エンタープライズ プールおよび Standard Edition サーバー

Office Communications Server では、コンソール ツリーの [エンタープライズ プール] ノードおよび [Standard Edition サーバー] ノードの下にサーバーが編成されます。

コンソール ツリーの [エンタープライズ プール] ノードには、Office Communications Server 2007 R2 用に準備されていて、それぞれに少なくとも 1 台の Enterprise Edition サーバーが含まれている、フォレスト内のすべてのエンタープライズ プールが表示されます。

コンソール ツリーの [Standard Edition サーバー] ノードには、Office Communications Server 2007 R2 用に準備されている Standard Edition サーバーが、プール名別に表示されます。Standard Edition サーバーに関しては、プール名とサーバー名が同じです。

これらのノードにあるプールおよびサーバーを表示し、管理するには、ノードを展開します。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

エンタープライズ プール内のサーバーについてのノードの表示は、[表示オプション] 設定によって異なります。この設定は、Office Communications Server の最上位のノードで構成します。

  • [表示オプション] 設定が [サーバーを役割で編成する] の場合、サーバーは次の役割別に編成されます。

    • [フロント エンド]。Office Communications Server 2007 R2 フロントエンド サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [Web 会議]。Office Communications Server 2007 R2 Web 会議サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [音声ビデオ会議]。Office Communications Server 2007 R2 音声ビデオ会議サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [Web コンポーネント]。Office Communications Server 2007 R2 Web コンポーネント サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [アプリケーション共有]。Office Communications Server 2007 R2 アプリケーション共有の電話会議サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [アプリケーション]。統合コミュニケーション アプリケーションとアプリケーション サーバーがインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

      サーバーに複数の役割がインストールされている場合は、それぞれの役割の下にそのサーバーが表示されます。

  • [表示オプション] 設定が [サーバーをリストとして編成する] の場合、サーバーはサーバーの役割別にグループ化されず、サーバー名によって編成されます。

各エンタープライズ プールおよび Standard Edition サーバーは、サーバー設定 (エンタープライズ プール内の特定のサーバーの役割に関するサーバー設定など) を構成することによって管理します。また、環境内のすべてのプールとサーバーに適用する設定を構成するには、フォレスト レベルでグローバル プロパティを構成します。

エンタープライズ プールおよび Standard Edition サーバーの管理の詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×