スキップしてメイン コンテンツへ
エラー値 #NUM! を修正する方法

エラー値 #NUM! を修正する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このエラーは、数式または関数に無効な数値が含まれている場合に表示されます。

通常は、数式の引数セクションでサポートされていないデータ型または数値形式を使って数値を入力した場合に発生します。 たとえば、数式ではドル記号が絶対参照インジケーターとして使われ、カンマが引数セパレーターとして使われるため、$1,000 などの値は通貨形式で入力できません。 #NUM! エラーを防ぐには、1000 のように書式設定されていない数値として値を入力します。

次の場合にも #NUM! エラーが表示されることがあります。

  • IRRRATE などの反復計算を行う関数で解が見つからない。

    この問題を修正するには、数式の反復計算を行う回数を変更します。

    1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。 Excel 2007 を使用している場合は、 Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 _gt Excel のオプションを選択します。

    2. [数式] タブで、[計算方法の設定] の [反復計算を行う] ボックスをオンにします。

      反復計算の設定のスクリーン ショット
    3. [最大反復回数] ボックスに、再計算する回数を入力します。 反復計算の回数が多いほど、ワークシートの計算に必要な時間は長くなります。

    4. [変化の最大値] ボックスに、計算結果間で受け入れる変化量を入力します。 数値が小さいほど、計算結果は正確になりますが、ワークシートの計算に必要な時間は長くなります。

  • 数式で、Excel で表示できる範囲外の大きな値または小さな値が生成される。

    この問題を修正するには、結果が -1*10307 ~ 1*10307 になるように数式を変更します。

    ヒント: Excel でエラー チェックがオンになっている場合は、エラーを表示するセルの横の ボタンの画像 をクリックできます。 これが使用可能でない場合は、[計算の過程を表示] をクリックし、データに対して機能する解決方法を選びます。

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。 必要な場合は、 Excel のユーザーの音声にトピックを確認してください。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×