エンタープライズ リソース共有元にリソースを追加する

Microsoft Office Project Professional 2007 では、プロジェクト ガイドを使用してリソースを個別にエンタープライズ リソース共有元に追加することにより、エンタープライズ リソースのリストにリソースを追加できます。プロジェクト ガイドを使用すると、プロジェクトから複数のリソースをエンタープライズ リソース共有元にインポートできます。エンタープライズ リソース共有元にリソースを追加するためには、あらかじめプロジェクトにリソースを追加しておく必要があることに注意してください。

注: エンタープライズ リソース共有元にリソースを追加するには、適切な権限が必要になります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

個々のリソースをエンタープライズ リソース共有元に追加する

プロジェクト ガイドを使用して複数のリソースをエンタープライズ リソース共有元に追加する

個々のリソースをエンタープライズ リソース共有元に追加する

  1. [ツール] メニューの [エンタープライズ オプション] をポイントし、[エンタープライズ リソース共有元を開く] をクリックします。

    リソース センタが表示されます。

  2. 新しいリソースをエンタープライズ リソース共有元に追加するには、[新規作成] をクリックし、[リソース] をクリックします。

  3. 新しいリソースについて、次の項目を指定します。

    • リソースの種類    リソースの種類を変更するには、[種類] ボックスの一覧で、時間単価型リソースコスト型リソース、または数量単価型リソースを選択します。[予算] チェック ボックスや [標準リソース] チェック ボックスをオンにすることで、リソースが予算リソースなのか標準リソースなのかを選択することもできます。

      注: リソースの作業対象となるタスクの情報を収集しないようにする場合や、リソースが Microsoft Office Project Server にログオンするのを禁止する場合は、[リソースは Project Server にログオン可能] チェック ボックスをオフにします。

    • リソース名およびその他の識別情報    この情報には、リソースの実際の名前、電子メール アドレス、および RBS 値が含まれます。

      このリソースがチームの Web サイトを管理している場合は、[ハイパーリンク名] ボックスと [ハイパーリンク URL] ボックスに、ハイパーリンクの名前と URL アドレスをそれぞれ入力します。

    • 平準化    このリソースを 平準化処理から除外するには、[リソースは平準化可能] チェック ボックスをオフにします。

    • タイムシート管理者と既定の割り当て所有者    リソースがリソースのタイムシートの管理者である場合は、[タイムシート管理者] ボックスで、その管理者の名前を入力または検索します。

      割り当て所有者を指定するには、[既定の割り当て所有者] ボックスで、割り当て所有者の名前を入力または検索します。割り当て所有者は、通常は最初にタスクに割り当てられた時間単価型リソースですが、チームの管理者やその他のメンバーにする場合もあります。

      リソースに適用するプロジェクト カレンダーを指定するには、[基本カレンダー] ボックスの一覧で適切なカレンダーをクリックします。

      [既定の予約の種類] を選択することにより、プロジェクトの作業に対してリソースが本予約されているか仮予約されているかを選択できます。

    • チーム情報    リソースがチームのメンバーである場合は、[チーム割り当てプール] チェック ボックスをオンにし、[チーム名] ボックスにチームの名前を入力します。 参照 (参照) をクリックして、チームの名前を参照することもできます。

    • 利用可能時間    [最早利用可能日] ボックスおよび [最遅利用可能日] ボックスで指定されるリソースの利用可能時間を変更するには、 カレンダー (日付の選択) をクリックし、カレンダーの日付をクリックします。

    • コストとグループのコード    グループ化やコスト計算のためのコードが組織によって作成されている場合は、[グループ] ボックス、[コード] ボックス、および [コスト センタ] ボックス、および [コストの種類] ボックスでコードを選択します。

    • ハイパーリンク    このリソース用にチームの Web サイトが管理されている場合は、[ハイパーリンク名] ボックスと [ハイパーリンク URL] ボックスに、ハイパーリンクのリンク先と URL アドレスをそれぞれ入力します。

  4. 組織によっては、リソースに関する追加情報が必要になる場合があります。[リソースのユーザー設定フィールド] で、各リソースに対して組織から要求される情報を入力します。組織がユーザー設定のリソース フィールドを定義していない場合は、このセクションは表示されません。

  5. [新しいリソース] ビューの [保存] をクリックします。

    注: 必須フィールドに情報を入力していない場合、または一部のフィールドに入力した内容が正しくない場合は、その情報を確認してからもう一度 [上書き保存] をクリックするように求めるメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

プロジェクト ガイドを使用して複数のリソースをエンタープライズ リソース共有元に追加する

  1. [ツール] メニューの [エンタープライズ オプション] をポイントし、[エンタープライズにリソースをインポート] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、エンタープライズ リソース共有元に追加するリソースが含まれているプロジェクト ファイル (または Microsoft Office Excel 2007 ワークシートなどの他のファイル) を選択します。

    左側にプロジェクト ガイドが表示されます。

  3. プロジェクト ガイドの指示に従って、リソースをエンタープライズ リソース共有元に追加します。

注: 

  • プロジェクト ガイドを使用すると、情報が入力されていない必須エンタープライズ フィールドに情報を入力できます。

  • リソースの属性を定義するためにプロジェクト内のフィールドを独自に設定している場合は、プロジェクト ガイドの [ユーザー設定フィールドのマップ] ページで、これらのフィールドをエンタープライズ カスタム フィールドにマップできます。

  • 以前のバージョンの Project からプロジェクト計画を選択して、リソースに追加することができます。この機能は、Microsoft Project 2002 や Microsoft Office Project 2003 からアップグレードするときに役立ちます。

  • データベースや Microsoft Office Excel のリストから既存のリソースを追加するには、Microsoft Project Plan (MPP) ファイルや Microsoft Project テンプレート (MPT) ファイル以外のファイルを開いたとき、または [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで [ODBC] をクリックしたときに表示されるインポート ウィザードを使用します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×