エラー 0xc000012f Office ドキュメントを開くときに Office を起動または

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office アプリケーションを起動しようとするか、Office ドキュメントを開くのようなエラーが表示されます。

C:\windows\system32\msvcp140.dll is either not designed to run on Windows or it contains an error. Error status 0xc000012f

ファイル名が異なる場合がありますが、エラー コードは 0xc000012f です。

解決法

この問題を解決するのには、次の手順を試してください。

  1. 最新の Windows 更新プログラムを確認します。[スタート] ボタンまたは、キーボードの Windows キーをクリックし、[更新プログラムの確認ダイアログ ボックスをすばやく確認します。

    問題を試す: 解決されない場合

  2. Office のクイック修復します。[スタート] ボタンまたは、キーボードの Windows キーをクリックし、[プログラムの追加とツールにアクセスするのには、プログラムを入力します。一覧に Microsoft Office を見つけると変更(または変更する場合は、以前のバージョンの Windows を使用している)] をクリックしてから [クイック修復] を選択します。

    問題を試す: 解決されない場合

  3. アンインストールして、 PC から Office をアンインストールする」の手順に従って、Office を再インストールします。

    問題を試す: 解決されない場合

  4. DLL ファイルをダウンロードして、視覚的な C++ 再頒布可能コンポーネントの Visual Studioをインストールして、再インストールします。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×