp ファイルでリソースがある場合、あるいは他のファイル形式でリソース リストがある場合に便利です。

  • Microsoft Office Excel のデータベースまたはリストで既に存在するリソースを追加する場合、Microsoft Project Plan (MPP) または Microsoft Project Template (MPT) ではないファイルを開いたときに、あるいは [開く] ダイアログ ボックスで [ODBC] をクリックしたときに表示されるインポート ウィザードを使用します。外部データ ファイルを利用し、エンタープライズ リソースを追加または更新する方法について学習してください。

Microsoft Project Professional でエンタープライズ リソース共有元からリソースを追加する

Project Server から複数のリソースを追加することもできます。

  1. 1. Project Web App で [リソース] をクリックすると、リソース センターが表示されます。リソースを 1 つ以上選択し、[開く] をクリックします。

    PWA の [リソース エディタ] グループ

    注: Project Professional でエンタープライズ リソース共有元を開くには、少なくとも 1 つのリソースを選択する必要があります。

  2. Microsoft Project が開きます。

  3. プロジェクトで、[リソース シート] ビューにリソースを追加します。

  4. プロジェクトを閉じて保存します。

    注:  組織はリソースに関する追加情報を必要とする場合があります。[リソースのユーザー設定フィールド] に、リソースごとに組織で必要とされる情報を入力します。組織にカスタムのリソース フィールドがある場合にのみ、このセクションが表示されます。

プロジェクトに追加したリソースは、エンタープライズ リソース共有元に追加されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×