エラー:Outlook 2016 のインストールはお待ちください。現在のメールボックスからメールを受信することはできません。

問題:

Office 2016 更新プロセスは、現在の Outlook 構成を確認し、既知の問題によって影響があるかどうかを確認するために更新されています。構成が影響を受ける可能性があると判断されると、次のような警告が表示されます。

Outlook 2016 のインストールはお待ちください。現在のメールボックスからメールを受信することはできません。Outlook 2016 は、Exchange 2007 と互換性がありません。メールボックス プロバイダーまたはシステム管理者にこの問題について問い合わせることをお勧めします

エラー:Outlook 2016 を使って Exchange 2007 のアカウントに接続すると、Microsoft Exchange バージョンのサポート対象外のエラーが発生します

[強制的にインストール] を選択して Windows 向けの Outlook 2016 にアップグレードした場合、プライマリ、共有、代理のメールボックスまたはフォルダーに接続しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

使用しようとしているリソースは、サポートされていないバージョンの Microsoft Exchange 上にあります。詳細については、電子メールの管理者にお問い合わせください。

エラー メッセージ

メッセージが表示された後に Outlook を開こうとすると、別のエラー メッセージが表示されます。メッセージには、データ ファイルを Outlook で開けないことが表示されています。

または、パブリック フォルダーを開くときに次のメッセージが表示されます。

フォルダーを展開できません。このフォルダーのセットを開けません。ネットワークに問題があるため、Microsoft Exchange に接続できません

Outlook 2016 エラー - フォルダーを展開できません

上記エラーの原因は、Windows 版の Outlook 2016 では Exchange Server 2007 以前への接続がサポートされていないためです。

解決方法:

Outlook 2016 で Exchange 2007 リソースを使用するには、以下のことを実行します。

  • Office 2016 へのアップグレードを Office 365 Solo から行っている場合は、PC 上で Outlook 2016 をアンインストールしてから、Outlook 2013 の再インストールを行います。

  • 以前、PC 上に、旧バージョンの Office をインストールしていた場合は、Office 2016 をアンインストールしてから、Office 2013 Home and Business、Office 2013 Professional、または Windows 単体版 Outlook 2016 の再インストールを行います。

詳細については、「Office 2016 のアップグレード後に Office 2013 を再インストールする方法」を参照してください。

また、インターネット サービス プロバイダー (ISP) または社内の電子メール サーバーの管理者にメール アカウントの問い合わせとして、Exchange Server を新しいバージョンにアップグレードする予定はあるか聞いてみてもかまいません。 アップグレードの予定がある場合は、Exchange のアップグレード後に、Windows 版 Outlook 2016 の再インストールを行ってください。

ヒント: Outlook のメール アカウントが複数あり、そのうち 1 つ (プライマリ アカウントではないアカウント) が古い Exchange サーバーに接続されている場合、そのアカウントを Outlook から削除するとエラーを回避できる可能性があります。削除したアカウントは、Windows Mail など、別のメール プログラムで使用できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×