エンタープライズ プロジェクトで作業を共有する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Project Professional 2007 では、作業中のプロジェクトをチェックアウトし、確認のために他のユーザーに送信し、確認者によって変更を加えられたファイルを Microsoft Office Project Server 2007 にチェックインできます。この機能は、確認者が Project Server にアクセスできない場合に特に便利です。

重要: プロジェクトを共有するユーザーは、Office Project Professional 2007 または Microsoft Office Project Standard 2007 をインストールしている必要があります。

ファイルを共有用にチェックアウトおよび保存する

  1. Office Project Professional 2007 を起動し、Project Server 2007 に接続します。

  2. 開いている ボタンの画像 をクリックします。

  3. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、[エンタープライズ プロジェクト] をクリックします。次に、一覧のプロジェクトをダブルクリックしてローカル キャッシュからプロジェクトを開くか、または [Project Server から全プロジェクトのリストを取得] をダブルクリックしてサーバーからプロジェクトを開きます。

  4. プロジェクトが開いたら、[ファイル] メニューの [共有用に保存] をクリックします。

  5. [保存先] ボックスで、プロジェクトを保存するドライブおよびフォルダを選択します。

  6. [ファイル名] ボックスに、共有プロジェクトの名前を入力します。

    ヒント: プロジェクトには、共有プロジェクトであることを示す名前を付けることをお勧めします。たとえば、"顧客会議の企画" というプロジェクトの共有バージョンには、"顧客会議の企画 - 共有" という名前を付けます。

ファイルを共有用に保存したら、保存したファイルを他のユーザーに送信して、プロジェクト計画を直接変更してもらうことができます。プロジェクトの共有中は、そのファイルを Project Server 2007 から開いて編集することはできません。変更できるのは共有ファイルだけです。

ページの先頭へ

ファイルをチェックインする

共有ファイルに対する変更がすべて完了したら、次の手順として、変更内容を再び Project Server 2007 に保存します。

共有ファイルの変更内容を Project Server 2007 上のファイルに保存するには、最初にファイルを共有用に保存したコンピュータで共有ファイルを開き、Project Server 2007 に接続します。[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、[保存] をクリックします。サーバーに保存されているバージョンのファイルが更新され、プロジェクトは読み取り専用形式でなくても利用できるようになります。

注: 

  • 共有ファイルを再び Project Server 2007 に保存できるのは、最初にファイルを共有用に保存したコンピュータからだけです。

  • チーム メンバーからのタスクの更新など、保留中の処理がプロジェクトにある場合は、プロジェクトを共有用に保存する前に、保留中の処理が完了するまで待つ必要があります。

  • 共有プロジェクトを Project Server 2007 に保存した後でさらに変更を加えるには、プロジェクトをもう一度共有用に保存する必要があります。共有ファイルの Project Server 2007 への保存は、1 回しか実行できません。

  • 共有ファイルが失われた場合、またはなんらかの理由で利用できなくなった場合、サーバー管理者は、Project Server 2007 で強制的にプロジェクトのチェックインを行うことができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×