エッジ サーバー

Office Communications Server 2007 R2 エッジ サーバーは、次の操作を通じて管理できます。

  • [エッジ サーバーの構成]。エッジ サーバーの構成ウィザードを起動します。

  • [検証]。検証ウィザードを起動します。

  • [非アクティブ化]。サーバーを非アクティブ化して、他の Office Communications Server 2007 R2 サーバーやユーザーが使用できないようにします。

  • [証明書]。証明書ウィザードを起動します。

  • [ログ ツール]。デバッグ セッションを呼び出します。

  • [フィルタ ツール]。ツールを起動して、インテリジェント インスタント メッセージング (IM) フィルタまたはクライアント バージョン フィルタを管理します。

  • [開始]。Office Communications Server エッジ サーバー サービスを開始します。

  • [停止]。エッジ サーバー サービスを停止します。

  • [最新の情報に更新]。サーバー ビューを更新します。

  • [プロパティ]。サーバーのプロパティ ページを開きます。

[エッジ サーバーの構成]

エッジ サーバーの構成ウィザードでは、以下の処理によってエッジ サーバーの詳細を構成します。

  • (オプション) ファイルからの構成設定のインポート

  • エッジ サーバーの内部インターフェイスおよび外部インターフェイスの構成

  • リモート ユーザー アクセスの有効化

  • 会議への匿名ユーザーの参加の有効化

  • フェデレーションまたはパブリック IM 接続の有効化

  • 次ホップ内部サーバーの構成

  • 承認された内部セッション開始プロトコル (SIP) ドメインの指定

  • 承認された内部サーバーの指定

[検証]

エッジ サーバー上で検証ウィザードを実行すると、ローカル サーバーが正しく構成されているかどうかを検証できます。検証ウィザードには、サーバー接続と SIP ログオンを検証するオプションも用意されています。ただし、これらのオプションはエッジ サーバーではサポートされていません。

[非アクティブ化]

Office Communications Server 環境からエッジ サーバーを削除する場合、まずそのサーバーを非アクティブ化する必要があります。非アクティブ化プロセスでは、サービスをアクティブ化したときにサービスに関連付けられたサービス アカウントのすべての関連付けが解除されます。

[証明書]

証明書ウィザードを実行すると、トランスポート層セキュリティ (TLS) 認証接続および相互 TLS (MTLS) 認証接続に使用する新しい証明書をエッジ サーバーに割り当てることができます。

[アクティブ化]

エッジ サーバーをインストールしたら、サービスを開始する前にサーバーをアクティブ化する必要があります。アクティブ化プロセスでは、サービス アカウントをエッジ サーバーに関連付ける処理と、Active Directory 内にそのサーバー用のエントリを作成する処理が行われ、他のサーバーやユーザーがそのサーバーを使用できるようになります。

[開始]

エッジ サーバーを自動で開始するように構成していない場合や、エッジ サーバーが停止した場合には、手動でエッジ サーバーを開始できます。

[停止]

サーバーにトラブルが発生した場合や、サービスの再開を必要とするような構成変更を加えた場合、エッジ サーバーを停止してから開始し直すことができます。

[最新の情報に更新]

サービスを開始または停止した直後にその操作が正常に行われたことを確認する場合は、サーバーの表示を更新することにより、現在の状態を確認できます。

[プロパティ]

エッジ サーバーの構成設定を確認または変更する場合は、サーバーのプロパティ ページを使用します。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

エッジ サーバーの管理の詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×