エラー コード 0x80070005 Office のライセンス認証中

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このエラーが表示されるのは、Office 365、Office 2013、Office 2016 をライセンス認証するときですか? Office では、ライセンス認証プロセスの実行でトラブルが発生することがあります。 トラブルが発生すると、次のエラー メッセージが Office に表示されます。

"申し訳ございません。何らかの問題が発生したため、現在、この操作を実行できません。 後でもう一度試してください。 (0x80070005)"

ここでは、問題を解決するためにできるいくつかの操作について説明します。

Office の最新更新プログラムを取得する

Office を更新して、現在のエラー用の最新の修正プログラムを適用します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。


Office を更新するには

  1. Word、Excel など、Office アプリケーションのいずれかを開きます。

  2. [ファイル]、[アカウント] の順にクリックします。

  3. [製品情報] で、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順にクリックします。

    今すぐ更新

    注記: 

    • [今すぐ更新] が表示されない場合は、[更新オプション]、[更新を有効にする] の順にクリックして、自動更新を有効にします。 有効にしたら、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順にクリックします。

    • [更新オプション]、[更新を有効にする] の順にクリックする

管理者として Office を実行して、ライセンス認証を完了する

管理者として Office を実行すると、Office のライセンス認証が失敗する可能性のあるアクセス許可の問題を解決するのに役立ちます。使用しているオペレーティング システムに適した方法を下から選び、その手順に従います。

Windows 10 の詳細な手順

  1. すべての Office プログラムを閉じます。

  2. 画面の左下隅にある [スタート] ボタンを押します。

  3. Word などのアプリケーション名を入力します。Word プログラム アイコンが検索結果に表示されます。

  4. Word のアイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

  5. [はい] を選択して、Office を管理者として実行することを許可します。

  6. [ライセンス再認証] ボタンを選ぶか (バナーに表示される場合)、または [ファイル]、[アカウント]、[製品のライセンス認証] の順に選んで、Office のライセンス再認証を試してください。

Windows 8.1 の詳細な手順

  1. すべての Office プログラムを閉じます。

  2. Windows 8.1 では、画面の左下隅にある [スタート] ボタンを右クリックし、[検索] を選びます。

  3. Word などのアプリケーション名を入力します。 Word プログラム アイコンが検索結果に表示されます。

  4. Word のアイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

  5. [はい] を選択して、Office を管理者として実行することを許可します。

  6. [ライセンス再認証] ボタンを選ぶか (バナーに表示される場合)、または [ファイル]、[アカウント]、[製品のライセンス認証] の順に選んで、Office のライセンス再認証を試してください。

Windows 8 の詳細な手順

  1. すべての Office プログラムを閉じます。

  2. Windows 8 では、マウスのポインターを画面の右下隅に移動してチャーム バーを開き、[検索] アイコンを選びます。

  3. Word などのアプリケーション名を入力します。 Word プログラム アイコンが検索結果に表示されます。

  4. Word のアイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

  5. [はい] を選択して、Office を管理者として実行することを許可します。

  6. [ライセンス再認証] ボタンを選ぶか (バナーに表示される場合)、または [ファイル]、[アカウント]、[製品のライセンス認証] の順に選んで、Office のライセンス再認証を試してください。

Windows 7 の詳細な手順

  1. すべての Office プログラムを閉じます。

  2. 画面の左下隅にある [スタート] ボタンを押します。

  3. [プログラムとファイルの検索] ボックスに、Word などのアプリケーション名を入力します。 Word プログラム アイコンが検索結果に表示されます。

  4. Excel のアイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

  5. メッセージが表示されたら、[はい] を選択して、Office を管理者として実行することを許可します。

  6. [ライセンス再認証] ボタンを選ぶか (バナーに表示される場合)、または [ファイル]、[アカウント]、[製品のライセンス認証] の順に選んで、Office のライセンス再認証を試してください。

Office 365 および Office 2016 にライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する

このトラブルシューティング ツールを Windows PC で実行すると、Office 365、Office 2016、および Visio、Project、Word、Outlook などの個別の Office 2016 アプリに対して、ライセンス認証のエラーを修正できます。Office 2013 を使用している場合、ライセンスのない製品というエラーを自分で修正する必要があります。

  1. 以下の [ダウンロード] ボタンを選択します。

    このボタンをクリックするとライセンス認証のトラブルシューティング ツールがダウンロードされます
  2. お使いのブラウザーをドロップダウン リストで選択し、表示された手順に従ってトラブルシューティング ツールを保存してから起動します。

    1. ブラウザー ウィンドウの一番下で [保存] を選択します。

    2. 次のボックスに officeact.diagcab のダウンロードが終了しましたと表示されたら、[開く] を選択します。

    3. ライセンス認証のトラブルシューティング ツールが起動します。[次へ] を選択して画面の指示に従います。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、officeact.diagcab ファイルを開きます。

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "officeact.diagcab" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. ライセンス認証のトラブルシューティング ツールが起動します。[次へ] を選択して画面の指示に従います。

    1. 左下に表示されている [officeact.diagcab] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

      ダウンロードした [officeact.diagcab] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. ライセンス認証のトラブルシューティング ツールが起動します。[次へ] を選択して画面の指示に従います。

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

      ブラウザー ウィンドウの右上で、[すべてのダウンロードを表示] を選びます。[履歴] で、[ダウンロード]、[officeact.diagcab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。[officeact.diagcab] をダブルクリックします。

    2. ライセンス認証のトラブルシューティング ツールが起動します。[次へ] を選択して画面の指示に従います。

さらにサポートが必要な場合のサポート サービス

ヘルプ

それでも Office がライセンス認証されない場合
サポートに問い合わせる

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×