エラー値 #NULL! を修正する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このエラーは、数式で正しくない範囲演算子を使っている場合、または範囲参照の間に論理積演算子 (空白文字) を使って共通部分のない 2 つの範囲の論理積を指定している場合に表示されます。 論理積は、2 つ以上の範囲内のデータが交差する、ワークシート内のポイントです。

正しくない範囲演算子を使っていた場合は、次の文字を使ってください。

  • 数式で連続するセル範囲を参照する場合は、最初のセルと最後のセルをコロン (:) で区切ります。 たとえば、SUM(A1:A10) は、セル A1 ~ A10 を含む範囲を参照します。

  • 共通部分のない 2 つの領域を参照する場合は、論理和演算子としてカンマ (,) を使います。 たとえば、数式で 2 つの範囲を合計する場合は、2 つの範囲をカンマで区切ります (SUM(A1:A10,C1:C10))。

共通部分のない範囲間に空白文字を使っていたためにこのエラーが発生する場合は、範囲が交差するように参照を変更します。

たとえば、数式 =CELL(“address”,(A1:A5 C1:C3)) では、範囲 A1:A5 と C1:C3 に共通部分はなく、数式は #NULL! エラーを返します。 これを =CELL("address",(A1:A5 A3:C3)) に変更すると、CELL 関数は 2 つの範囲が交差するセル アドレス (セル A3) を返します。

ヒント:  Excel でエラー チェックがオンになっている場合は、エラーを表示するセルの横の ボタンの画像 をクリックできます。 [計算ステップの表示] をクリックします (使用可能な場合)。 次に、データに適した解像度を選びます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×