エラー値 #VALUE! エラーは、SUMIF または SUMIFS 関数

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このトピックでは、SUMIF および SUMIFS 関数で発生する #VALUE! エラーのより一般的な原因と、その解決方法をリストします。

問題:数式が閉じたブック内のセルを参照する

SUMIF/SUMIFS 関数が閉じたブック内のセルまたは範囲を参照すると、#VALUE! エラーが発生します。

メモ: これは、その他のいくつかの Excel 関数など、いくつかの名前を付ける、COUNTIF、COUNTIFS、COUNTBLANK の既知の問題です。 SUMIF、COUNTIF の表示し、COUNTBLANK 関数は、"#value!"を返します。エラー 」を参照してください。

解決策: 数式に示されているブックを開き、数式を更新する F9 キーを押します。

配列数式で SUM と IF 関数を組み合わせて使用することで、この問題を回避することもできます。 詳細については、「SUMIF, COUNTIF and COUNTBLANK functions return #VALUE! error (SUMIF、COUNTIF および COUNTBLANK 関数が #VALUE! エラーを返す) 」を参照してください。

問題:条件文字列が 255 文字より長い

SUMIF/SUMIFS 関数を使用して 255 文字より長い文字列を照合しようとすると、間違った結果が返されます。

解決策: 可能であれば、文字列を短くします。 それを短く場合は、複数の文字列に値を解除する CONCATENATE 関数またはアンパサンド (&) 演算子を使用します。 次に例を示します。

=SUMIF(B2:B12,"長い文字列"&"別の長い文字列")

問題:SUMIFS で、条件範囲引数と合計対象範囲引数が一致しない。

SUMIFS の範囲引数は常に同じである必要があります。 つまり、条件範囲引数と合計対象範囲引数が同じ行数と列数を参照する必要があります。

次の例では、米国ベルビューのりんごの 1 日の総売上を返す数式を想定します。 ただし、合計対象範囲 (C2:C10) 引数は、条件範囲 (A2:A12 & B2:B12) 引数の行数と列数と一致していません。 そのため、=SUMIFS(C2:C10,A2:A12,A14,B2:B12,B14) という構文を使うと、#VALUE! エラーが発生します。

不適切な数式は =SUMIFS(C2:C10,A2:A12,A14,B2:B12,B14) です。この C2:C10 は C2:C12 である必要があります

解決策: この例では、次の C2:C12 に合計対象範囲を変更し、数式を再実行します。

注:  SUMIF ではさまざまなサイズの範囲を使用できます。

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。 提案がありましたら、Excel UserVoice (Excel ユーザー ボイス) のトピックをご覧ください。

関連項目

エラー値 #VALUE! を修正する

SUMIF 関数

SUMIFS 関数

高度な IF 関数のビデオ

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

すべての Excel 関数 (アルファベット順)

全 Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×