エラー値 #REF! を修正する方法

エラー値 #REF! を修正する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

#REF!エラーは、数式が有効でないセルを参照している場合に表示されます。これは、数式で参照されているセルが削除された場合、または貼り付けられたときによく発生します。

例 - 列の削除に起因するエラー値 #REF!

次の例は、列 E で数式 =SUM(B2,C2,D2) を使用しています。

=SUM(B2,C2,D2) のように明示的なセル範囲を使用する数式では、列が削除された場合に、エラー値 #REF! が発生することがあります。

列 B を削除する場合は、C または D は、#REF が発生します。エラー.この例では、列 C (2007 Sales) を削除します。ここでは、数式が= SUM (B2、#REF!、C2)を読み込みます。このように明示的にセル参照を使用する場合 (各セルを個別に参照し、コンマで区切って指定します)、参照されている行または列を削除しても、Excel では解決できないため、#REF が返されます。エラー.これは、関数で明示的にセル参照を使用することが推奨されない主な理由です。

列の削除に起因するエラー値 #REF! の例。

解決方法

  • 誤って行または列を削除した場合、クイック アクセス ツールバーの [元に戻す] ボタンをすぐにクリックして (または Ctrl + Z キーを押して)、それらを復元します。

  • = SUM (B2: D2)のように、個々のセルの代わりに範囲参照を使用するように数式を調整します。これで、合計範囲内の任意の列を削除できます。 Excel では、数式が自動的に調整されます。また、行の合計に= sum (B2: B5)を使用することもできます。

例 - 正しくない範囲参照を含む VLOOKUP

次の例では、=VLOOKUP(A8,A2:D5,5,FALSE) は、列 5 からの戻り値を検索しますが、参照範囲は 4 列のみの A:D のため、エラー値 #REF! を返します。

正しくない範囲を含む VLOOKUP 数式の例。数式は =VLOOKU(A8,A2:D5,5,FALSE) です。VLOOKUP の範囲に 5 番目の列がないため、5 によってエラー値 #REF! が発生しています。

解決方法

範囲を拡大するように調整するか、参照範囲に一致するように列参照値を減らします。= VLOOKUP (a8、a2: E5、5、false)は、 = VLOOKUP (a8、a2: D5、4、false)のように、有効な参照範囲となります。

例 - 正しくない行または列の参照を含む INDEX

この例では、数式 =INDEX(B2:E5,5,5) は、INDEX の範囲は 4 行 x 4 列ですが、数式は 5 番目の行と 5 番目の列の内容を返すように要求しているため、エラー値 #REF! を返します。

無効な範囲参照を含む INDEX 数式の例。数式は =INDEX(B2:E5,5,5) ですが、範囲は 4 行 x 4 列のみです。

解決方法

行または列の参照を調整して、インデックス参照範囲内にあるようにします。= INDEX (B2: E5, 4, 4)は、有効な結果を返します。

例 – INDIRECT を使用して閉じられたブックを参照する

次の例では、INDIRECT 関数は、エラー値 #REF! の原因になる閉じられたブックを参照しようとしています。

INDIRECT が閉じられたブックを参照することが原因のエラー値 #REF! の例。

解決方法

参照先のブックを開きます。動的配列関数を使用して、クローズしたブックを参照すると、同じエラーが発生します。

OLE の問題

エラー値 #REF! を返しているオブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) リンクを使用している場合、リンクが呼び出しているプログラムを開始します。

注:OLE は、プログラム間で情報を共有するために使用できるテクノロジです。

DDE の問題

#REF を返す動的データ交換 (DDE) トピックを使っている場合エラーの場合は、まず正しいトピックを参照していることを確認します。まだ #REF を受け取っている場合エラーは、外部コンテンツのセキュリティセンターの設定を確認します。「 Office ドキュメントの外部コンテンツのブロックまたは禁止解除」に記載されています。

注: 動的データ交換 (DDE)は、Microsoft Windows ベースのプログラム間でデータを交換するための確立されたプロトコルです。

マクロの問題

マクロが、関数の上にあるセルを参照する関数をワークシートに入力し、その関数を含むセルが1行目にある場合、関数は #REF を返します。行1の上にセルがないためです。引数が有効でないセルまたはセル範囲を参照しているかどうかを確認するには、関数を調べます。このような状況を考慮して、Visual Basic Editor (VBE) でマクロを編集することが必要になる場合があります。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

よくある数式のエラーをエラー チェックで修正する

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×