エディターはライティングアシスタントです。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

エディターでは、スペル、文法、および文体の問題について、赤、青、または金色の下線付きの問題がそれぞれマークされます。下線付きの単語を右クリックし、目的の候補を選択するか、エラーの詳細と修正方法を確認します。

文書のスタイル エラーの表示

エディターには、Office 365 サブスクライバーの強化された校正ツールが用意されています。バックグラウンドでは、インテリジェントサービスによってスペル、文法、および文体の問題が特定され、エディターウィンドウを使用して候補を理解して、文書を改善するための選択肢を作ることができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. [校閲] タブで、[ドキュメントのチェック] を選びます。

    [校閲] タブの [チェック実行] の表示
  2. [エディター] ウィンドウには、スペルチェック、文章校正、および文体の問題が分類されます。

    校正の問題に関する概要の表示
  3. 各カテゴリをクリックして問題に対処します。

    注: エディターウィンドウのキーボードショートカットについては、Alt キーを押す必要はありません。下線付きの文字を使用してコマンドを選択するだけです (たとえば、1 回 gnore、 gIgノア Allなど)。

  1. [エディター] ウィンドウで、[設定] をクリックします。

  2. Word でスペルチェックと文章校正を行う場合は、[設定] を選択します。

  3. スタイルを作成するには、[文章校正と絞り込み] を選びます。

  4. 下にスクロールして、使用可能なすべてのオプションを表示し、目的のルールを選択またはクリアします。設定は、現在のドキュメントだけでなく、編集したすべての文書にも適用されます。

エディターの要件と可用性には、次のようなものがあります。

  • Mac では、エディターは Office インサイダーのみで使用できます。

  • インターネット接続: 接続が機能していることを確認します。

  • インテリジェントサービスの切り替え: [ファイル]、[オプション]、[全般] の順に移動し、 Office インテリジェンスサービスを有効にします。

  • 利用可能な言語:

    • 文章校正は、アラビア語、中国語 (簡体字)、繁体字中国語、チェコ語、デニッシュ、オランダ語、英語、フィンランド、フランス、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポリッシュ、ポルトガル (ブラジル)、ポルトガル語 (欧州) でご利用いただけます。ロシア、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語。

    • 状況依存のスペル (たとえば、2つの間の英語の違いを検出するなど) は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ノルウェー語、ポルトガル (ブラジル)、スペイン語で使用できます。

    • ライティングアシスタント (ゴールド下線) は、英語とスペイン語で使用できます。

    • 読み上げは、右から左に記述するシステムを使用する言語をサポートしていません。読み上げられると、オペレーティングシステムの既定の音声言語でテキストが読み取られます。追加のテキスト読み上げ音声を追加する方法の詳細については、「 Windows 10 の音声合成言語をダウンロードする方法」を参照してください。

Office Insider のみが利用できる機能 この機能は現在 Office Insider のみが利用できます。

チェックするエディターを選択するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル]、[オプション]、[校正] の順に選びます。

  2. 頻繁に混乱する単語をオンにし、入力時に文法エラーをマークします。

    注: Editor はPowerPointの新機能であるため、すべての文法の間違いが網羅されているわけではありません。ただし、この機能は賢くなり、時間の経過と共に文法や文章のエラーをより詳しく説明します。

エディターの要件と可用性には、次のようなものがあります。

  • PowerPoint では、Windows と macOS の両方で、エディターは Office インサイダーのみで使用できます。

  • インターネット接続: 接続が機能していることを確認します。

  • インテリジェントサービスの切り替え: [ファイル]、[オプション]、[全般] の順に移動し、 Office インテリジェンスサービスを有効にします。

  • 利用可能な言語:

    • PowerPointでは、エディターは現在、ユーザーインターフェイスとテキストが米国英語の場合に最適に動作します。

  • オンラインのMicrosoft StoreからOfficeをインストールした場合、現在はエディターは使用できませんが、間もなく公開されています。

関連項目

office 2016およびoffice 2013 およびそれ以前のバージョンでの文章校正と文体のオプションの選択に関する情報

他の office アプリや以前のバージョンの office でスペルチェックと文章校正を行う

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×